FC2ブログ

中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

バッハ:無伴奏チェロ組曲 2



ケーテン時代の作品

 バッハの 「6つの無伴奏チェロ組曲」 がいつ作曲されたかは、あまりはっきりしないそうですが、1720年、バッハ35歳の時には、すでに完成されていたのは確かなようです。 

 この年にバッハは 「3つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、およびパルティータ」 とこの「6つの無伴奏チェロ組曲」 を清書しています。

 このうちヴァイオリンのほうはバッハの実筆譜が残され、チェロのほうは妻のアンナ・マグダレーナの写譜が残されています。



Bachs1a.gif
アンナ・マグダレーナの写譜(無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード)  バッハの直筆にたいへんよく似ていると言われている



 バッハは1717年~1723年ケーテン(中部ドイツ)のレオポルド候のもとで楽長をしていいました。

 正味5年という決して長い期間ではありませんでしたが、この時期にレオポルド候の庇護もあって、特に器楽曲において数々の傑作を生みだしています。

 この無伴奏のヴァイオリンとチェロのための曲他、平均律クラヴィア曲集第1巻をはじめとする数々の鍵盤曲や協奏曲など、私たちが親しんでいる多くのバッハの器楽曲がこの時期に作曲されています。



2008-03_Köthen_04
バッハが5年間のど過したケーテン城  この時代に多くの重要な器楽曲が生まれた。




ソナタ  パルティータ  スイーテ

 この無伴奏チェロ組曲は無伴奏のヴァイオリン曲とセットで作曲されたと考えられますが、曲の出来には若干の違いがあります。

 チェロの方はすべて ”Suite” 、つまり組曲で、 ヴァイオリンのほうはソナタとパルティータが交互に3曲ずつ作曲されています。 
 3曲のヴァイオリン・ソナタは、バロック時代の用語では ”教会ソナタ” という形で作曲されています。

 教会ソナタというのは、主に緩、急、緩、急 の4つの楽章からなり、舞曲ではなく「アンダンテ」や「アレグロ」などの曲で構成されます。



パルテータもスイーテも ”組曲” と訳されるが

 パルティータは日本語で「組曲」とも訳されたりしますが、元々は変奏曲の意味もあり、バッハの作品には実際に、変奏曲的なパルティータもあります。

 しかし次第に変奏曲的な意味あいは薄れ、”何となく” 似たような感じの曲の組み合わせとなり、さらに自由な形の組み合わせの組曲的なものになってゆきます。

 シャコンヌが含まれる「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調」などは、この”何となく似た感じの” ものといえるでしょう(どの曲も最初の低音の動きが同じ)。

 また自由な組み合わせということで、バッハの場合ソナタ(教会ソナタ)に含まれるフーガと、通常組曲(あるいは室内ソナタ)に含まれるサラバンドやジグといった舞曲の両方を含むパルティータもあります (リュートのためのパルティータハ短調BWV997など)。


 それに対してバッハの ”Suite” は、プレリュードを除いてすべて舞曲で構成され、さらに 「アルマンド」 「クーラント」 「サラバンド」 「ジグ」 の4曲を必ず含むものとなっています。

 「6つの無伴奏チェロ組曲」 のそれぞれの構成は次のようになっています。


<第1番ト長調>

1.プレリュード
2.アルマンド
3.クーラント
4.サラバンド
5.メヌエットⅠ、Ⅱ
6.ジグ


<第2番ニ短調>

1.プレリュード
2.アルマンド
3.クーラント
4.サラバンド
5.メヌエットⅠ、Ⅱ
6.ジグ


<第3番トハ長調>

1.プレリュード
2.アルマンド
3.クーラント
4.サラバンド
5.ブレーⅠ、Ⅱ
6.ジグ

<第4番変ホ長調>

1.プレリュード
2.アルマンド
3.クーラント
4.サラバンド
5.ブレーⅠ、Ⅱ
6.ジグ

<第5番ハ短調>

1.プレリュード
2.アルマンド
3.クーラント
4.サラバンド
5.ガヴォットⅠ、Ⅱ
6.ジグ


<第6番ニ長調>

1.プレリュード
2.アルマンド
3.クーラント
4.サラバンド
5.ガヴォットⅠ、Ⅱ
6.ジグ




5曲目が違うだけ

 5曲目が違いうだけで、6つの組曲はほぼ同じ構成になっています。 すべてプレリュードで始まり、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジグ+1曲 となっています。

