FC2ブログ

中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

美術の沖山先生 10



20150429_573355_20181204230650d1c.jpg
ナカムラ君が通った高校の講堂。 明治時代の建物で、文化財となっている。




理数系が得意だと思っていた

 ナカムラ君は大学進学を考え、進学校を受験しました。 彼は小さい頃から理数系が得意だったので、大学の理数系の学部、できれば物理関係の学科に進学したいと思っていました。

 もっとも彼が“理数系が得意”というのも大きな誤解で、そのことを彼が理解するようになるまで、さらに数年間ほど必要となります。



絵を描くのが大の苦手の少年が美大進学?

 彼は中学生の時に版画展で金賞を受賞したことにより、自分には美術の才能がると思い込み、高校進学の時点では、その理数系に加え、美大進学も選択肢の一つとして真面目に考えていました。

 絵を描くなんて最も苦手なことと思っていた小学生の頃の彼からすれば、全く想像も出来ないことでしょう。 人間、変われば変わるものです。

 そして高校の授業が始まると、彼は当然のごとく芸術科目として美術の授業を選択しました。

 しかし、彼のその後の人生を考えれば、本当は音楽を選択すべきだったのは確かです。 

 もっとも、彼にとって音楽もまた苦手な科目の一つで、確かにその時点では音楽の選択はなかったかも知れません。

 でもその彼がいつの間にかギター教室の先生?  ・・・・・・・その辺の話は、今回は置いておきましょう。
 



高校の美術の授業が始まると

 高校の美術の授業が始まり、彼が自信満々に提出したデッサンは、なんと、先生から 「このように描いてはいけない」 とNGを出され、悪い例として皆に紹介されてしまいました。

 さらに、色彩のあるものはもっとひどく、よく考えてみると確かに彼は沖山先生にはデッサンと版画しか指導を受けていませんでした。




気付くのに2か月とはかからなかった

 彼のクラス・メイトの中には、本当に美大を目指している人もいて、そういう人は彼とは全く実力が違い、比べ物になりませんでした。

 彼らは才能だけではなく、早い時期から本格的に美術に取り組んでいて、基礎も出来上がっていました。

 彼が自分には美大進学など全くあり得ないという、ごく当然のことに気付くのに、2カ月とはかかりませんでした。




多少は勉強するようになったが

 小、中学時代には家でほとんど勉強しなかった彼ですが、さすがに高校に入るとそれなりに勉強するようになりました。

 最初の英語の試験の結果が悪く、先生から 「お前、基本が全然出来ていない! もう一度中学からやり直せ!」 と言われたのが結構効いているのでしょう。




自他ともに認める運動オンチが、何とサッカー部に!

 そしてスポーツ関係は音楽や美術以上に小さい頃から大の苦手で、自他ともに認める「運動オンチ」だったのですが、高校に入学してから一念発起して、なんと、サッカー部に入りました。

 もちろん、それまでほとんど体を動かしたことがなかったので、家に帰ると体中が痛くなり、最初は本当にたいへんでした。

 でもここでやめたら一生スポーツは出来ないといった悲愴な気持ちでがんばり、3か月くらい頑張ったら、ある程度辛くなくなってきました。

 そして次第にハードな練習もチョットした快感というか、結構楽しいものだと思うようになりました。

 因みに、大学で彼がもっとも得意だった科目といえば、ダントツで体育!




IMG_20181204233638a41.jpg
毎日グラウンド (ピッチではなく小石混じりの土のグラウンド!) を走り回っていた頃のナカムラ君。 後年の姿からは想像できない感じだが。




美術のことなど考えている暇はなくなった


 彼の高校生活は授業が終わるとすぐサッカーの練習になり、家に帰るのは7時過ぎ。 簡単に食事を済ませるとテレビなどは見ずにちょっとギターを弾く(この頃でもほぼ毎日ギターは弾いていた)。

 それから3~4時間くらい勉強して12時頃就寝という、たいへん健康的な日々を送っていました。

 そして、彼はもう美術のことなど考えている暇はなくなりました。




君、なんで版画だけ上手いの?

