中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

 パガニーニについては、当ブログでも何度か書き込んでいて、重複することも多いかも知れませんが、今度パガニーニのコンサトを行うに当たり、改めてお話しようと思います。


   Niccolo_Paganini01.jpg

   Nicolo Paganini (1782~1840 Genova)



古典派のギタリスト、および作曲家として知られているが

 パガニーニについては、私たちのようなギターをやっている者と、一般のクラシック音楽愛好者とでは、その印象もだいぶ違うのではないかと思います。

 ギターをやる者にとっては、まずは「ソナチネ(ハ長調)」や「ロマンス」などでその存在を知り、ジュリアーニやカルリなどと並ぶ古典期のイタリアのギタリストという認識があるでしょう。

 一方一般のクラシック・ファンの場合は、パガニーニのことは伝説的な超技巧派ヴァイオリストとして知っているでしょう。



一般にはギター曲を作曲していたことはあまり知られていない

 もちろんどちらも正しい訳ですが、私たちギタリストはパガニーニが多数のギター曲を書いたとしても、本来はレジェンドなヴァイオリストであることはよく認識しています。

 しかし多くのクラシック音楽ファンには、パガニーニが多数のギター曲、およびギターとヴァイオリンのための曲、ギターを含む室内楽などを作曲して、ギターも演奏していたなどということはあまり知られていないようです。



一般に演奏される曲はそれほど多くない

 確かに一般にパガニーニの曲のうちでよく演奏される曲と言えばヴァイオリン協奏曲の第1番と第2番、および24のカプリース、それにリストが編曲した「カンパネラ(原曲ヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章)」、ラフマニノフが作曲した「パガニーニの主題による狂詩曲(原曲カプリース第24番)」といったところでしょう。




若い頃数年間ギターに没頭した

 パガニーニは1782年イタリアのジェノバで生まれ、5歳頃からヴァイオリンを始めたが、13歳ではもう学ぶことが無くなったといわれています。20歳を挟む数年間はギターに集中し、この時多数のギター曲や、ギターを含む作品を多数書いたようです。



ヨーロッパ全土にパガニーニ旋風

 パガニーニがヨーロッパ全土で有名になったのは1828年、つまりパガニーニが45歳になってからのようです。しかしパガニーニがヨーロッパの音楽界に登場すると、その評価や人気は異常なほどとなり、「パガニーニ旋風」を巻き起こしたようです。そしてリストやシューマン、ショパンなどの音楽家にも大きな影響を与えたと言われています。


    paganini-01.jpg



盛っている?

 当時話題になったヴァイオリストだけに、パガニーニに関してはいろいろな逸話が残されていて、超絶技巧を身に付けるために悪魔に魂を売ったとささやかれ、ステージでは観客がその足元ばがりみていたとか・・・・  自らの技巧が盗まれないようにオーケストラに配ったパート譜はコンサートが終わるとすべて回収して次の演奏会場に向かったとか・・・・  偽物のチケットが出回ったために、自らコンサート会場の入り口でチェックしたとか・・・・

 これらの多くは、おそらく尾ひれが付いた、最近の言葉では「盛った」話にはなっているのではないかと思いますが、当時の多くの人がパガニーニことを、この世の人とは思えない大変神秘的なヴァイオリストと思っていたのは確かなようです。



信じられないが水銀投与

 パガニーニは1840年、58歳で亡くなりますが、死因は治療のために用いられた水銀による中毒とされています。信じられないことですが、今日では有毒というより猛毒である水銀を、当時は梅毒の治療としてもちいられていました。この水銀中毒で亡くなった人は当時のヨーロッパでは大変多かったようです。

 
スポンサーサイト
パソコンを買い替えた

 3日前にパソコンを買い替えました。この機会に初めて分かったことですが、世の中はwindows8、または8,1の時代になっているようだ。なお且つディスク・トップ型といっても、モニターとパソコン本体とが合体した形が主流で、従来のようなセパレーツ・タイプはもうあまりないのだそうです。 これではほとんどノート・パソコンと同じでは・・・・



