中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

バッハ:平均律クラヴィア曲集 12 


第11番ヘ長調




IMG_201708301312065e0.jpg
第11番ヘ長調のプレリュード。 1拍が6個の16分音符からなり、そういう意味では速く弾くことになるのかなとは思いますが、曲の感じからすると遅く弾いてもいいんじゃないかな?




一般的には落ち付いた感じで、よく使われる調だが

 ヘ長調はベートーヴェンの「田園」でも知られている通り、一般的にはのどかで、のんびりした感じで、いわゆる”癒し系”の調ということになります。 ギターの場合では、ヘ長調はセーハが多くなり、♭が1個のわりには、弾きにくい調となり、 したがってヘ長調の曲はギター曲ではあまりありません。



ヘ長調のギター名曲は、なくもないが

 オリジナル、編曲を含め、ヘ長調のギター曲というのは、ほとんどありませんが(練習曲を除けば)、 フェルナンド・ソルにはヘ長調の幻想曲があり、演奏次第ではまるで室内楽のように聴こえ、隠れた(?)名曲とも言えます。 でもこれにはちょっと訳があって、ソルはこの曲の場合、⑥弦を「ファ」に上げて弾くようになっています。  確かにこうすれば主和音の低音が開放弦で弾けて、かなり楽になります。

 またジュリアーニのギター協奏曲第3番はヘ長調で書かれていますが (この曲も名曲!)、これは通常のギターよりも短3度高い ”テルツ・ギター” を使用するようになっていて、確かにオーケストラ部はヘ長調で書かれているのですが、ギターのパート譜はニ長調で書かれています(つまり3フレットにカポタストを付けた状態になる)。



そんなに毛嫌いしなくても

 つまりギターでヘ長調の曲を演奏しようとする場合は、いろいろ小細工が必要ということなのでしょう。 やはり ”まとも” なヘ長調のギターの名曲というのはほとんどないと言ってよいでしょう。 何もそんなにヘ長調を毛嫌いしなくてもいいんじゃないかとと思いますが、古今のギタリストたちはこのヘ長調を嫌っていたのは間違いありません。

 ギターの場合、ヘ長調は弾きにくく、音も鳴りにくいのですが、その結果響きがやわらくなり、落ち着いた感じに聴こえ、結果的には一般的なヘ長調のイメージには合っていることになります。 前述のソルの幻想曲がギター曲らしく聴こえないで、室内楽のように聴こえるのは、このヘ長調という調に無関係ではないでしょう。



ギター曲でフラット1個はほとんどニ短調

 もっともフラット1個のギター曲はたくさんありますが、それらはほぼ間違いなくヘ長調ではなく、ニ短調の方でしょう。 ニ短調の場合、⑥弦を「レ」にすれば、主要3和音の低音がすべて開放弦となり、非常に弾き易い調となります。 同じフラット」1個でもヘ長調とニ短調では、たいへんな差があります。




プレリュードもフーガ16分音符6個でひとまとまり


 さて、この平均律曲集第1巻第11番ヘ長調のプレリュードは8分の12拍子で、8分音符3個×4、 または16分音符6個×4 で1小節となります。 ヘ長調だけあって、やはり緊張感などはあまりなく、落ち着いた感じの曲となっています。 

 フーガのほうは8分の3拍子ということで、こちらも8分音符3個、または16分音符6個がひとまとまりになってます。 フーガと言っても、あまり長くなく、ジーグ風の軽い感じの曲です。

 どちらも8分音符3個、または16分音符6個が一まとまりになっていて、もちろん同じ調なので、たいへんよく似た印象です。 譜面上からすれば、プレリュードは1拍が16分音符6個で出来ていて、フーガのほうは16音符2個が一拍となるので、16分音符1個の速さはプレリュードのほうが速いと言うことになります。



IMG_0001_20170830131256ffb.jpg
3声のフーガといっても、かなり軽い感じで、複数の声部が絡み合うことも少ない。 なんとなくジーグ風で、速いテンポのほうが似合いそう。



理屈からするとプレリュードの方が速い感じになるのだが

 多くのピアニストやチェンバリストは、このようにプレリュードのほうを速く、フーガの方をやや遅く弾いています。 でも何人かのピアニスト、チェンバリストはプレリュードもフーガも、ほぼ同じテンポで弾ています。 

 それならプレリュードをフーガに比べて遅めに弾いて、フーガを速いテンポで疾走するように弾くという手もあるのではと思いますが、実際にそう弾いている人はいなそうですね、やってみてもいいんじゃないかな?





