中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

 昨日=1月31日(土) ひたちなか市アコラで行われたジヴェルニー・サロンに行きました。悪天候にもかかわらず、いつものように熱心な愛好者が参加し、ロミオとジュリエット(ニノ・ロータ)、ソルおよびブローウェルのエチュード、アンクラージュマン、舞踏礼賛、アリアと変奏(フレスコバルディ)などが演奏されました。アコラで行われるイヴェントとしては今年最初のものです。
 

 ゲスト演奏は茨城県出身で群馬の伊藤博志氏に師事した谷島崇徳さんで、独奏で、前奏曲第2番(ヴィラ・ロボス)、雪が降る(パティーニョ)、タンゴ・アン・スカイ(ディアンス)、フェリシダージ(ジョビン~ディアンス編)を演奏し、夫人の谷島あかねさんのピアノとのデュオで、はかなき幻影、ドリーム・チャイルド(佐藤弘和)、コルドバ(アルベニス)を演奏しました。


 谷島さんはこうしたラテン系の曲が得意なのでしょうか、たいへんセンスの良さが感じられました。「この曲はあまりラテン系の感じがしない」と言って演奏した「タンゴ・アン・スカイ」もラテン系のリズムが感じられました。


 ピアノとのデュオはご夫婦らしく息のあったものでしたが、佐藤弘和氏の曲はオリジナルの作品なのでしょうか、とても楽しめる作品でした。コルドバはちょっと「遊び」の入った編曲でした。


なお次回のジヴェルニー・サロンは2月28日で、ゲストは大島直さん、次は3月14日でゲストは私です。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する