IMGP0172.jpg
 スマホのような画面。 従来のパソコンを使っている人にはあまり評判はよくないようだ(特にシャット・ダウンがわかりにくい)。 ちなみにスマホではないので画面に触れても操作できない。



 このwindows8はこれまでのものとだいぶ変わっていて、今までのパソコンに馴染んだ人にとってはかなり使いにくいようです。要するにスマホのような画面になっているのですが、これがあまり評判よくないようです。私の場合は販売店のほうで従来のものに近い画面が出るように設定してもらったので、その点は何とかなっています。




IMGP0171.jpg
 販売店のほうで従来のような画面が出るように設定してもらった。かなり大きめの画面だが、横長なのでこのブログを書き込む画面は意外と小さい



ブログ更新出来る?

 前回の買い替え(8年前)の時にはすべて創にやってもらったですが、今回自力でデータやソフトの移し替えをやっているので、なかなか大変です。このブログを書き込む管理者ページもなかなか移し替えられずにいたのですが、メールで自分のアドレスに送信することでなんとか使えるようになりました(多分大丈夫?)。



ミュージック・タイムは動かない

 しかし楽譜を書くソフト(ミュージック・タイム)はこのwindows8では全く作動せず、おそらくwindows98やMeをこのパソコンに取り入れるしかなさそうです(創の話では)。 これもとりあえずは、古いパソコンのほうで作業するしかなさそうです。

 
IMGP0173.jpg
とりあえず、パソコンを2台並べて作業している。



パガニーニのコンサートの話だったのですが

 コンサートの話だったのですが、なんだかんだと時間がなくなってしまったので、今回は曲目だけで、詳しい曲目解説などは次回にします。




  中村俊三ギター・コンサート

   カプリース~ギターによるパガニーニ・コンサート

12月8日(日)16:00~  ひたちなか市アコラ



 # 伝説のヴァイオリスト、ニコロ・パガニーニは、超絶技巧的なヴァイオリン曲に加え、多数のギター曲、およびヴァイオリンとギターのための曲を書いた。 パガニーニの作品のみのギター・コンサートは比較的珍しい #


ギターのための37のソナタより、第6番、第8番、第12番

24のカプリースより、第24番「主題と変奏」

ヴァイオリンとギターのためのソナタホ短調作品3-6

ギターのための大ソナタイ長調(全3楽章)


 

入場料 2000円  要予約
Q : 4歳の女の子と2歳の男の子がいます。 二人ともギターに興味がありそうなので、ギターを習わせようかと思うのですが、何歳くらいから習わせるのがベストなのでしょうか。 


                                        30代 主婦



A : その4



小さいうちから始めるほうがよいのは確か 

 前回まで、優れたギタリストになるためには3~5歳くらいから始めるのがよいが、その年齢で始めれば誰でも上達するわけではなく、場合によってはギターへの意欲が全く湧かないまま、ただ「習い事としてやめずに続ける」ためにだけギター教室に通い続けることもある、いったことを話しました。

 ギターをはじめ、音楽に関することは小さいうちから始めるのが良いのは間違いないことですが、しかし音楽という性格上、意欲が伴わないとなかなか上達しないばかりか、仮に上達しても本人の人生にとってあまり有益なものではなくなってしまいます。



自分のお子さんに豊かな人生を送って欲しいという親心


 もちろんご自分のお子さんに小さいうちからギターを習わせるといっても、すべての親御さんがお子さんをプロのギタリストにしようとしているわけではありません。大多数の親御さんはお子さんに生涯にわたる趣味をもたせ、長い人生を豊かに過ごせるようにと考えてのことと思います。



熱心な愛好者は、意外と低年齢でギターを始めていない

 ところで、私の知る限りの、熱心なギター愛好家(=長年に亘って意欲的にギターに取り組み、コンサートやコンクールなどにも積極的に出場し、知識も演奏技術も高い人)たちが、いつ頃からギターを始めたかというと、この3~5歳くらいでギターを始めたという人は非常に少ないようです。