 その ”+1曲” は 1番、2番が「メヌエット」、 3番、4番がブレー、 5番、6番がガヴォットと、2曲ずつセットになっています。



イギリス組曲、フランス組曲も基本は変わらない

 バッハの他の組曲といえば、鍵盤のための 「フランス組曲」 や 「イギリス組曲」 がありますが、 「フランス組曲」はプレリュードがない代わりに、基本の4曲以外に挿入される舞曲が1曲と限らず、第6番などは、ガヴォット、ポロネーズ、メヌエット、ブレーとたいへん豪華になっています。

 「イギリス組曲」 はすべてにプレリュードが付き、挿入される舞曲も1曲で、チェロ組曲と近いものになっています。

 類似したバッハの作品で 「6つのパルティータ」 というのもありますが、こちらは ”Suite” ではなく「パルティータ」 なので、組み合わせはもっと自由なものになっています。

 バッハは ”Suite" として作曲する場合は、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジグの4曲を必ず含むものと、厳密に決めていたようです。




有名な管弦楽組曲は?

 バッハには4つの「管弦楽組曲」と言うものがあります。 英訳では 「Orchestral Suite」となります。

 この中で、有名な第2番の曲目構成を書くと次のようになります。


1.序曲
2.ロンド
3.サラバンド
4.ブレー
5.ポロネーズ
6.メヌエット
7.バディネリ




予選通過が決まった後のサッカーの試合?

 Suiteなのに、必ず含まれるべき4曲のうちサランバンドしか入っていないじゃないか、ということになりますね。

 それに 「バディネリ」 や、 「ロンド」 などバッハの曲としてはあまり聴かない曲も多いし。

 レギュラー陣は今日はお休みかな? 予選トーナメント通過が決まった後のサッカーの試合みたいに。




管弦楽組曲は Suite ではない

 バッハでも例外はあるのかといったところですが、ご安心下さい、バッハ自身ではこの管弦楽組曲を ”Suite" とは呼んでおらず、”Overture” と表記しています。



IMG_201902201445065ea.jpg
カール・リヒターの管弦楽組曲のCD。  このCDには英語で ”Orchestral Suites” と書かれているが、バッハ自身では ”Suite" とは書いていない。



 バッハは言葉についてもたいへん厳格なんですね。

 ですから ”管弦楽組曲” というのならまだしも、 ” Orchestral Suite!” と呼んではいけないということですね。


 

スポンサーサイト
バッハ:無伴奏チェロ組曲 1





「アリア」 や 「ブランデンブルク」 を知る前に

 今回から始まるこのテーマですが、まずは作品についての話から始めましょう。

 個人的な話から始めますが、私がこのバッハの無伴奏チェロ組曲を知ったのは大学以年生の時、ギター合奏で第6番の「ガヴォット」をやった時だったと思います。

 それまでバッハなどというと、中学校の音楽室にあった肖像画くらいしか知りませんでした。

 バッハの有名な曲というと、他にもたくさんあるので、何もシブイ無伴奏チェロ組曲から入らなくてもよいのに、いきさつ上、こんな曲から入ることになりました。

 また、何もわからないうちに 「シャコンヌ」 なども聴いた話も以前書きました。

 バッハの曲として一般に知られている 「ブランデンブルク協奏曲」 や 「アリア」 、 「主よ人の望みの喜びよ」 などを知るのはその後ということになります。





Bach_20190216001704069.jpg
高校生の頃までは、バッハは音楽室の肖像画でしか知らなかった





なんでわざわざ無伴奏って書くの?

