FC2ブログ

中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

カルミナ・ブラーナ



パーしか出せない

 アコラでの新春コンサートから1週間となります。 比較的短期間で準備した割には本格的なプログラムになってしまった、なんていうことは以前書きましたね。 

 急にハードな練習をしたせいで、左指、特に中指の関節が痛みだしてしまい、コンサートが近づくにつれてどんどん痛みが増してきました。 朝起きた時など左手でグーを作ると結構痛みました。 

 チョキも結構たいへんなので、つまり朝ジャンケンをやるとパーしか出せないといことですね。 幸にもこの期間にジャンケンをやる機会はありませんでした。

  ・・・・・・・普通、左手でジャンケンしないですけどね。

 練習を始めても最初のうちはちゃんと弦を押さえずに、左手はフレットに触るだけで練習していました。 イメージ・トレーニングみたいなものですね。

 でも練習してゆくうちにだんだん痛みを感じなくなって、いつのまにか全開で弾いています。

 なぜか時計が12時を回った頃、絶好調になります。

 しかし次の日の朝、また指が痛くて握れない、なんていうのがこの2か月ほど続いていました。



気を付けよう、不審メールと練習のし過ぎ

 おそらく関節が炎症起こし、後遺症は少なくとも1か月、もしかしたら半年とか、それくらい残るかなと、覚悟はしました。 

 でも、 この1週間の間に痛みはだんだんなくなってきて、今日あたりはほとんど感じなくなりました。

 結果的には、あまり心配するほどではなかったようです。 

 意外と丈夫なんですね、私の指って。 

 練習し過ぎて指を壊した人の話はよく聴くので、時々心配になるのですが、今までのところ指が誤作動を起こしたことはありません。 

 ・・・・・・でもやはり気を付けよう、不審メールと練習し過ぎ!



ぬかみそは時々かき回さないといけない

 さて、この2か月ほどコンサートのための練習だけに集中してきたので、他の仕事が滞ってしまいました。

 レッスンで使用するテキストは基本的にすべて自分で作っているのですが、使っているうちにどうしてもいろいろ問題が出てくるので、常にその手入れをしなければなりません。

 このところCD製作とか、コンサートとかで、教材の手入れを怠っていたので、いろいろと問題点も大きくなってきました。

 ぬかみそじゃないですが、テキストは時々かき回していないといけないんですね。



今度はマウスで右指が痛い?

 そして、まず何と言っても水戸ギター・アンサンブルの練習をそろそろ始めないといけないので、その譜面作りなどをしなければなりません。

 と言った訳で、この数日ずっと合奏の楽譜作りをしていたのですが、今度はマウスを叩き過ぎて右人差し指が痛い?   いい加減にしなさい!   痛い、痛いと騒ぐやつほど、たいしたことはない!



今年はオルフのカンタータ 「カルミナ・ブラーナ」

 今年の水戸ギター・アンサンブルは、オルフの 「カルミナ・ブラーナ」  をやります。 この曲は中世ドイツの歌を基に、20世紀のドイツの作曲家、カール・オルフがカンタータにしたもので、全24曲、約1時間の曲です。

 ギター合奏と「カルミナ・ブラーナ」とはもともと縁もゆかりもないものですが、これが意外とよく合います。 20年くらい前にも演奏したのですが、結構評判はよかったです。

 このカルミナ・ブラーナから6曲ほどギター合奏でやるわけですが、なかなか面白い曲なので、後日詳しく紹介しましょう。



破れかぶれのパワー・プレー

 水戸ギター・アンサンブルでは、ずっとアンサンブルを支えてきてくれた女性2人(中川、丹さん)が退団し、なかなかこれまで通りには行かない点も出てくると思います。

 その代わりといっては何ですが、今年新たに加わったり、また休んでいた人が復帰したりなどで、人数は若干増えるこのになりました。 ただし、すべて男性・・・・・・

 今年のアンサンブルの顔ぶれを考えると、繊細な音楽よりは、力わざのほうが向きそうなので、そう言った点でも 「カルミナ・ブラーナ」 は向いているかなと思います。 

 ・・・・・・破れかぶれのパワー・プレー?  とりあえずテキトーでいいからボール入れておけ?