 

第12番へ短調



結局全部の曲について書いているが

 個々の曲については、抜粋してお話するといいながら、結局抜かさずやってしまっています。この際なので、第1巻についてはこのまま ”全曲” 書いてゆきましょう。  12番ということで、やっと第1巻前半の最後まで来ました。 全体では4分の1と言うところです。



ベートーヴェンは最初のピアノ・ソナタをへ短調で書いている

 ヘ短調は♭4個なので、あまり使われることが少ない調ですが、ハイドンには、若干へ短調の弦が四重奏曲があり、ベートーヴェンもピアノ・ソナタ「熱情」や、弦楽四重奏曲第11番「セリオーソ」を、このヘ短調で書いています。 ベートヴェンの場合、何といっても第1番のピアノ・ソナタを、このあまり使われないヘ短調で書いているあたりも、注目のところでしょう。 

 この曲を”第1番”としたのはベートーヴェン自身の意志によるもので、その第1番をヘ短調としたのも、自らが”並みの”作曲家でないことを示すためではないかと思われます。



IMG_0002_20170830131356071.jpg
見た目ではあまり遅く弾く曲とも思えないが、ほとんどのピアニストやチェンバリストは遅めのテンポをとっている。 特にグレン・グールドはかなり遅い。



16分音符で出来ているプレリュードだが、遅めのテンポで弾く奏者が多い

 第12番のプレリュードは16分音符を中心としたもので、相変わらずバッハ自身ではテンポの指定を行っていませんが、多くの奏者は遅めのテンポを取っています。 32分音符以下の細かい音符はなく、譜面を見ただけでは、速めのテンポで弾くことも十分に考えられる曲ですが、へ短調という調がそうさせているのかも知れません。

 特にグールドはこのプレリュードを4分以上かけて演奏しています。 決して長い曲ではないので、多少遅く弾いても、普通は2分ちょっとくらいの曲でしょうか。



IMG_0003_20170830131438fdf.jpg
フーガのテーマを6小節と見るかどうかはわからないが、バッハはこの曲をこの6小節のテーマを基に作曲しているのは確か。 ベートーヴェンを先取りした主題労作と言えなくもない。



ベートーヴェンの主題労作を先取り?

 フーガのテーマは3小節の4分音符の部分に3小節の16分音符の部分が付いています。 正式にはどこまでが主題なのかわかりませんが、このフーガ単独の主題に擁るフーガで、この6小節に含まれる部分をそれぞれに展開してゆく形になっています。

 こうしたことは、ベートヴェンなどの音楽で言う ”主題労作 ”的な曲作りといえるでしょうか、これも時代の先取りと言ったところでしょう。 バッハの音楽は、当時時代遅れの古い音楽とされていましたが、これまで見てきたように、逆に時代を何十年も先取りしている部分が多数見られます。




4の倍数でフーガが長くなる?

 この12番へ短調のフーガも他のフーガに比べて長いものになっていて、充実した内容のフーガの一つと言えます。 そう言えばこの平均律曲集で長くて充実したフーガは第4番、第8番、第12番となっています。 つまり4の倍数の番号でフーガが長くなっている訳です。      ・・・・・・かつて ”3の倍数で・・・・・・” でといったギャグがあったような。 バッハはギャグまで先取り?



