中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

昨日(7月5日) ひたちなか市、アコラで、Giverny Salon(愛好家の集い)が行われました。自由演奏会の演奏者と曲目は次のとおりです。


中川真理子、中村俊三 : カンタービレ(ランクラージュマンより~ソル)

熊坂勝行 : ロンド作品48-6(ソル)

代永英雄 : ひまわり(マンシーニ)、 メヌエット(ボッケリーニ)

名川晴美 : アルハンブラの想い出(タルレガ)

西田尚輝 : 月光(ソル)

尼子    : 練習曲作品6-2、6-11、6-1 (ソル)

熊坂勝行 : 前奏曲第2番(カルレバーロ)、愛のワルツ(ノイマン)


またミニ・コンサートとして私が以下の曲を弾きました

ホアキン・マラッツ : スペイン・セレナード

イサーク・アルベニス : アストゥリアス、グラナダ、カディス、朱色の塔、コルドバ、セビーリャ

(アンコール曲として) ローラン・ディアンス : タンゴ・アン・スカイ 


 今回はいつもに比べると、演奏した人はやや少なめでしたが、聴きに来た人を含めると約十数名の参加者でした。アコラ管理人の熊坂さんは今回上記の3曲を披露しましたが、そう言えば毎回異なる曲を演奏しているのではないかと思います。今回は高橋達男氏製作によるアントニオ・トーレスの小型ギターのレプリカによる演奏でしたが、よく響いていました。演奏内容も3曲ともすばらしかったと思います。

 私の演奏曲目のうち、アルベニスの6曲は11月29日のひたちなか市文化会館でのリサイタルで弾く予定の曲で、それぞれ2~30年くらい前から弾いている曲なので、もう少し完成度を上げたいところもありますが、それは11月の時までとっておきましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する