中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

イサーク・アルベニス : セビーリャ

 今回のリサイタルの最後はセビーリャです。アルベニスの中ではアストゥリアスに並ぶ人気曲で、私のリサイタルだけでなく、よくコンサートの最後に演奏されることが多い曲です。それだけ華やかな曲なのですが、⑤=ソ、 ⑥=レ という変調弦にも関係があります。中にはこうした変調弦など全く関係なくプログラムを組むギタリストもいますが、普通、こうした変調弦の後、通常の調弦の曲を弾くのは、演奏中にチューニングが狂ったりして、結構いやなものです。多くのギタリストはそうした調弦を考慮した上でプログラムを組みます。


 気付いた方もいるとは思いますが、この私のリサイタルでも前半の最初の3曲は通常のチューニング(⑥=ミ)、バッハの2曲は⑥=レ、となっていて、後半はアストゥリアス、グラナダ、カディスが⑥=ミ、 朱色の塔、コルドバが⑥=レ、 セビーリャが⑤=ソ、⑥=レ というようにチューニングに応じて曲が並んでいます。こうすると演奏中のチューニングが安定しやすいのと、結果的にですが、それぞれの調が5度づつ下がる感じになって耳に馴染みやすくなると思います。例えば後半は、アストゥリアス(ホ短調)、グラナダ(ホ長調)-カディス(イ長調)-朱色の塔、コルドバ(ニ短調)-セビーリャ(ト長調)というようになります。


 話は戻りますが、セビーリャは前の曲のコルドバど同じくグアダルキビール川沿いにある町ですが、コルドバよりは下流にあって、町の規模も大きく、この地域の中心都市になっています。一応内陸にはありますが、比較的大きな船でもさかのぼれて、「日の沈まぬ国」と言われた大航海時代にはカディスやリスボンと並ぶ港町として賑わったそうです。


 アルベニスの曲はご存知のとおり、そのほとんどに地名が付けられていますが、多くの場合その地名と実際の曲とは相関関係がありません。ただしこの曲に関しては「セビーリャナス」というこの町の名が付いたフラメンコのリズムで書かれ、珍しく曲名と曲の内容が一致しています。


 多くのギタリストがこの曲を弾く時は、なるべく速めのテンポで、またより激しく演奏します。フィナーレを飾るのにふさわしくとか、演奏者自らのヴィルトーゾぶりを発揮するためなどということだと思いますが、原曲の譜面を見ると4分音符が1分間に100という指示で、特に速くということではないようです。アストゥリアスなどほとんどのアルベニスの曲は一般にピアニストの演奏の方が速いのですが、この曲に関してはピアニストの方がゆっくり弾いていて、セゴビアなどの多くのギタリストの方が速く演奏しています。本当はどちらかと言えば 「急速で激しい曲」 ではなく、「軽快で楽しい曲」 なのではないかと思います。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する