バッハには短調の名曲が多い

 バッハのことですから、意図的に4の倍数の番号でフーガを長くしたと言うことは、ありそうな感じもします。 ただ、この平均律曲集の並びからすると、2番、4番などの偶数はすべて短調となり、バッハは短調の場合に重厚なフーガを各傾向があったということも言えるので。たまたまそうなってしまったと言うことも十分あるでしょう。

 確かに、バッハの名曲には 「マタイ受難(ホ短調)」 や 「ロ短調ミサ」 など短調のものが多いですね。 40数曲の交響曲、27曲のピアノ協奏曲で、それぞれ2曲ずつしか短調の曲を書かなかったモーツァルトとはだいぶ違います。


 ・・・・・ともかく、無事(?)4分の1が終わりましたね。





 
スポンサーサイト
バッハ:平均律クラヴィア曲集 11


第10番ホ短調



モーツァルトもホ短調の名曲を残している

 ホ短調はもちろんギターでは最もポピュラー、というより、最もギターに適した調です。 ホ短調=ホ長調の同名調の組み合わせはギター曲では非常に多いですね。 バロック時代や古典派時代でも、特に多いと言う程ではありませんが、まあまあ使われ、ホ長調ではほとんど作品を書かなかったモーツァルトも、ホ短調でヴァイオリン・ソナタの名曲を書いています。 



#や♭は3個まで?

 モーツァルトの場合は、やはり#4個というのを嫌ったのかもしれませんね、モーツァルトは♭4個の曲も書いていません。 モーツァルト、あるいはモーツァルトの時代は、#や♭は多くても3個までとなっているのでしょうか。



嬰ハ短調や変イ長調、へ短調などはベートーヴェンの時代になって使われるようになった

 #4個のホ長調の作品はバッハやヴィヴァルディなど、バロック時代の作曲家も作品を残していますが、同じ#4個でも嬰ハ短調や、フラット4個の変イ長調、へ短調などはベートーヴェンの時代になってようやく表れます。 そういった意味でも。このバッハの平均律曲集は、時代を先取りしたものと言えるでしょう。



IMG_0002_20170826005247a28.jpg
第10番ホ短調のプレリュード  オルガンの演奏で聴くと、上声部はバンドネオンぽく聴こえる。 無理やり言えば、下声部もリベルタンゴぽい。



 何かに似ている

 さて、この平均律曲集の第10番ホ短調のプレリュードは譜面のように左手で16分音符の音型を刻みながら、右手で長い音符と短い音符によるメロディを奏でるようになっています。 右手の上声部は、全音符のメロディに装飾音がついたとも言えるかも知れません。




リベルタンゴぽい?


 この曲をオルガンの演奏で聴くと、 上声部が、何となくバンドネオンぽく聴こえてきます。 そう言えば左手の音型もリベルタンゴに似ていると言えば、似ている。 これにリズム・セクションを加えると、まるでピアソラのタンゴになってしまいそうです。

 もちろんバッハの平均律がピアソラのタンゴに似ているのではなく、ピアソラのタンゴがバッハに似ていると言うことになるのでしょう。 そう言えばピアソラはバッハの音楽を研究したとも言われています。



ぜひオルガンで


 ピアノやチェンバロで聴いても、そんな感じには聴こえないのですが、ホントかな? と思う人は、ぜひオルガンの演奏で聴いてみて下さい。



IMG_0003_20170826005142bc6.jpg
走る抜けるようなフーガ。 有名なトッカータとフーガのテーマにちょっと似ている。 サラっと終わるところもなかなかいい




2声のフーガは珍しい


 フーガの方は2声のフーガとなっています。 2声のフーガというのはこの平均律曲集では、たぶんこの曲だけではと思います。 テーマはちょっとだけ有名な 「トッカータとフーガト短調」 のフーガのテーマに似ています。 




終り方がオシャレ


 全曲ほぼ16分音符で出来ていますが、2声ということもあって、おそらく速いテンポを想定しているのではないかと思います。 あっという間に走り抜けるようなフーガですが、終わり方も ”サラッ” と粋な感じです。 プレリュードもフーガも重量級ではありませんが、聴いて爽快な感じで、どちらもあまり肩のこらない作品になっています。
バッハ:平均律クラヴィア曲集 10