 ところで、最初のうちは、この「無伴奏チェロ組曲」の、 「無伴奏」 と書かれている意味がよくわかりませんでした。

 チェロ1台で演奏しているのだから、別にただの「チェロ組曲」でいいんじゃないか、ギターの場合、伴奏なんかなくても 「無伴奏ギター曲」 なんて聞いたことがないし・・・・・ とちょっと疑問でした。




クラリネット5重奏曲って、クラリネット5本じゃないの?

 さらに、「ヴァイオリン・ソナタ」 というのに、なんでピアノが入るのかとか、

 また なんで 「クラリネット5重奏曲」 は5本のクラリネットじゃなくて、1本のクラリネットとヴァイオリンやチェロなどなのか、

 「交響曲第5番嬰ハ短調」 なんて、なんでいちいち調の名前をいうの?  その前に ”嬰” って何?

 クラシックの曲名は、ホントにわかりにくいですね。




カッコつけてるだけじゃないと思うけど

 しかし、よくわからなくても、「無伴奏」 なんて肩書が付くと、なんか凄そうで、いかにもクラシック音楽っていうか、名曲だなって感じがしますね、ナンカ格調高くて。

 でもカッコつけるためだけの理由で付けている訳じゃなさそうだし・・・・・・




ギターしかやっていないから?

 でも、こうした疑問は私がそれまでギターしかやっていなかったからですね。

 ヴァイオリン、チェロ、フルートなどの旋律楽器をやっている人だったら、「ナントカ・ソナタ」には必ずピアノが付くということに、何の疑問も持たないでしょう。 

 ギターは通常一人で弾きますが、ヴァイオリンやフルート、そしてチェロなどの場合は、基本的に単旋律楽器ですから、当然伴奏が付く訳です。

 音楽はメロディだけでは成り立たない、なんて音楽の授業でやりましたね。
 
 「ヴァイオリン・ソナタ」 も、正式な名称としては 「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」 となるわけですが、 ピアノは当然付くものなので、いちいち 「ヴァイオリンとピアノ」とはいわないわけです。




バッハの時代はピアノではなく通奏低音


 バッハの時代では伴奏はピアノではなく、チェンバロ、あるいは通奏低音ということになります。 

 従って、バッハの時代に 「チェロ・ソナタ」 あるいは 「チェロ組曲」 というと通常、チェロとチェンバロ、場合によっては 「通奏低音」 ということでさらにチェロが1本、つまり2本のチェロとチェンバロということもあります。

 そういったことで全く伴奏なしでチェロを演奏することはたいへん特殊な場合ということになります。

 もちろんヴァイオリンやフルートの場合も同じです。


 

当然のことを書いてしまったが

 当たり前のことを書いてしまいましたが、要するにバッハはたいへん ”特殊な” 曲を書いたということです。 

 「シャンコヌ」 の記事でも書きましたが、バッハの同時代に、このようなヴヴァイオリンやチェロのための無伴奏作品を書いた人がいるかどうかということですが、皆無ではありませんが、少ないのは確かです。

 ヴァイオリンの作品ならテレマンにも無伴奏の作品が残されていて、現在CDでも聴くことが出来ますが、チェロとなるとどうでしょうか、私自身では聴いたことがありません。




伴奏者のギャラを節約するため?

 では、どうしてそんな特殊な曲をバッハが書いたかということですが、それはたいへん難しいところですね、やはりバッハ本人に聞いてみるしか・・・・・・・・

 ともかくバッハはそういう人だったとか言うしかないでしょうね。

 あるいは自分以外の誰もやらない、あるいは出来ないことだから、などという理由はちょっとあるかも知れません。

 え、 伴奏者のギャラを節約するために無伴奏で書いた?  まさか!   確かにバッハは結構ケチだったというけど・・・・・・・・




”伴奏付き” も存在する

 話がそれてしまいましたが、バッハにはこの無伴奏チェロ組曲の他に、”伴奏付き” のチェロ曲も書いています。

 といっても正確にはチェロに若干近い 「ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のための3つのソナタ」 ですが、チェロでも演奏されます。

