fc2ブログ

中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

木村大×アンドリュー・ヨーク×押尾コータロー
  スーパー・ギター・トリオ・コンサート


2月12日(月) 土浦市民会館




 茨城県出身のギタリスト、木村大、サンバーストなどの作曲家でもあるアンドリュー・ヨーク、アコースティック・ギタリストの押尾コータローのコンサートが土浦でありました。



CCI_000336.jpg




アコースティック・ライブと言った感じ

 木村大君については紹介の必要はないと思いますが、ご存じのとおり(?)レパートリーやアンプ使用などからしても、クラシック・ギタリストというよりはアコースティック・ギタリストと言えるでしょう。このコンサートでも、そのアンプ使用、ステージ照明、トークと、アコースティック・ライブと言った感じのコンサートです。




CCI_000338.jpg



異なる設定だが

 それぞれ著名なギタリストによる独奏、二重奏、三重奏によるコンサートで、押尾氏はスチール弦(アコースティック・ギター)、大君とヨーク氏はナイロン弦で、それぞれ内臓マイク(いわゆるエレアコ)使用、おそらくヨーク氏は外部マイクだったように思います。

 このように3人とも異なる楽器と設定によるコンサートだったのですが、意外なほど違和感がありませんね。スチール弦もナイロン弦もアンプの調整次第ではあまり変わらなくなるようですね。 でもヨークの音はたいへん美しいでした。

 



CCI_000337.jpg




押尾コータローも茨城出身?

 この会場はおそらく千人前後のキャパだと思いますが、開演前から長い列が出来て、ほぼ満席といった感じでした。木村家の人々はもちろん、押尾氏の家族、親戚の方も来ていたそうで、押尾氏も茨城出身だそうです。




一曲ごとに楽器を変える

 押尾氏は一曲ごとに楽器を変えていましたが、これはおそらくチューニングのためと思われます。ポピュラー系のコンサートでは、それが普通という話は、 聴いたことがあるのですが、本当にそうなんですね。

 結局、押尾氏はステージ上で全くチューニングをしないで、チューニングはすべて他のスタッフが行ているようでした。クラシック・ギタリストは、どんな大御所級でも自分でチューニングするので、こうしたことは全く考えられませんね。それにしても、押尾氏の弾き方は見ているだけではよくわかりません。



最後はラヴェルのボレロで

 3人、それぞれのオリジナル曲やポピュラー系の曲が中心のコンサートでしたが、最後にラヴェルの「ボレロ」をトリオで演奏しました。誰の編曲というより、3人それぞれ自由に弾いているような感じでしたが、クラシック曲でも、こういった曲はこの3人のギタリストによくはまりますね。 来場した人々もみな十分に楽しめたコンサートだったと思います。
スポンサーサイト



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する