中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

       本 003


       本 004


② バッハの音符たち
③ モーツアルトの音符たち
④ ブラームスの音符たち
⑤ シューベルトの音符たち    池辺晋一郎 著    音楽の友社



「この本はアナリーゼの本ではない」と言いつつ・・・・

 作曲家で、NHKの番組や、水戸芸術館でもおなじみの池辺晋一郎氏の著作。大作曲家の書いた音符がどういった意味をもっているか、どういった意図で書いているかといったことについて書いています。アナリーゼ的な要素もありますが、本の中では著者は「この本はアナリーゼの本ではないので」と時折否定しています。得意?のオヤジ・ギャグをちりばめての、比較的軽い文章で書かれていますが、内容は決して薄いものではなく、作曲家ならではの視点に立った一歩踏み込んだものです。ほとんどの場合、対象の曲全体について述べているのではなく、著者が気になったある1点について掘り下げてゆくといった書き方をしています。2000年から2006年にかけて音楽の友誌に連載されたものを単行本化したものだそうですが、音楽学者や評論家の見方とは違い、現場の生の声といった感じがします。ここで取り上げている曲は多くは比較的有名な曲ですが、その曲をよく知らないと、文章の意味が少しわかりにくいかも知れません。そうした場合、この本をきっかけにその曲を聴いてみるのも一つかと思います。


ただの装飾音符ではない

 このシリーズ第1作の「バッハの音符たち」ではバッハの作曲の仕方について、著者の気になる視点から書かれていますが、非和声音の使い方、またその意味合い、旋律の構造、フーガやカノンなどにおける高度な作曲技術などについて触れています。またオルガン曲として有名な「トッカータとフーガ ニ短調」では印象的な冒頭のモルデント(ラ-ソ-ラ)が全曲を支配するなど、バッハの初期の作品ですが、非凡な作品であることを書いています。


もしモーツアルトでなかったら

 「モーツアルトの音符たち」では、特にメロディの作り方について書いてあり、自然なメロディとはどう言ったものか、など言ってみれば上行、下行のメロディの運動法則のような点に触れています。またそのメロディに込められたモーツアルトの意図や発想、あるいは天才ぶりを、「もしモーツアルト以外の人が作曲したら」と言った譜例をあげながら論じています。モーツアルトには親しみやすい曲が多いだけに、この文章の意味も比較的理解しやすいと思いますし、この本を読んだ後にはそれらの曲を聴いてみたくなるのではないかと思います。


噛めば噛むほど

 「ブラームスの音符たち」は、決して派手ではないが、凝りに凝った作品、わかりやすそうで難解なブラームスの作品について、そのこだわった細部などについて論じています。最初の交響曲を、その着手から発表までに20年かけたほどの慎重なブラームスですが、たいへんな勉強家で、かなりの教養人でもあったようです。その結果ブラームスの作品には幾重にも仕掛けがなされ、一筋縄では理解出来ないものが多いのも確かです。私も若い頃はブラームスが苦手でしたが(ピアノ協奏曲第2番とか、交響曲第4番とかを別にすれば)、聴けば聴くほど味が出るのも確かでしょう。


18歳の少年が・・・・

 「シューベルトの音符たち」は、作曲することが人生のすべてだったようなこの作曲家の、主にその非凡な表現力について述べています。18歳で作曲された「野ばら」、「魔王」、最も人気の高い作品「未完成交響曲」、ベートーヴェンを意識した「グレート(交響曲第7番)」などのシューベルトの代表的な作品について著者の独自の視点で切り込んでいますが、特に「冬の旅」では、曲集が進むにつれて増してゆく陰惨さを、シューベルトがどのような音で表現しているかを書いています。この曲を聴くための格好の案内書ではないかと思います。


 なおこのシリーズの第5弾の「ベートーヴェンの音符たち」もすでに発売されていますが、私はまだ読んでいません(現在取り寄せ中)。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する