ひたちなかGMフェスティヴァル

 10月19日に予定している 「ひたちなかGMフェスティヴァル」 もまだ出演申し込み受付中です。 

 ギター、およびマンドリン合奏をやっている団体の方は、ぜひご参加下さい。


スポンサーサイト
2019年の予定



明けましておめでとうございます。

だいぶ寒い日が続いています。 

あっと言う間に2019年になってしまいました。 

今年は平成31年、及び○○元年なるわけですね。



では、毎年恒例となりましたが、私と中村ギター教室、

水戸ギター・アンサンブルの今年の予定を書いておきましょう。




1月20日(日)

中村俊三 新春コンサート   ひたちなか市アコラ   開演14:00



CIMG1054トリ



先月紹介しましたが、アコラで新春コンサートを行います。

曲目はバッハの 「チェロ組曲第1番」、 ヴィラ・ロボスの 「ブラジル民謡組曲」、 

バリオスの 「大聖堂」 などです。

会費は2000円で、予約が必要となります(当教室、またはアコラ)。





6月2日(日) 

中村ギター教室発表会   ひたちなか市文化会館小ホール



CIMG1259.jpg



当教室の生徒さんによる独奏を中心とした発表会です。

レヴェルなどには関係なく希望する生徒さんには皆出演してもらっています。

毎回20~30人くらいの生徒さんが演奏しています。

合奏(水戸ギター・アンサンブル)のほうも少しやります。

入場無料ですので、ぜひお出かけください。




7月

水戸市民音楽会   水戸芸術館



2017年市民音楽会トリ



毎年7月に行われている水戸市民音楽会ですが、

昨年は50回記念ということもあり、40団体が出演しました。

水戸市内で音楽を愛好する人たちが、たいへん多くなったのだなと思います。

嬉しい反面、さらに出演団体が増えると、1日では終わらなくなるかな? 

という心配も現実となりそうです。

ギターを含む出演団体も10団体ほどありました。

日にちはまだ未定です。
 




10月19日(土)