 ただ、冬休みの宿題として、彼が版画を提出した時、美術の先生は 「君、なんで版画だけ上手いの?」 と、とても不思議そうにまじまじと彼の版画を見つめていて 「ウーン」 となかなかそれから手を離そうとしませんでした。

 ナカムラ君はその質問には特に答えませんでしたが、ただ、版画についてだけは沖山先生の教えを身に付けることが出来たのかなと、ちょっとホットしました。

 そして特に才能のない自分が中学生の時に金賞をとれたのは、やはり沖山先生の力だったのかなと、沖山先生の指導力の凄さというものをおぼろげながらに感じるようになりました。




沖山先生の教えを柿の木や庭の石に置き換えた

 その版画の題材は彼の家の庭の柿の木と大きな石、そして背景となる畑や遠くの家でした。

 方法的には中学生の時受賞作品 「教室の風景」 と同じで、沖山先生に指導された人物の描き方を、柿の木などに置き換えたものです。

 柿の木は、独特の”こぶ”の感じや、その質感なども表現し、柿木としての肌触りが感じられるようになっていました。

 つるつるした石と土や草との違い、また背景との距離感なども表現していました。 まさに沖山流といったところでしょう。



父が亡くなるまで床の間に飾っていた

 この柿木や庭石は、彼の父が日頃から大事にしていたもので、その後彼の父はその版画を立派な額縁に入れ、亡くなるまでずっと床の間に飾っていました。

スポンサーサイト
第1回IGCアンサンブル演奏会


 11月29日(木)  石岡市ギター文化館




本当にありがとうございます

 昨日茨城大学クラシック・ギター部1969年入学の同期によるアンサンブルの演奏会、<ICGアンサンブル演奏会>を行いました。


CIMG1769.jpg


 会場には約70名の方々に来ていた来ました。 ご来場下さった方々、本当にありがとうございます。


CIMG1803.jpg


 同期や、先輩にあたるギター部のOBの方々も多数来ていただきまして、数十年ぶりにお会いする人もいました。 


CIMG1773.jpg


 「マイアミ・ビーチ・ルンバ」 では、メンバーのご主人の圷文雄さんはじめ、OBの方などにパーカッションで参加していただきました。


CIMG1814.jpg



 アンコール曲として茨城大学の校歌を演奏しましたが、一緒に歌っていただいたか他も多数いました。 なんと、歌詞を覚えているんですね!   私などほとんど覚えていない。



 また来年も行いたいと思います。今回来ていただいた方々、ぜひ懲りずに次回も来ていただければ。
レッスンのためのクラシック・ギター曲集Ⅰ~Ⅳ

              ~新録音





CIMG1725.jpg





4枚のレッスンのためのCD
  レッスンのためのCD出来ました。 これらは私の教室で用いているクラシック・ギターの初級から上級にかけての約100曲を4枚のCDにしたものです。

 同様のものはこれまでも3枚のCDとして録音していましたが、ことしの8月~10月にかけて録音し直したものです。

 かつてのものはMDプレーヤーなどで録音したもので、編集などしていませんでしたので、レッスンの才にも 「ここはこんな風に弾いてくださいね、でもCDのほうはそうはなっていませんけどね」 と若干苦しい言い訳していました。

 また音質もあまりよいとは言えませんでしたが、今回のものはこれまでのものにくらべて、いろいろな点でよくなりました。

 レッスンの際にも 「ここはCDのように弾いてくださいね」 と自信(?)をもって言えるものになっていると思います。

 でも、その分、録音、および編集にはだいぶ苦労しました。




本来、簡単に弾けるはずだが

 中級程度の曲が主なので、プロのギタリストとすれば簡単に弾けるはずで、本来編集作業などと言ったものも不要なはずなのですが、なかなか自分がレッスン中に行っているようには弾けません。

