fc2ブログ

中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

グレーな音符たちのその後 5



ヘンツェ : ノクターン




教材としては有名だが、作曲家の詳細はわからない

 この曲もギターを習っていたり、あるいは教えている人にとっては馴染みの深い曲ですね。初級~中級程度の小品と言えるでしょうか。特に難しい曲ではないですが、弾き方次第では美しい曲になりますね。曲の方は有名なのですが、作曲者のカール・ヘンツェと言う人について検索してみたのですが、なかなかヒットしません、ドイツ人で生没年が1872~1946年ということしかわかりませんでした。



初版の情報などもないが

 譜面につても、だいたい市販されているのは以下のようなものですね(ドレミ楽譜出版)。初版などの情報はありませんが、おそらく特には変わらないものではないかと思います。



ノクターン3
聴いた感じは全く変ではないが



聴いた感じでは、特におかしいところがない

 この譜面通りに弾いても、特におかしな点はありません。グレーな音符とは言っても、音符自体にはグレーな点はありません。まあ、ちょっとした書き方の問題なのですが、赤矢印のところにちょっと気になる点があります。



メロディだけだと変

 問題の個所を拡大すると下の通りですが、この譜面からすると、ひと段落するところのメロディが ミーファード となっていますね。そうでしょうか、これで曲というか、フレーズが終われるでしょうか? これ、誰しも変に聞えるんじゃないかと思います。小学校とか、中学校の音楽の授業で、こんなメロディ作ると、先生から 「これじゃメロディになりません」 なんて間違いなく言われるでしょうね。




ノクターン1
譜面の書き方からすると、赤い線がメロディの終わりの部分となるが、この ミーファード は如何にも変、曲が終わらない。




棒の向きがおかしい

 しかし、メロディ(上向きの音符)だけでなく、楽譜通りに全部の音を弾けば、全くおかしくありませんね。 皆さん、もう気が付いたと思いますが、実は下向きに書かれている音符の 「ラ」と「シ」もメロディなのですね。本当は下のようにそれらの音符も上向きに書くべき音です。



ノクターン2
本当はこのように棒の向きを書くべき




ラ、シを伴奏とすると、コードもおかしい

 このように ミーファラシド とメロディを考えれば何の問題もなくなります。因みにこの「ラ」と「シ」が伴奏の音、つまりコードの音だと考えると、ここのコードが 「Gナインス」 ということになります。ナインス・コードからトニック(主和音)に進んでも別に問題ありませんが、曲全体がシンプルに出来ているので、ここに突然ナインス・コードはちょっと唐突で不自然でもあります。


 というわけで、ここの部分では、音自体には問題ないが、音符の棒の向きが違っているということで、解決となります。それでおしまいと言えばおしまいで、あとは私の勝手な妄想ということになります。



単純ミス?

 では作曲家、あるいは出版関係者のミスで、棒の向きが逆になってしまったのかと言ことですが、私にはどうも単純にそうは思えないところもあります。 



ショパンのノクターンの影響がある

 曲目のノクターンといえば、やはり何と言ってもショパンですね、19世紀後半以降、こうした曲が作曲される場合、どうしてもショパン抜きには考えられないでしょうね。この曲もおそらくショパンのノクターンの影響でか書かれたと思われます。下は有名なノクターン(作品9-2)を、このヘンツェのノクターンと同じくハ長調にアレンジしたものです(かなり易しくアレンジしている)。



ショパンノクターン
赤線のところの5つの音 ミ、ファ、ラ、シ、ド はヘンツェのノクターンと同じ



フレーズの終わりの5つの音はショパンの曲と同じ

 なんだか雰囲気似ていますね。原曲は変ホ長調(♭3個)で、ピアノ曲なので音の数も多いですから、それとは見た目だいぶ違いますが、このようにハ長調のギター曲にアレンジすると似ているのがよく分かります。 さらに赤線の5つの音は、音符の長さこそ違いますが、音の進行は全く同じですね。



ショパンのイメージがぬぐえなかった?

 ここまで似ていると、誰もがショパンのノクターンを参考にしている、もうちょっと平たく言えばパクリだということがわかると思います。おそらく作曲者も同じにはしたくはなかったのではないかと思いますが、どうしてもショパンのノクターンが頭から離れなく、他の終わり方が出来なかったのかも知れませんね。



隠ぺい工作?

 そこで、形の上ではショパンのノクターンと同じにならないように、ラとシを伴奏扱いにして、ショパンのノクターンと同じように見えないようにしたのかな? つまり、パクリ疑惑の隠蔽? 勘ぐりすぎかな?




スポンサーサイト



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する