第3回ひたちなかGMフェスティヴァル



CIMG0428モノ



隔年に行っている 「ひたちなかGMフェスティヴァル」 を予定しています。

このフェスティヴァルは茨城県内で活動しているギター、

およびマンドリン合奏団体の合同演奏会で、これまでの2回とも9団体が出演しました。

現在出場団体募集中で、3人以上のギター、およびマンドリン合奏であれば出場可能ですので、

合奏などやっている方々はぜひご検討下さい。 
 
また、とりあえず3人集まれば参加できますので、今まで合奏をやっていなかった人も仲間を集めて、

ぜひチャレンジしてみて下さい。

他の出場団体と”掛け持ち”でも大丈夫です。

参加費は人数によって異なりますが、1団体あたり8000円~18000円となります。

詳細は当教室にお問い合わせ下さい。





10月~11月

第2回ICGアンサンブル演奏会



IMG_0001_20190101234527298.jpg



昨年第1回目を行いましたが、今年もICGアンサンブル演奏会を行う予定です。

日にちなどはまだ未定ですが、近いうちに決定したいと思います。

今年は準備をしっかりとして、昨年よりもよい演奏が出来るようにしたいと思います。

会場はギター文化館を考えています。
 




では、本年もよろしくお願いします。


2018年のまとめ 3



【9月】


第18回水戸ギターアンサンブル演奏会

9月24日(月 祝) ひたちなか市文化会館


CIMG1673_20181228183306db0.jpg



隔年に行われている「水戸ギターアンサンブル演奏会」をひたちなか市文化会館で行いました。

このところアンサンブルでは本番でのトラブルなどが相次いでいたのですが、

そうした経験、あるいは反省を踏まえて、この日のコンサートではほぼ予定通りに演奏出来ました。

といってもまだまだ問題点はたくさんあり、今後改善してゆかなければなりません。

さらに今回でこれまで中心となってアンサンブルをリードしてくれていた女性のメンバー二人がやめることになり、

来年から若干新たに加わったり、また復帰したりする人はいますが、苦しい台所事情とはなるでしょう。

結果的に、来年の水戸ギターアンサンブルは、男性のみ16~17人ということになりそうです。



 
CIMG1685_20181228183346e89.jpg

プロのギタリストを目指す高校生の森田晴さんにゲスト出演してもらった




【11月】

レッスンのためのクラシック・ギター曲集1~4(CD) 製作




これまでもこうしたCDは録音してあったのですが、音質や演奏内容、

収録曲などに問題が出てきたので、新たに4枚製作しました。

以前のものに比べると、音質、演奏内容など、いろいろな点でよくなったと思います。



CIMG1724.jpg
レッスンのためのクラシック・ギター曲集1~4 収録曲などは11月の記事を読んで下さい



初級から中級程度の曲が主ですが、聴くだけでもなかなかいいのではと思います。

また比較的簡単な曲とは言え、こうした形でちゃんと録音するのはそれほど簡単ではありません。

でもちゃんと丁寧に演奏すれば、こうした曲もなかなか聴きごたえのある曲になるでしょう。






第1回ICGアンサンブル演奏会

11月29日(木) 石岡市ギター文化館



茨城大学クラシック・ギター部の同期の仲間7人でICGアンサンブルを結成し、その第1回の演奏会を行いました。

最近までほとんどギターに触れていなかったメンバーもいて、かつてのレヴェルに戻るまでにも、

まだちょっと時間がかかりそうですが、とりあえず第1回目の演奏会を終えました。


IMG_0001_20181228190505172.jpg


会場にはギター部OBはじめ、約70名の人に来てもらい、第1回としてはなかなか盛況だったと思います。

今後も続けられるだけ続けてゆきたいと思います。






【ブログ】

バッハ:平均律クラヴィア曲集




当ブログでは、今年は昨年に弾き続き、大作「バッハ:平均律クラヴィア曲集」を書きました。

全49回にわたる記事でした。

もちろんこの記事を書くにあたってこの曲集を何度も聴いたのですが、最近でも時々聴いています。 

やはり何度聴いても面白い曲で、新鮮さは失われません。

また何度も聴いたはずなのですが、「あれ、こんな曲あったかな」 など思うこともあり、

ちょとやそっと聴いたくらいではなかなか理解出来なところもあるのでしょう。

バッハの鍵盤曲にはゴールドベルク変奏曲はじめ、数々の名曲がありますが、

その中でもこの平均律曲集は変化も内容もあって、最も聴きごたえのある作品ではないかと思います。





美術の沖山先生


秋頃には「美術の沖山先生」の記事を11回にわたって書きました。

書いた動機としては、何といってもたいへん個性的な沖山先生(仮名)のキャクターを

ブログ上で再現してみたかったということですが、

裏のテーマとしては、得意とか不得意とか、また才能があるとかないとかといったことは、

それほど簡単に決まるものではないということでした。

確かに不得意なものを得意なもに変えるためには本人の特別な努力であったり、

また優れた指導者であったり、するわけですが、

不得意であったためにかえって最終的には結果を出すなどということも、少なくはないのかも知れません。

また逆にもともと得意であると思っていたがために、大きな挫折を味わうなどということもよくある話です。

私などその典型的な例で、小さい頃から得意だと思っていた理数系で挫折し、

最も苦手だと思っていた音楽で仕事をしている。

ギターに関しても、もともと苦手だと思っていたので、

今日まで努力を積み重ねてこられたのかなと思います (結果の方はあまりでないけど)。





それでは本当に今年もごくわずかとなりました。


来年も 中村ギター教室、 水戸ギター・アンサンブル、 中村俊三、 

そして当中村俊三ブログ をよろしくお願いします。 そうそう、ICGアンサンブルも!