 一見簡単な曲でも、何度もやり直したり(また編集でゴマカシたり?)しました。

 簡単な曲ほどかえって妥協できないところもあるでしょう。

 でもこの一連の作業を通して、自分自身で出来ていない部分なども良くわかり、今後のレッスンにとってたいへん良い事だったと思います。

 もちろん目的は生徒さんのギターの上達のためですが、私自身の勉強にもなりました。

 販売価格は1枚 1500+税 で、曲目などは以下の通りです。 

 オリジナルのギター曲他、一般のlクラシック名曲や、ほんの一部私の曲も入っています。




レッスンのためのクラシックギター曲集 Ⅰ
       初、中級編


IMG_20181126115205b1f.jpg



1 夜想曲(ヘンツェ)
2 マリア・ルイサ(サグレラス)
3 タランテラ(サルコリー)
4 禁じられた遊び(ルビラ)
5 ラルゴ~四季より(ヴィヴァルディ)
6 ジュピター(ホルスト)
7 練習曲ホ短調(タレガ)
8 アダージョ(サグレラス)
9 小さなロマンス(ワルカー)
10 雨だれ(リンゼー)
11 バラード(フェレール)
12 白鳥の歩み(マルサグリア)
13 ノクターン作品9-2(ショパン)
14 タランテラ(メルツ)
15 落ち葉の精(武井守成)
16 トロイメライ(シューマン)
17 練習曲ニ長調(中村俊三)
18 緑の木陰にて(ビッグフォード)
19 練習曲ホ長調作品31-7(ソル)
20 舟歌(コスト)
21 軒訪るる秋雨(武井守成)
22 ワルツホ短調(中村俊三)
23 月光~練習曲ロ短調作品31-22(ソル)
24 ラグリマ(タレガ)




ギター・レッスンのためのクラシック・ギター曲集 Ⅱ
          中級編


IMG_0001_20181126120656983.jpg


1 ワルツ・アンダンティーノ(カーノ)
2 ソナチネ(パガニーニ)
3 セレナーデ(シューベルト)
4 練習曲ト長調作品31-5(ソル)
5 ギャロップ(ソル)
6 練習曲ニ短調(コスト)
7 ワルツイ長調(コスト)
8 イタリア舞曲~デル・フップ・アウフ(ノイジトラー)
9 イタリアーナ(作者不詳~ルネサンス期の作品)
10 ジグ(作者不詳~ルネサンス期の作品)
11 メヌエットイ長調(バッハ)
12 メヌエットイ短調(バッハ)
13 ラリアーネ祭(モッツァーニ)
14 悲しみの礼拝堂(ゴメス)
15 ノクターン(フェレール)
16 タンゴ第2番(フェレール)
17 タンゴ第3番(フェレール)
18 ソナタニ長調(カルリ)
19 アレグロ・ヴィヴァーチェ(ジュリアーニ)
20 皇帝讃歌(ハイドン~メルツ編)
21 ワルツホ長調作品32-2(ソル)
22 練習曲ハ長調作品35-13(ソル)
23 ワルツホ短調作品18-1(ソル)
24 アデリータ~マズルカ(タレガ)
25 スェーニョ~マズルカ(タレガ)






ギター・レッスンのためのクラシック・ギター曲集 Ⅲ
        中級編


IMG_0002_201811261209502b4.jpg




1 グリーン・スリーブス(カッティング編)
2「牛を見張れ」によるディファレンシャス(ナルバエス)
3 アルマン(ジョンソン)
4 エスパニョレッタ(サンス)
5 パヴァーナ(サンス)
6 フーガ(サンス)
7 ガヴォット(ロンカリ)
8 ジグ(ロンカリ)
9 ラルゲット(カルリ)
10 練習曲ニ長調作品35-17(ソル)
11 ロンドニ長調作品48-6(ソル)
12 メヌエットハ長調作品22より(ソル)
13 練習曲ホ短調作品60-22(ソル)
14 アンダンティーノホ長調作品32-1(ソル)
15 メヌエットハ長調作品25より(ソル)
16 ラ・メランコリア(ジュリアーニ)
17 一輪の花(ブロカ)
18 スペインの微風(フェレール)
19 水神の踊り(フェレール)
20 ワルツニ長調(タレガ)
21 ショーロ「鐘の響き」(ペルナンブコ)
22 ネグリート(ラウロ)
23 ガティーカ(ラウロ)