 こちらは伴奏が付く分、メロディは歌いやすく、無伴奏の方に比べ、美しく、たいへん聴きやすい曲となっています。



IMG_201902160039214d7.jpg
シュタルケルの「3つのヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ」。 たいへん美しく聴きやすい曲だが、残念ながら無伴奏チェロ組曲の圧倒的な存在感の前に影が薄くなっている。




 にもかかわらず、今現在人気度としては無伴奏曲のほうがずっと高いのは確かです。 

 というより、無伴奏チェロ組曲はよく聴くけど、この伴奏付きの 「3つのヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ」 なんて知らない、という人も決して少なくないのではと思います。

 かならずしも耳になじみやすい音楽のほうが親しまれるわけではないようですね、それだけこの 「6つの無伴奏チェロ組曲」 のインパクトは強いと言えるのでしょう。


 
 
バッハ:無伴奏チェロ組曲(序)



CIMG1815.jpg




最近無伴奏チェロ組曲第1番との縁が深くなって

 1月のコンサートで、バッハの「チェロ組曲第1番」を演奏しました。

 さらに昨年から今年にかけて、この無伴奏チェロ組曲第1番のレッスンを3人の方に行っています(こんなこと滅多にはないが)。

 そうしたことから、最近、特に昨年末か今年にかけてCDをいくつか購入しました。

 よく考えてみると、この10年、あるいはもっと長い間、このバッハの無伴奏チェロ組曲のCDを買っていませんでした。

 鍵盤曲の方は平均律曲集の記事に関して結構購入しましたし、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、パルティータもシャコンヌの記事などに絡んで、かなり入手しました。




今世紀の録音は聴いていない

 一方、チェロ組曲のほうはその両者に後れを取るように、あまり新しい録音などは購入せず、所有しているCDも、1980年代くらいの録音のもので止まっています。

 つまり21世紀に録音された無伴奏チェロ組曲はほとんど聴いていないことになります。

 といったわけで、チェロ組曲をコンサート弾いたり、レッスンするのであれば、やはり最新、少なくとも2000年以降の録音を聴かないといけないかな、と思った訳です。


CIMG1818.jpg




最近のチェリストはよくわからないが


 しかし今現在どんなチェリストが録音しているのか、どんな演奏が人気があって、評価が高いのかなど、全くわからないので、とりあえずネットのリストに載っているものを、ほぼ適当に、手当たり次第に取り寄せてみました。

 でも鍵盤やヴァイオリンでも、最近では、若く優れたプレーヤーはたくさんいましたが、やはり思ったとおり、チェロの方でも、名前こそ知らなかったが、優れた演奏家がたくさん出現していました。

 中には過去の大巨匠の録音よりも共感が持てるんじゃないかな、と思えるものもありました。




20世紀の名盤や作品についても

  もちろん私が最近CDを購入して聴いたチェリストは、今現在の優れたチェリストのごく一部で、まさに”氷山の一角”ではあるでしょう。

 また、この記事は基本的にCDの紹介ですが、その前に平均律の時のように、若干作品について触れておかないといけないでしょう。

 また21世紀の録音を紹介することが主な目的ですが、やはりこれまで多くの人に親しまれてきた20世紀の名盤につても紹介しておきます。

 さらに、若干ではありますが、ギターやリュートでの録音のCDについても紹介してゆきます。




ヨーヨーマ、マイスキー以降のチェリストの名前が出てこない諸氏に・・・・・

 それでは、バッハの無伴奏チェロ組曲といえば、相変わらずカザルスとフルニエでどっちがいいか、と悩んでいて、ヨーヨーマとマイスキー以降のチェリストの名前が一つも出てこない、中高年のバッハ愛好者の方々!   ・・・・・・・私もちょっと前までそうだったが。

 今回の記事はそういった諸氏に捧げます。




 
大萩康司マスター・クラス

   2月3日(日)  ギター文化館




ギター文化館で行われた大萩康司さんのマスター・クラスを聴講しました。 受講者と受講曲は次の通りです。


清水和夫   ショーロ 「鐘の音」 (ペルナン・ブーコ) 

永松知雄   前奏曲第1番、 ショールス第1番 (ヴィラ=ロボス)

杉澤百樹   ロマンス(パガニーニ)、 練習曲Op.35-3 ラルゲット (ソル) 

森田 晴    ファンダンゴ、サパテアート (3つのスペイン風小品より ~ロドリーゴ)

鈴木幸男   練習曲第8番、 前奏曲第5番(ヴィラ=ロボス)




中田英寿ぽい?