 その大きな理由として、かつては(私の年代の人)そういった低年齢からギターを始める人は、非常に少なかったと言うことで、早くて中学生で、高校生や大学生、あるいは社会人になってからギターを始めると言う人が主流だったと思います。

  

低年齢でギターを始めた子は少なくないはず

 低年齢、つまり3~5歳くらいでギターを始める子供たちが多くなったのは、30~40年くらい前からだと思います。私の教室でも、少なくとも10人くらい小学生、または小学生未満の子が習っていました。全国的にみればかなり多くの子供たちがギターを習っていたのではないかと思います。

 とすれば、今現在は、20~40代くらいで、小さいうちからギターをならったギター愛好家がたくさんいてもよいはずです。しかし意外とそうした人にはあまり出くわしません。この年代の人でも熱心にギターを愛好している人の多くは、やはりもう少し遅くなってからギターを始めています。

 もちろんそうした人(低年齢でギターを始めた人)のうちの少数の人は、現在第一線で活躍している優れたプロのギタリストになっているのでしょう。



自分の意志で始め、続けられる年齢

 低年齢でギターを始めた人が、必ずしもギターを生涯の趣味となっていない最も大きな理由としては、やはりギターを始めるきっかけや、続けることに意志が伴わないことにあるのでしょう。

 現在ギターを愛好している人の多くは、早くて中学生、あるいは小学校高学年、大多数としては10代後半くらいからと言う意味は、その歳にならないとなかなか自分の意志でギターをはじめ、また自分の意志でギターを続けられないものです。



4歳で自分の意志でギターを始めるのは、天才の証拠

 中にはセゴヴィアやイエペスのように4歳くらいから自分の意志でギターを、なお且つ独学で始めると言う人もいますが、もちろんこうした人は例外で、天才の天才たる所以でしょう。



では、ギターを始めるベストな年齢とは?

 結論としては、「始めたくなった時が、始める時」、「弾きたくなった時が弾く時」、といったところでしょうか。 そう思った年齢が5歳であっても、70歳であっても、その人にとってはその歳が 「ギターを始めるベストな歳」 となるのでしょう。


 ・・・・・・・ただ、ギター教師の立場からは、少しでも若い時期にギターを始めたくなって、ギターが弾きたくなって欲しい・・・・・


第29回中村ギター教室発表会

 昨日(11月10日)ひたちなか市文化会館で第29回中村ギター教室発表会を行ないました。 この会場(ひたちなか市文化会館)での発表会は震災などの影響で4年ぶりとなりますが、合奏や独奏など約30名の生徒さんなどが演奏しました。客席には100余りの人に聴きに来ていただきました。下の写真はリハーサル時のものです。


IMGP0023縮     IMGP0022縮    
  

IMGP0032縮  



演奏内容も、何度かリハーサルも繰り返したので、それぞれ普段の力が出せたように思います。


IMGP0040縮   IMGP0038縮




小学生から熟年者まで様々な年齢の人が出演しました。

IMGP0054縮    IMGP0076縮



IMGP0083縮    IMGP0117縮



IMGP0120縮


 

IMGP0148縮     IMGP0150縮



開演直前に撮った出演者全員の集合写真 

IMGP0152縮



今回、出場者がやや多くなったので、時間どおりに終わるかどうか、ちょっと心配だったのですが、特にトラブルなく進行できました。駐車場のほうも、ちょっと心配だったのですが、特に混乱もなかったようで、ほっとしました。

 次回は30回目の発表会(予定では再来年)となるので、さらに多くの人に出演してもらえればと思います。



IMGP0170縮

発表会の時には家内の手助けが絶対必要。受付から、お茶の用意、後片付けなどこの日は大忙し(写真も家内)。

中村ギター教室発表会   11月10日(日)14:00~  ひたちなか市文化会館小ホール


 明後日の日曜日に、ひたちなか市文化会館で私の教室の発表会があります。 私の教室の生徒さんのうち、約半数にあたる30人が、合奏や独奏などで出演します。 時間は14:00~16:30くらいと思いますが、足を運んでいただけたら幸いです。 入場無料で、開場は13:30です。
       