よい年をお迎えください。
2018年のまとめ 2


【5月】


シニア・ギター・コンクール

 5月3、4日  石岡市ギター文化館


IMGP0048_convert_20111125171832_20181227220023cbd.jpg



  昨年からシニア・ギターコンクールは4部門となり、ヒューチャー部門(25歳未満)では森田晴さん、ミドル・エイジ(25~59歳)では箭田昌美さん、シニア・エイジ(60~69歳)では鈴木幸男さん、リスペクト部門(70歳以上)では清水和夫さんが1位となりました。

 来年からはまた二つの部門(ミドル、シニア・エイジ)となり、時期も5月ではなく、9月となるようです。






MYアンサンブル春日井グループ第8回定期演奏会

 5月27日(日)  愛知県春日井市東部市民センター


IMG_2018122722014620b.jpg



 大学のギター部時代の友人も所属している、MYアンサンブル春日井グループの演奏会に行きました。 出演者もまた来場した観客もたいへん多く、熱気あるコンサートでした。

 MYアンサンブルはフルート、マンドリン、レキント・ギター、プライム・ギター、ギタロンといった組み合わせで、アルト・ギターではなく、レキント・ギター使用というのも珍しいなと思いましたが、名古屋周辺では普通だそうです。 やはり ”所変われば” ということでしょうか。



CIMG1557.jpg



 愛知県に行ったついでに、次の日(28日)は伊勢神宮に行ってきました。 さすが神道の総本山ということで、人出も多かったのですが、これでも平日なのでだいぶ空いているということでした。

 それにしてもここに来る人は意識が高いようです。 誰もが参道の端を歩き、 ”2礼、2拍手、1礼” をきちんとやっています。 私の家など代々神道だったのですが、そんなこと比較的最近知りました。






【6月】


中村俊三 クラシック・ギター名曲選 発売 

 私の2枚目のアルバムとなる 「クラシック・ギター名曲選」 を発売しました。 「カヴァティーナ」、「アランブラの想い出」、「禁じられた遊び」などギターの定番名曲の他、「トロイメライ」、「雨だれ前奏曲」などピアノ名曲のタレガ編ギター版も収録しています。



IMG_0003_20181227220407d09.jpg



 昨年の「アルベニス作品集」からさらに編集技術も上がり、たいへん耳になじみやすい音になっているのではと思います。 もちろん 「アルベニス作品」、「クラシック・ギター名曲選」、 どちらも発売中です!





【7月】


水戸市民音楽会

 7月15日(日) 水戸芸術館


今年の市民音楽会は50回記念ということで、茨城県出身のギタリストの木村大さんがゲストで出演しました。 大君(小さい頃から知っているので)の演奏は、アンプ使用でしたが、その場で録音したものを再生しながら演奏するという技法を駆使したもので、なかなか斬新的なものでした。



ImageFile120120525110141.jpg



 大君の演奏終了後、しばらくぶりに大君とゆっくり話をしました。 いや、しばらくぶりというより、お父さん(義輝さん)とではなく、大君とじっくり話をしたのは初めてかな?

 水戸ギター・アンサンブルとしては 「スカボロー・フェア」 と 「剣の舞」 を演奏しましたが、どちらも反省の多い演奏となってしまいました。 なぜか今年は練習ではそこそこ出来ていても、本番では崩れてしまう傾向にあるようです。    ・・・・・困ったものだ。

2018年のまとめ


今年も残るところわずかとなりました。 来年は平成最後の年、そして次の年は東京オリンピックとなりますね。

それでは、年末恒例となりましたが、今年1年のおさらいを致しましょう。




【1月、2月】

 今年の1月頃はかなり寒い日が続いていました。 当教室としては、1、2月には特に行事らしい行事もありませんでした。 私は何をしていたのでしょうね。

 昨年アルベニス作品集のCDを作りましたが、次のクラシック・ギター名曲選の録音の準備などしていたでしょうか。 ブログの方では昨年から引き続いてバッハの平均律クラヴィア曲集の記事を書いています。