ギターレッスンのためのクラシック・ギター曲集 Ⅳ
      中、上級編



IMG_0003_20181126121233107.jpg



 ルネサンス時代の6つの小品(作者不詳)
1 アリア
2 白い花
3 舞曲
4 ガリャルダ
5 カンション
6 サルタレッロ

7 メランコリー・ガリアルド(ダウランド)

 組曲ニ短調(ド・ヴィゼー)
8 プレリュード
9 アルマンド
10 クーラント
11 サラバンド
12 ガヴォット
13 メヌエットⅠ、Ⅱ
14 ブレー
15 ジグ

16 カナリオス(サンス)

17 メヌエット(ラモー)

18 19 サラバンドとドゥーブル
   無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番より(バッハ)

20 アルマンド~リュート組曲第1番(バッハ)

21 ブレー~リュート組曲第1番より(バッハ)

22 プレリュード~チェロ組曲第1番より(バッハ)

23 練習曲イ長調作品6-12(ソル)

24 メヌエットニ長調作品11-5(ソル)

25 メヌエットイ長調作品11-6(ソル)

 ソナタ第1番ホ短調(アルベルト)
26 第1楽章 力強く活発に
27 第2楽章 ゆっくりと温かさを持って
28 第3楽章 ロンド~速く




第1回ICGアンサンブル演奏会


 11月29日(木)14:00

 茨城県石岡市 ギター文化館

 入場無料




IMGP0048_convert_20111125171832_20181124004950981.jpg




 以前もご紹介しましたが、来週の木曜日、ギター文化館でICGアンサンブル演奏会を行います。 

 ICGアンサンブルとは、茨城大学クラシック・ギター部、1969年入学のOB、7名(私を含めて)によって、今年結成されたアンサンブルです。

 私以外の6名のうち、しばらく前からギター合奏、あるいはマンドリン合奏などを行っている人が3人、2,3年前からギターを再開した人が一人、昨年から復活した人が2人という内容です。

 気持ちだけは現役時代に戻っているのですが、耳や、指、頭などがそれに追いつくには、ちょっと時間が必要なようですね。

 プログラムは以下の通りです。



=  第  1  部  =

【合奏】
シバの女王・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミッシェル・ローラン
子守唄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヴィルヘルム・タウベルト

【独奏   中村俊三】
タンゴ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フランシスコ・タレガ
アラビア風綺想曲・・・・・・・・・・・・・・・・・フランシスコ・タレガ
カディス(スペイン組曲作品47より)・・・・・・・・・・・イサーク・アルベニス

【合奏】
*マイアミビーチ・ルンバ・・・・・アーヴィング・フィールズ



=  第  2  部  =

【独奏   圷 英子】
月の光・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・クロ-ド・ドビュッシー

【二重奏   中村俊三   圷 英子】
紫陽花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・莉 燦馮(リ・サフォン)
プレスト(セレナード第3番ト長調より)・・・・・・・・・・・・フェルナンド・カルリ

【合奏】
サラバンド(組曲第11番より)・・・・・・・・・ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
フーガBWV578(原曲ト短調)・・・・・・・・・・・ヨハン・セバスティアン・バッハ
グランソロ作品14・・・・・・・・・・・・・・・・・フェルナンド・ソル



CIMG1213_20181124005045df0.jpg





<ICGアンサンブル メンバー>

圷  英子 (教育学部卒)
和田 晴夫 (人文学部卒)
谷津登喜子 (教育学部卒)
中村 俊三 (理学部卒)
堀内眞理子 (教育学部卒) 
福間 敏明 (理学部卒)
佐々木廣子 (教育学部卒)




パーカッション(*マイアミビーチ・ルンバ)

圷  文雄
木坂 恵子
熊谷 義直 
高橋美千代



アンサンブル 002 
  47年前の定期演奏会




ぜひご来場を!