                    ・・・・・・ではQ&Aの続きを





Q : 4歳の女の子と2歳の男の子がいます。 二人ともギターに興味がありそうなので、ギターを習わせようかと思うのですが、何歳くらいから習わせるのがベストなのでしょうか。 


                                        30代 主婦



A : その3



 第1線で活躍しているプロのギタリスト、特に最近の若手ギタリストのほとんど3~5歳くらいでギターを始めて、ピアノやヴァイオリンなどの分野でもだいたい同じか、あるいはちょっと早い時期に始めている、といった話をしました。

 そういった意味ではこの質問者の二人のお子さんたちは、ギターを始めるのにちょうどよい年齢と言ってよいでしょう。 特にこのお子さんたちの場合、両親の関係で、ギターや音楽が身近にある環境で育っていて、ギターへの関心も高いようです。 将来優れたギター愛好家、場合によってはプロのギタリストになる可能性は十分にあると思われます。



逆は成り立たない

 しかし一般論として、 <優れたプロ・ギタリスト = 3~5歳でギターを始めている>  ということは成り立ちますが、その逆、つまり <3~5歳でギターを始めた子 = 優れたプロ・ギタリストになる>  ということは必ず成り立つわけではありません。
 
 まず、はやりその子の適性というものがあり、適性が合わなければなかなか上達しないばかりか、レッスン自体が、習う方も、教える方もたいへん辛いものになってしまうこともあります。 



上手にはなるかも知れないが

 もっとも、この3~5歳頃というのは、基本的にどの子も天才的な要素があって、仮にギターが特に好きでなかったとしても、この時期から始めることによって、その優れた能力が引き出されることはよくあります。

 しかしこうした年齢でギターを始め、潜在能力が開花し、本人の意思とは関係なくギターが上達したとしても、はたしてそれがよいことなのかどうかはわかりません。

 小さいうちからギターを始めた場合、よく、ギターを習うということが、単なる”習い事”となってしまう場合があります。 つまり毎日決まった時間家で練習し、毎週決まった時間に教室の行く、ということが一つの義務的なものに留まってしまうわけです。

 ギターの上達に従ってギターへの興味も増して行ければたいへんよいのですが、残念ながらそうはならないこともあります。



練習したくない時には練習しない子のほうがよい

 もちろん大人でもギターを始めたけど、途中で面白くなくなった、ということはよくあるでしょう。 大人の場合でしたら、そうした時には当然自分の判断で習うのをやめるでしょう。

 小さい子供でも面白くなくなったら「やめる」と言い出す子もいますが、そういう子は特に問題ありません。もっと自分合ったことを探せばよいだけです。

 しかしそうでない子も意外と多く、仮に興味をなくしてしまったとしても「面白くなくなった」とは言えない子も少なくありません。 

 また練習したくない時には練習しないという子も、それはそれでいいように思います。そうした子は、逆にギターを弾く時には弾きたくて弾くわけですから。

 練習したくなくても、先生や両親のことを考えて、毎日決まった時間は必ず練習し、本当はギターが嫌いなのだけれど両親や先生には決して言わない・・・・ そんな子は決して少数派ではありません。



子供と言えど、途中でやめるのは挫折感を伴う

 両親のほうでも、仮にその子があまり意欲的にギターをやっていなかったとしても、「始めたのだから途中でやめないほうがよい」と言う事もあるでしょう。 

 またその子自身も途中でやめるということは、一種の挫折感を感じるので、自分からは「やめたい」とは言わない、ということもあるのでしょう。

  

がんばる気持ちを最大限尊重するしかない

 このような場合、「無理してギターやらなくてもいいんだよ、もっと自分にあった趣味があるかも知れないからね」 といってやるのが一番いいのかも知れません。 私の場合でも、その子が習い始めて1年とか2年くらいだったら、確かにそのように言うこともあります(ごく稀にですが)。