【3月】

 宮下祥子ロマンティックギターコンサート
   ~19世紀ギターによる古典音楽と情熱のピアソラ

 3月3日(土)  東京都 銀座ヤマハホール


 <演奏曲目>

メルツ : マルヴィーナへ(吟遊詩人の調べより)
ソル : 魔笛の主題による変奏曲、 悲歌風幻想曲
シューベルト ~メルツ編 : 涙の賛美、 わが宿、 漁夫の娘
     以上 19世紀ギター使用
ロドリーゴ : ヘネラリーフェのほとり
藤井敬吾 : 羽衣伝説
ピアソラ : タンゴの歴史   Vn  アテフ・ハリム(ゲスト出演)
     以上モダンギター使用  

アンコール曲  ピアソラ : チキリン・デ・バチン   ~ハリム、宮下
           ディアンス : タンゴ・アン・スカイ  ~宮下


 銀座のヤマハホールに久々に行きました。歩行者天国はいまでも行われていましたが、昔に比べると人はやや少なくなったようですね、それとやはり外国人観光客が多くなりました。

 19世紀の楽器のレプリカ使用でしたが、ソルの悲歌風幻想曲など、悲しい中にも潔さのようなものも感じられました。 会場はほぼ満席で、東京にも宮下さんのファンがたくさんいるようです。

IMG_0001_201803040119566b3.jpg





宮下祥子マスター・クラス

 3月11日(日)  中村ギター教室スタジオ



そのリサイタルが終わったばかりの宮下さんに私の教室でマスター・クラスを行ってもらいました。 受講者は6名(5組)でしたが、コンクールや発表会などを控え、それぞれたいへん有効なアドヴァイスを頂きました。

CIMG1237_2018122621582434e.jpg






3月25日(日)
  
サロン・コンサート   ひたちなか市アコラ 



<曲   目>

バルベルデ~リョベット編 : クラベリトス(カーネーション)
カタルーニャ民謡~リョベット編 : 盗賊の歌  エル・メストレ  糸を紡ぐ娘
ベートーヴェン~タレガ編 : アダージョ (ピアノ・ソナタ 「悲愴」 より)
ショパン~タレガ編 : 雨だれ前奏曲
アルベニス~中村俊三編 : アストゥリアス  入り江のざわめき  カタルーニャ綺想曲  サンブラ・グラナディーナ  朱色の塔 

プログラムの前半は今年録音の曲、後半のアルベニスは昨年録音した曲という感じで、今年は録音が中心でした。 私のコンサートの前に行われた愛好者の演奏が盛りだくさんだったので、手短に演奏しようと、ちょっと急いでしまったかな?



20121208132519(1)_20180228224252f9e.jpg





【4月】

中村ギター教室発表会

   2018年 4月7日 13:30~
   茨城県総合福祉会館コミュニティ・ホール 


 およそ20年ぶりにこの総合福祉会館コミュニティ・ホールで発表会を行いました。 数名の”初舞台”の生徒さんを含め、独奏約20名の他、合奏、二重奏などを行いました。 


 合奏などは市民音楽会や9月の水戸ギター・アンサンブル演奏会のリハーサルの意味もあったのですが、かなり反省の多い演奏となってしまい、その後いろいろ修正することになりました。 

CIMG1300.jpg
中川さんと丹さんには、私が作曲した「ギター二重奏のためのAir」も演奏してもらった。 作曲者(私のことだけど)の意図をよく感じて、すばらしい演奏をしてくれた。





京都旅行

  4月9~11日

 今年の冬は結構寒かったので、さくらに時期はやや遅いかなと思ってこの日に旅行計画をしたのですが、さくらの時期か近ずくにつれて気温がどんどん上がり、結局は以下いかに時期は全国的に早くなり、完全に時期を外してしまいました。

 平野神社などさくらで有名なところはほとんど散ってしまい、唯一咲いていたのが北山の原谷苑でした。


CIMG1373.jpg
原谷苑の枝垂れ桜


CIMG1459.jpg
御所はただただ広かった