なお、パーカッションで共演していただくのは、私たちの先輩(茨大クラシック・ギター部OB)などです。

入場無料(入館料もなし)ですので、ぜひ足をお運びいただければと思います。
美術の沖山先生 9






IMG_3738.jpg



全校生の前で校長先生から

 それから何日かして、今度の美術展で入賞したナカムラ君たち二人が、全校生約1000人の前で校長先生から表彰されることになりました。

 これまで特に目立つこともなかったナカムラ君にとって、全校生の前で校長先生から賞状をもらうなど、小学校の卒業式以来です。



265.jpg



ご祝儀袋が二つ!

 全校生の前で校長先生から渡されたのは賞状だけでなく、二つのご祝儀袋もありました。

 その一つには中学校の名前が書かれていて、もう一方には町の名前が書かれていました。

 その中を見るとそれぞれ、中学生のお小遣いからすればかなりの高額の現金が入っていました。

 もちろんナカムラ君はたいへん驚きました。  




i_027l.gif



 このようなことが一般的に行われているのかどうかわかりませんが、少なくともナカムラ君はこのようなこと見たことも聴いたこともありません。


 ・・・・・こんなことってホントにあるんだ。 これ(美術展で金賞をとること)は、よほど凄いことなのかな・・・・・・





賞状を貰う以上に

 やはりナカムラ君としては、彼の版画がデパートに飾られたり、賞状を貰ったりするより、お祝い金を貰ったことの方がずっと衝撃的だったようです。

 しかしその金額はナカムラ君が日頃手にするお小遣いからすると、はるかに高額だったので、彼自身では使うことも出来ず、母親にそのまま渡し、最終的には高校入学の費用などに用いられたようです。

 


オレ、なんか、凄いことやったみたい、 オレって天才?

 沖山先生に 「お前の版画が金賞を受賞した」 と言われた時には、なんのことかさっぱりわからなかったのですが、校長先生から表彰されたり、高額のお祝いをもらったり、さらに小さくですが、新聞にも自分の名前が載ったりすると、ナカムラ君もだんだんと、何か凄い事をしたんだなと思うようになってゆきます。



・・・・・・オレ、なんか凄いことやったみたい。 美術展で金賞を取るということはとても凄いことみたいだな。

 大勢の前で賞状をもらうなんて、ちょっと恥ずかしかったけど、なんか、お金までもらって。

 それに、新聞に自分の名前が載るなんて、なんか変な感じ。

 ともかく、今まで経験したことのないことばかり。

 オレは絵が下手だと思っていたけど、それって思い込みだったみたいだ。

 今まで全然気が付かなかったけど、オレって美術の才能があるみたい。 

 いや、間違いない。 オレが言うんじゃなくて、みんながそう言うんだから・・・・・・




 もちろん、これまでの話からおわかりのとおり、彼が美術展で金賞になったのは、当然のことながら沖山先生の、たいへん熱心で細かい指導によるものです。

 何といっても、最後の仕上げはナカムラ君ではなく、沖山先生が行ったわけですから。

 ナカムラ君がしたことと言えば、ただ沖山先生のいうことを忠実に行っただけ。

 しかし当のナカムラ君は、学校を挙げてのお祝い気分に、いつのまにかそんなことも忘れてしまい、自分の力で賞を勝ち取り、さらに自分には美術的才能があるとまで、思うようになってゆきます。





沖山先生の記憶がない

  彼には職員室でお礼を言ってから、つまり校長先生から表彰されたりするようになってからの、沖山先生の記憶が不思議なくらいありません。 

 もちろんまだ美術の授業は続いていましたが、その頃にはすでに高校入試が近づいて、沖山先生の美術の授業でも何か作品を作るということはなくなり、入試対策のようなことが行われていたのでしょう。

  そうしたことで授業中の沖山先生の言葉も、ナカムラ君には記憶に残りにくかったのでしょう。

 またなんといっても沖山先生からも、その頃になると、ナカムラ君に個人的に言葉をかけたりすることがほとんどなくなっていました。 

 特に「おめでとう」 とか 「よくやったね」 といったような言葉は一切ありませんでした。
 
 そんな、こんなで、いつの間にかナカムラ君は校長先生から賞状や、お祝い金をもらったことは強烈な印象として残ったのですが、その一方で沖山先生の存在は、だんだんと小さくなってゆきました。