 しかしすでにもう何年もギターを習っている場合、「やっぱり君にはギターは向いていなかったね」 などということは絶対言えないでしょう。それまでがんばってきたことをすべて否定してしまうことになるからです。

 そうしたケースでは、その子のがんばっている気持ちを最大限尊重してあげることしか出来ないでしょう。

 
 
Q : 4歳の女の子と2歳の男の子がいます。 二人ともギターに興味がありそうなので、ギターを習わせようかと思うのですが、何歳くらいから習わせるのがベストなのでしょうか。 
              
                                     30代 主婦



A : その2



村治昇さん著作とテキスト

 幼児のギター教育としては、村治佳織、奏一姉弟を優れたギタリストとして育てた、の父親の村治昇さんが書籍や、テキストを出版しています。 自らの経験貴重な経験を生かした著作や教材なので、小さいお子さんにギターを勧めようと思っている方には、たいへん役に立つものと思います。


ブログ 148
村治昇氏の著作。 小さい子供のギター教育に関する話や、佳織さん、奏一君のこと、木村大君兄弟、長崎の益田兄弟、私の息子の創の写真なども載っている。



ブログ 149
村治昇氏の幼児用ギター・テキスト  小さい子が楽しみながらギターを学べるようになっている

 


私の息子の場合は


ブログ 151
創1歳頃。ギターがおもちゃで、よく舐めて、ベトベトにしていた



♪レーゾーコーーにおばけがでたー♪

 私の息子の創(はじめ)がギターを始めたのは5歳からです。 家がギター教室なので、まだ歩けない頃からギター(どちらかと言えばウクレレ)をおもちゃ代わりにしていました。ギターを舐めてベトベトにしたり、ウクレレをかきならしながら自作の歌を歌ったりしていました。


      ブログ 150
2~3歳頃、ロック調で、「レーゾーコーーにおばけがでたー」 とウクレレをかき鳴らしながら自作の歌を歌っていた。 なぜ「冷蔵庫にお化けが出た」のかは、私たちにはわからない(この写真は1歳2ヶ月の頃)。



3歳頃のレパートリーは「ソ・ミ・ミ」と「レ・ラ・レ」

 3歳頃「ちょうちょう」ので出しの「ソ・ミ・ミ・」だけは覚えたのですが、その先は弾けませんでした。家で合奏の練習がある時には、大勢の人が来るのが楽しみだったようで、よく母親の足元で遊んでいました。その当時は母親も合奏に加わっていました。 その頃、合奏でビゼーの「ファランドール」をやっていて、その曲の出だし、つまり開放弦で「レ・ラ・レ」だけを弾いていました。



5歳の夏休みから

 木村大君とは、私たち父親どうしが知り合いだったので、小さい頃はよく遊びにいっていました。5歳の時の幼稚園の夏休で、木村大君がギターをやっている話になり、「創もやってみないか」ということでレッスンが始まりました。

 その日は1時間くらい練習をしましたが、「ソ・ミ・ミ」だけだった「ちょうちょう」も最後まで弾き、「ちょうちょう」が弾けるようになると、他にも何曲か弾くことが出来ました(もちろん簡単なメロディだけ)。 その次の日からは、約30分くらいですが、毎日ギターを弾くようになりました。



何か一つくらい出来るものがあれば

 その時は、特にプロのギタリストを目指すとかといったことは全く考えていませんでしたが、息子の場合、どうもスポーツ関係はすべて不得意で、何か一つくらい出来ることがあれば、ということで教え始めました。



練習は嫌いだが、聴いてもらうのは好きだった

 練習はあまり好きではなかったのですが、人前でギターを弾くのは好きだったようで、誰か聴いてくれる人がいると、喜んでギターを弾いていました。 また、合奏も好きで、小学1年生の頃から大人に混じってメンバーに加わっていました。
 
 小学2年生の時から学生ギター・コンクールに毎年出るようになりました。最初の時は4位でしたが、次の年の小学3年生から中学1年生まで、6回続けて2位となりました(因みに1位は木村大君、または村治奏一)。

 ブログ 153
村治奏一君(上) 木村大君(左) 創(右)