中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

 今日(10月5日 日曜日) つくば市で行われた 「第5回 レーベンハイム・コンサート」 で演奏をしました。このコンサートは同市にお住まいの大山さんご夫妻宅で行われたコンサートで、この企画は今回で5回目だそうです。演奏は私のギター独奏の他、フルーテストの三澤美佳さんと大山さんの奥様の光江さんとのデュオがありました。リコーダーなどを愛好している方、国際交流活動をしている方、外国からの留学生など約20名くらいの人たちが聴きに来ていました。


 私の演奏曲目は今度のリサイタルの前半のプログラムの、パガニーニ、ジュリアーニ、バッハなどで、ホーム・コンサートとしては重厚すぎましたが、とても熱心に聴いていただいた感じがしました。


 三澤さんと光江さんのデュオでは、夢うつつ(メッザカーポ)、G線上のアリア(バッハ)、埴生の宿(ビショップ)、対話風小二重奏曲よりロンド(カルリ)が演奏され、他に光江さんの独奏で、クリスマスの歌(バリオス)、三澤さんのソロで、シリンクス(ドビュッシー)、チャルダッシュ(モンティ)が演奏されました。私自身の演奏が終わってから聴いたのですが、自分の演奏の疲れが癒されるような、とても和むフルートの音でした。


 カルリのギター二重奏曲をフルートとギターという形で演奏されましたが、三澤さんがご自分で付けたと思われるアーテキレーションは、ギターでこの曲を演奏する時にとても参考になるように思いました。フルーテストがこの譜面を見ると、このように感じるのでしょうか。


 日常的のこうしたコンサートが行われるのは、つくば市ならではでしょうか。これからもずっと続けて行かれるとよいと思います。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する