第1巻第9番ホ長調



ギターではなじみのホ長調だが

 ホ長調はギターではホ短調と並んで、よく使われる調ですね、「魔笛の主題による変奏曲」とか、「ラグリマ」とか、「禁じられた遊び」もホ短調=ホ長調の組み合わせです。

 バッハの作品でも 「ヴァイオリン協奏曲第2番」、「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番」などがあり、同時代のヴィヴァルディにもヴァイオリン協奏曲集「四季」の 「春」、 また、曲名通り愛らしい曲の、ヴァイオリン協奏曲「恋人」 もホ長調で作曲されています。



古典派時代やロマン派時代には、ホ長調の作品はあまりない

 バロック時代には、比較的ポピュラーだった、このホ長調ですが、次の時代、つまり古典派以降はあまり有名な作品が作られなくなります。 モーツァルトの、少なくとも交響曲や協奏曲などの主要な作品にはホ長調は全く使われなかったようです。 ハイドンやべートーヴェンには多少ホ長調の作品がありますが、やはり有名な曲としては、あまりありません。

 ともかく、19世紀以降でホ長調の有名な作品を探してみても、とりあえず思いつくのが、ブルックナーの 「交響曲第7番」 くらいでしょうか。



シューベルト、シューマン、ブラームスもホ長調では交響曲を書いていない

  ・・・・・・他に何があったかな? あまり浮かんできません、少なくとも交響曲に限定した場合、シューベルトもシューマンもブラームスもメンデルゾーン、マーラーと言った作曲家もホ長調では交響曲を書いていません。



管楽器にはあまり合わない調

 私たち(ギターを弾くもの)にはたいへん親しみのあるホ長調で、なぜあまり作品が書かれないのか、不思議なところですが、おそらく管楽器との相性が良くないのでしょう。 ブラス関係を全くやったことのない私などにはピンと来ないことですが、ブラス・バンドやオーケストラをやる人にとっては、#4個のホ長調はかなり ”とっつきにくい” 調なのでしょう。



ヴァイオリン関係の曲にはホ長調は使われる


 前述のバッハやヴィヴァルディの作品は、すべてヴァイオリンがらみの曲で、管楽器がなければ、ホ長調は特には問題ないようです。ギター同様、ヴァイオリンにとってもホ長調は親しみやすい調なのではないかと思います。 さて、そんな私たちには親しみ易いホ長調ですが、一般的はそれほど使われる調ではないようです。 




IMG_2017082400442738e.jpg
ド・ミ・ソ (音名ではミ・ソ#・シ) で始まる第9番のプレリュード。 親しみやすいメロディで出来ている。




ド・ミ・ソで始まる親しみやすいプレリュード


 平均律曲集のプレリュードは練習曲的なものが多いのですが、この第9番のプレリュードはたいへん親しみやすいメロディの曲となっています。 しかも 「ドミソ」 と言った感じで始まり、非常にシンプルで覚えやすいところもあります。

 そう言えば前述の 「ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調」 も 「ドミソ」(実際の音では ミ ソ# シ) と始まりますね。 2声のインベンション第1番や、平均律曲集第1番のフーガは 「ド レ ミ」 と始まり、バッハにはこうしたシンプルな音から始まる作品はたくさんあるようです。




IMG_0005_20170824004519777.jpg
クリストファー・パークニングのギター・バージョン。 聴いた感じではあまり難しそうではないが、実際に弾くとなかなか難しい。 ギター二重奏であれば、かなり楽だと思う。




このプレリュードもパークニングがギターで弾いている

 第6番のところでは話をしましたが、この第9番のプレリュードもクリストファー・パークニングがギターで演奏していて、聴いたことのあるギター愛好者も多いのではないかと思います。 パークニングの編曲譜も市販されていましたが、実際に弾いてみると、聴いた感じとは裏腹に、ギター、特に独奏で弾くとなると、かなり難しいです。 出来れば二重奏で弾きたい曲ですね、やはりパークニングの技術は凄い!





