中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

昨日(8月3日)ギター文化館で佐藤純一ギター・リサイタルを聴きました。演奏曲目は以下のとおりです。

フェルナンド・ソル : 12のメヌエット作品11より
             第1番 ト長調
             第2番 ト短調
             第3番 ト長調
             第4番 ニ長調
             第5番 ニ長調
             第6番 イ長調

             練習曲 ハ長調 Op.6-8  (セゴビア番号 1)
             練習曲 ロ短調 Op.35-22  ( 5 )
             練習曲 イ長調 Op.6-6  ( 12 )
             練習曲 イ長調 Op.6-12  ( 14 )
             練習曲 ホ短調 Op.6-11  ( 17 )
             練習曲 変ロ長調 Op.29-1  ( 19 )
             練習曲 ハ長調 Op29-5  ( 20 )
       *Op.6-6、およびOp.29-1はプログラムには記されていませんでした。

             魔笛の主題による変奏曲 作品9

      ・・・・・・  休憩  ・・・・・

アウグスティン・バリオス : 大聖堂

フランシスコ・タルレガ : グラン・ホタ
               : アルハンブラの想い出

カルロ・ドメニコーニ : コユンババ


       * アンコール曲として

アウグスティン・バリオス : ワルツ第3番 

フランシスコ・タルレガ : アラビア風奇想曲

ローラン・ディアンス : タンゴ・アン・スカイ


 以上のようにかなりのボリュームのコンサートで、特に前半はソルの作品、計14曲で50分は超えるものでした。楽器は1829年製のルイス・パノルモを使用とのことで、楽器の構造上、大きな音は出せないと言っていましたが、低音や高音の主旋律はよく聴こえていました。主にアルペジオなどの中音域はかなり抑えられていましたが、それは楽器上の問題ではなく、演奏者の意図と考えるべきでしょう。佐藤君の演奏はそうした楽器の関係もあってか、どちらかと言えばソフトな音楽になっています。

 ソルの名曲「魔笛の主題による変奏曲」は佐藤君が1992年に学生ギター・コンクールの大学生の部で優勝した時の曲、私もその時会場にいて聴いていました。その時審査委員長をしていた今は亡き阿部保夫先生が「特に序奏が良かった」と言っておられたのを記憶しています。この日の演奏も全体にとても自然な音楽に聴こえていました。

 後半の演奏では特に「グラン・ホタ」が印象に残りました。左手のみのレガート奏法、親指の爪を効果的に用いたタンボラート奏法、猫の鳴き声を模したグリサンド奏法、スネア・ドラムを模した奏法などたいへんすばらしく、会場に来ていた人たちもたいへん楽しまれたのではないかと思います。

 最後のコユンババも久々に聴きましたが、技巧に走りすぎる事もなく、じっくりと音を聴かせていました。この曲は今井勇一氏の楽器を使いましたが、その重厚な音は曲によくあっていた感じでした。なおタルレガとバリオスは田邊雅啓氏の製作の楽器使用とのことでした。

 

                          
スポンサーサイト
コメント

忙しい中、お越しいただきまして、ありがとうございました。
また、もったいないほど、おほめいただいて、たいへん恐縮しております。
2008/08/06(水) 23:06:32 | URL | サトジュン #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する