中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

 しばらくぶりの更新になりますが、練習で忙しかったというより、さすがこのところ疲れがたまってか、今月に入ってから指、特に右指に異常を感じ始めました。左右の肩から腕にかけて痛みがありますが、左の方は若干痛む程度で、ギターを弾くにはそう支障はありません。しかし右の方は痛むだけでなく、弦を弾いた時に、明らかに違和感があり、特にアポヤンド奏法で弾くと指に力が入らなくなるような感じがします。このところキーボードをたたくのも、箸を持つのもちょっといやな気がします。


 これまでの経験から、こういうこともあるかなと一応は想定していたのですが、先月まで結構ハードに練習しても特に異常はなかったので、ちょっと油断したかも知れません。これまでの疲れが溜まってきたことが一番大きな理由だと思いますが、他に精神的なものとか、気温とか、またこのところ風邪なのかどうか、ずっと頭痛が続いていることなども関係しているのかも知れません。


 この10日間くらいは練習といっても右指は軽く弦に触る程度で、本当に小さな音で練習していました。昨日はひたちなか市文化会館でリハーサルを行い、それまでほとんど音を出さずに練習していたので、どうなるかと思いました。家で弾いていた時よりは音は出せましたが、それでもだいぶ音が小さかったようです。全体的にもこれまで他の機会に演奏した時方が残念ながら良かったようです。やむをえないことですが。


 とりあえずこの3日ほど練習は控えようと思いますが、レッスンはあるので全くギターに触らずいることも出来ません。こんな時には簡単なメロディを弾くのも結構嫌な感じがしてしまいます。今日も全然練習をしないつもりではいたのですが、そのレッスンの合間に気になる個所などをついつい弾いてしまい、結局1時間ちょっとは弾いてしまったかも知れません。


 これまでもギターを使わず頭の中だけで練習をするようにはしているのですが、この場合暗譜についてはかえってこのほうが良いくらいで、左手もまあまあ練習になります。でも右手についてはあまり練習になりません。テンポとか曲想も頭の中だけではなかなかわかりにくい感じです(人によるかも知れません)。


 ちょっと暗い話になってしまいましたが、演奏会前にあっちこっち具合が悪くなるのはいつもの事、演奏会当日になればそんなこと関係なくなると思います。その後しばらくギターが弾けなくなっても別に構いませんし。当日はすべてを忘れて弾きたいと思います、セビーリャの最後の「ソ」を目指して。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する