IMG_0001_20170824004556f70.jpg
フーガの方はテーマが長い割には、曲が短く、テーマとテーマの間隔が狭い。つまりストレットが多い。



フーガは曲が短いわりには主題が長い⇒ストレットが多い

 フーガは音階的なテーマで、曲の規模が29小節と小さい割には、テーマが3小節と、やや長めです。 結果的にストレット (テーマが終わらないうちに、別の声部でテーマが始まる) が多くなっています。 中間部の数小節を除いて、ほぼストレットで出来た、凝縮されたフーガといえるでしょう。 あっという間に、さっと終わってしまいます。
バッハ:平均律クラヴィア曲集 9



第7番変ホ長調



変ホ長調といえば、「英雄」、「皇帝」 などの名曲があるが


 変ホ長調と言えば、ベートヴェンには 「英雄」、「皇帝」、「7重奏曲変ホ長調」 と言った名曲があります。 モーツアルトも変ホ長調で交響曲第39番、ピアノ協奏曲第22番などを書いていて、古典派時代では、変ホ長調は比較的ポピュラーな調です。 

 しかしバッハの曲では変ホ長調はあまりないようですね、とりあえず思いつくのは 「無伴奏チェロ組曲第4番」 くらいしかありません。 同時代のヘンデルやヴィヴァルディにもほとんどありませんから、バロック時代では変ホ長調というのはかなり珍しい調だったのでしょう。



バロック時代には使われない調が結構ある

 クラシック音楽としては結構ポピュラーな変ホ長調でさえ、こんな感じですから、この平均律曲集で書かれている24の調のうち、ほとんどこの曲集でしか出てこない調がかなりあることが想像出来ます。



おおらかな感じがする

 プレリュードは16分音符中心に書かれていますが、のびやかな感じがします。途中で32分音符があることからも、おそらくそれほど速いテンポは想定されていないでしょう。 その32分音符のパッセージの後、4分音符と2分音符中心のコラール風の部分が表れます。 その後再び16分音符中心の比較的長い部分となります。 



IMG_0001_20170816171510930.jpg
このプレリュードは結構長い。 このあと4分音符や2分音符で書かれたコラール的な部分となり、その後に16分音符でかかれた ”一見” フーガ風の部分となる。





フーガのようでフーガではない?

 この部分は模倣的で、ちょっと聴いた感じではフーガのように聴こえます。 しかしよく譜面を見ると音型は微妙に変えられ、フーガにはなっていません。 そう言えば前にフーガらしくないフーガというのもありましたが、こちらはその逆と言った感じです。

 このプレリュードの後半部分はその直前に出てくるコラール風の部分と関係があるのは確かなのですが、単純に変奏や装飾と言った感じではないようです。 いずれにしてもプレリュードとしては力の入った曲で、長さもこの曲集の中でも1,2を争う長さになっています。



モーツァルトやベートーヴェンにも通じるところがある

 ”本物” のフーガのほうも明るくおおらかな感じで、テーマにはアルペジオなども含まれていて、声楽的というよりは器楽的、あるいは鍵盤的と言った感じと言えるでしょう。 やはりバッハも変ホ長調と言う調には明るく、のびやかな印象があるのでしょう、これらの印象はモーツァルトやベートーヴェンの曲にも通じるところもあります。 楽しい感じのフーガなのですが、エンディングは半音階で、そっと消えるように終わります。



IMG_0002_2017081617183132e.jpg
プレリュードは声楽的だったが、フーガは器楽的で、軽い感じ。







第8番変ホ短調



変ホ短調など、この曲集で初めてみる人も

 フラット3個の変ホ長調でさえ、バロック時代にはあまり作品がなかったわけですから、フラット6個の変ホ短調など、おそらくこの時代にはほとんど使われなかったでしょう。 当時としては変ホ短調など、この平均律曲集で初めて見る、などという人も少なくなかったでしょう。



IMG_0003_20170816171921083.jpg
なんか、ギター曲ぽい。 フラット6個で、ギター愛好者には読みにくいと思うが、6個のフラットを無視して、ファをシャープとすれば、ホ短調となる



プレリュードはアランフェスぽい?