 この前に大萩さんの演奏を聴いたのは、おそらく7,8年くらい前だったと思います。 あれから髭を伸ばし、ヘアー・スタイルも変え、外見上はだいぶ変わりました。

 以前は爽やか好青年の文字通り、”イケメン・ギタリスト” と言った感じだったのですが、最近ではより男性的で、ワイルドな感じになりました。なんとなく中田英寿を彷彿させる風貌となっています。

 おそらく女性ファンの間でも 「より魅力的になった」 という人と、「前の方が良かった」 という人と意見の分かれるところでしょう。

 確かに外見は変わりましたが、声の方はもちろん以前と同じで、相変わらずたいへんマイルドな音声と口調です。




IMG_20190203234958247.jpg
12年ほど前の大萩さんのCDの写真。 今は外見上ほぼ別人で、どちらかといえば中田英寿さんぽい。



響き、表情の変化についての話

 さて、そのマスター・クラスの内容としては、基礎的な演奏技術のより、表現上の話が多いようでした。 特に表情の変化、響きの変化ということについての話が主でした。

 レッスンしながら、断片的に弾く大萩さんのギターは、もともとたいへん美しい響きを持っていましたが、さらによりいっそう多彩さも加わったようです。 

 大萩さんのデビュー当時は、フランス的でたいへん上品で美しい響きが特徴でした。 その後ブローウェルなど中南米の音楽に取り組み、エッジの利いた切れのよい演奏が特徴となっていたのですが、この日の印象では、さらに力強さ、大胆さも加わったようです。



原色的な色彩感

 どうやら、ワイルドになったのは外見だけではなさそうですね、特にロドリーゴのレッスンではそれが感じられました。

 隣り合わせの国でもフランスとスペインでは大違いで、上品でどちらかといえば淡い色感を多用するフランス音楽とはことなり、ロドリーゴなどのスペイン音楽では鮮やかな原色どうしをぶつける色感です。

 ロドリーゴのレッスン中に断片的に聴こえてくる大萩さんのギターからは、そのような鮮やかなコントラストの聴いた響きが聴かれました。



男性もエステの時代

 レッスンの最後に館長に促されて弾いたヴィラ・ロボスの「前奏曲第1番」では、低音弦をグリサンドする際の ”例の” 弦を擦る ”キー” といった音がほとんど出ません。

 指を斜めにして動かすのだそうですが、私などには低音弦のグリサンドにはこの ”キーキー音” が付き物といった印象があるので、全くノイズのないグリサンドは、なにか ”ツルッ” としていて、逆に違和感さえあります。

 最近の若いギタリストは、皆こういったノイズを一切出さないのですが、最近の若い人は男性でもエステに行ってムダ毛を処理するそうですね。 今時 ”スネ毛ボーボー” は流行らないのでしょう。
 


さりげなく

 ヴィラ=ロボスの「前奏曲第5番」のレッスン中に、 「このあたりが社交界へのあこがれをイメージしているのかも知れません」 とこの曲が「社交界への賛辞」と副題がついていることにさりげなく触れました。 確かにこの曲はスロー・ワルツになっています。

 受講者の鈴木さんもそのことを瞬時に理解したようです。 大萩さんが常々作品についてよく研究されていることの表れでしょう。
カルミナ・ブラーナ



パーしか出せない

 アコラでの新春コンサートから1週間となります。 比較的短期間で準備した割には本格的なプログラムになってしまった、なんていうことは以前書きましたね。 

 急にハードな練習をしたせいで、左指、特に中指の関節が痛みだしてしまい、コンサートが近づくにつれてどんどん痛みが増してきました。 朝起きた時など左手でグーを作ると結構痛みました。 