 プレリュードのほうは2分音符で和音をならしながらメロディを歌わせるタイプになっています。 なんだかギターぽいですね、アランフェス協奏曲の第2楽章みたいな感じです。 ギター独奏だとちょっと厳しいですが、ギター二重奏にはすっぽりとはまってしまいそうですね。 



ギターだったら当然ホ短調

 今のところあまりやっている人はいませんが、そのうちやってみようと思います。  ・・・・・・その時は、フラット6個の変ホ短調ではなく、当然のことながら半音上げて、シャープ1個のホ短調でしょうね。





単独のテーマによる長大なフーガ

 フーガの方は、これぞフーガの主題といった、悠々とした声楽的なテーマによるフーガです。 オルガン、または大編成のコーラスが似合いそうな堂々としたフーガですが、第4番のフーガのように3重フーガではなく、単独の主題によるフーガです。



IMG_0004_20170816172002038.jpg
正攻法で堂々とした感じのフーガ。 オルガンや合唱が似合いそう。




 単独の素材を極限まで使いつくした、正攻法、あるいは求心的なフーガと言えるでしょう。 最後の半音階での ”せり上がり” も迫力満点。

 この平均律曲集のフーガはどちらかと言えば、軽妙なものが多いのですが、この第8番のフーガは第4番のフーガと並び、重厚で長大なものになっています。 この第8番はプレリュードもフーガも聴きごたえ十分なものです。

バッハ:平均律クラヴィア曲集 8



第5番ニ長調

 それぞれの曲についてはとばしながら書くつもりだったのですが、今のところ結局全部書いてしまってますね、これではいつ終わるかわからないので、なるべくサッサと進みましょう・・・・・・   と言いつつ、結局次の第5番ニ長調の話です。



IMG_20170812124533733.jpg
第5番ニ長調のプレリュード  第2、第3番のプレリュードに近い



10個の音の和音?

 第4番の嬰ハ短調が重厚だったので、第5番ニ長調は比較的軽い曲で、プレリュードは第2、第3番と同じく練習曲タイプになっています。バッハにとってもニ長調は軽い感じなのでしょう、35小節の比較的短い曲になっています。 

 でも、33小節の和音はなんか、スゴイですね! 何といっても音が10個ある!  10個音があるということは左右の指、全部で弾く訳ですね、ピアノもチェンバロも弾かないので、よくわかりませんが、こういうことはそう頻繁に出てくるものではないでしょう。



IMG_0001_2017081212460105a.jpg
この和音は”見た目”だけでも凄そう



中身は保持低音+減7

 この和音の中身を見ると、「ラ」 の保持低音の上に 「レ、ファ、ソ#、シ」  の乗っているようになっています。 この 「レ、ファ、ソ#、シ」は減7の和音ですが、バッハの場合はこの減7の和音は短調の属9の和音の根音省略形として用いることが多いので、コード・ネーム的に言えば 「E(-9)」 という感じなんでしょうか、ドッペルドミナントに短9度が加えられたものですね。 



普通は4+4で、それだけでもすごい音になる


 減7の和音は4個の音で出来ていますから、左右の手で4個ずつ弾けば、どの音も2個ずつになるので、音量にこだわったとしても、たいていは、このように8個、そして別に保持低音として「ラ」があるので、それを弾いても計9個となるのが一般的かなと思います。



1本でも指を余らせたくない?

 これだけでも結構凄い音になりますが、バッハは1本でも指を余らせたくなかったのでしょうね。 オルガンのように足鍵盤があれば、さらにもう1個音をいれたのかも知れません。

 32分音符のパッセージの後にも半音ずらした形で減7の和音が2回鳴らされます。 こちらの方は保持低音がないので、純粋に減7の和音ですが、普通8個でいいところを、9個の音となっています。






maxresdefault.jpg


最近話題のゲリラ豪雨か?

 このニ長調のプレリュードは、出だしこそ、わりと普通で、何てことのない練習曲タイプなのですが、最後にガツンとくるわけですね。 今日は快晴で、風もなくとても穏やかな日だと思ったら、夕方頃になって突然黒い雲が沸き上がって、もの凄い稲光と雷鳴がし、大粒の雨や雹が降ってきた・・・・・・・  みたいな曲かな?



IMG_0002_20170812124644095.jpg
第5番ニ長調のフーガ  聴いた感じはフーガぽくない




あまりフーガぽく聴こえないフーガ


 フーガのテーマは32分音符と付点音符で出来ていて、あまりフーガのテーマらしくはないです。 少なくとも声楽的なテーマではありません。 なんとなく ”指ならし” 的で、聴いた感じではフーガではなくプレリュードの方かなと思ってしまいます。 プレリュードに合わせて軽い感じになっていると思いますが、フーガのほうの終りは、わりと普通です。





 第6番ニ短調



パークニングがギターで弾いていた


 この第6番ニ短調のプレリュードは1970年代にクリストファー・パークニングがギターで演奏していてギター愛好者にもなじみのあるものではないかと思います。 パークニングは平均律曲集第1巻より、第1、第6、第9番のプレリュードを録音しています。 



IMG_0003_2017081212472639f.jpg
16分音符の3連符で書かれていて、見た感じでは速い曲の印象がある



以前の譜面ではAllegro moderato と書かれていたが

 バッハはこの平均律曲集のほとんどの曲に速度標語を付けていませんが、16分音符の3連符で書かれているので、見た目からすれば速めに弾く曲かなと思います。 例の1970年頃の全音出版の譜面を見ると、「アレグロ・モデラート  4分音符=80 」 となっています。




かつてはこの曲集は練習曲的に扱われていた


 このような速度標語は19世紀半ばころからの慣習によるものと思われますが、かつて、このバッハの平均律曲集は演奏会用ではなく、練習曲的に扱われたので、全体的にかなり速めの速度標語となっているようです。




カンタータ147番のソプラノのアリアのヴァイオリンによるオブリガード・パートに似ている

 しかし、この曲、ただの指ならしに使ったのではとても ”もったいない” 気がします。 この曲の譜面見ていると、何かに似ていることを気付きました。 「カンタータ第147番」 のソプラノのアリアのヴァイオリンによるオブリガード・パートによく似ていいます。

 カンタータ147番というのは有名なコラール 「主よ、人の望みのよろこびよ」 を含むカンタータですが、 このソプラノのアリアはたいへん美しい曲で、この曲の美しさには、ヴァイオリンのオブリガード・パーートが大いに貢献しています。




IMG_0005_20170812124806da7.jpg
カンタータ第147番のソプラノのアリア「備えて下さい、イエスよ、今なお道を」  上声部で16分音符の3連符で書かれたパートはヴァイオリンのパート。 アリア自体も美しい曲だが、このヴァイオリン・パートがとても美しい。 もちろんそんなに速くは演奏されない。 見た感じでは第6番のプレリュードによく似ていると思う。





ゆっくり弾いてもよいのでは

 つまり、この第6番のプレリュードは、遅いテンポで弾くのもありかなと思います。 アンドラーシュ・シフなどは比較的ゆっくり弾いていて、確かに美しく聴こえます。 このプレリュードは、1950~70年代など、時代をさかのぼるほど速いテンポで演奏される傾向があるようです。




IMG_0004_20170812124848253.jpg
単独の主題による、短めのフーガだが、主題はやや長めで、この主題をいろいろ変化させながら曲を組み立てている。




単独の主題によるフーガだが


 フーガの方は単一の主題による、比較的短いもので、主題は8分音符、4分音符、16分音符から来ていて、やや長めの素材となっています。 基本はこの素材のみで出来たフーガなのですが、このテーマを上下逆転して使ったりしています。さらにこの主題を構成する3つの要素を分解して用いたりなど、単独の素材を極限まで使い込んだフーガといえるでしょう。