 チョキも結構たいへんなので、つまり朝ジャンケンをやるとパーしか出せないといことですね。 幸にもこの期間にジャンケンをやる機会はありませんでした。

  ・・・・・・・普通、左手でジャンケンしないですけどね。

 練習を始めても最初のうちはちゃんと弦を押さえずに、左手はフレットに触るだけで練習していました。 イメージ・トレーニングみたいなものですね。

 でも練習してゆくうちにだんだん痛みを感じなくなって、いつのまにか全開で弾いています。

 なぜか時計が12時を回った頃、絶好調になります。

 しかし次の日の朝、また指が痛くて握れない、なんていうのがこの2か月ほど続いていました。



気を付けよう、不審メールと練習のし過ぎ

 おそらく関節が炎症起こし、後遺症は少なくとも1か月、もしかしたら半年とか、それくらい残るかなと、覚悟はしました。 

 でも、 この1週間の間に痛みはだんだんなくなってきて、今日あたりはほとんど感じなくなりました。

 結果的には、あまり心配するほどではなかったようです。 

 意外と丈夫なんですね、私の指って。 

 練習し過ぎて指を壊した人の話はよく聴くので、時々心配になるのですが、今までのところ指が誤作動を起こしたことはありません。 

 ・・・・・・でもやはり気を付けよう、不審メールと練習し過ぎ!



ぬかみそは時々かき回さないといけない

 さて、この2か月ほどコンサートのための練習だけに集中してきたので、他の仕事が滞ってしまいました。

 レッスンで使用するテキストは基本的にすべて自分で作っているのですが、使っているうちにどうしてもいろいろ問題が出てくるので、常にその手入れをしなければなりません。

 このところCD製作とか、コンサートとかで、教材の手入れを怠っていたので、いろいろと問題点も大きくなってきました。

 ぬかみそじゃないですが、テキストは時々かき回していないといけないんですね。



今度はマウスで右指が痛い?

 そして、まず何と言っても水戸ギター・アンサンブルの練習をそろそろ始めないといけないので、その譜面作りなどをしなければなりません。

 と言った訳で、この数日ずっと合奏の楽譜作りをしていたのですが、今度はマウスを叩き過ぎて右人差し指が痛い?   いい加減にしなさい!   痛い、痛いと騒ぐやつほど、たいしたことはない!



今年はオルフのカンタータ 「カルミナ・ブラーナ」

 今年の水戸ギター・アンサンブルは、オルフの 「カルミナ・ブラーナ」  をやります。 この曲は中世ドイツの歌を基に、20世紀のドイツの作曲家、カール・オルフがカンタータにしたもので、全24曲、約1時間の曲です。

 ギター合奏と「カルミナ・ブラーナ」とはもともと縁もゆかりもないものですが、これが意外とよく合います。 20年くらい前にも演奏したのですが、結構評判はよかったです。

 このカルミナ・ブラーナから6曲ほどギター合奏でやるわけですが、なかなか面白い曲なので、後日詳しく紹介しましょう。



破れかぶれのパワー・プレー

 水戸ギター・アンサンブルでは、ずっとアンサンブルを支えてきてくれた女性2人(中川、丹さん)が退団し、なかなかこれまで通りには行かない点も出てくると思います。

 その代わりといっては何ですが、今年新たに加わったり、また休んでいた人が復帰したりなどで、人数は若干増えるこのになりました。 ただし、すべて男性・・・・・・

 今年のアンサンブルの顔ぶれを考えると、繊細な音楽よりは、力わざのほうが向きそうなので、そう言った点でも 「カルミナ・ブラーナ」 は向いているかなと思います。 

 ・・・・・・破れかぶれのパワー・プレー?  とりあえずテキトーでいいからボール入れておけ?




ひたちなかGMフェスティヴァル

 10月19日に予定している 「ひたちなかGMフェスティヴァル」 もまだ出演申し込み受付中です。 

 ギター、およびマンドリン合奏をやっている団体の方は、ぜひご参加下さい。