中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

本日石岡市のギター文化館で、第4回シニア・ギター・コンクールが行われました。その結果を報告します(敬称略)。


シニアの部

第1位  黒江春海

第2位  上野惠子

第3位  古都(ふるいち)隆

第4位  杉澤百樹

第5位  村田 浩

第6位  菅原貞司




ミドルの部

第1位  鈴木幸男

第2位  佐々木みこと

第3位  村上尚代

第4位  土方康之

第5位  上原 淳(すなお)

第6位  佐鋪(さじき)政男


 シニアの部第1位の黒江さんは的確な技術で、バッハの「プレリュード」、クレンジャンスの「ミラネーゼ」、ソルの「練習曲第17番」を弾きました。ソルの曲ではもっと和声などを考慮した演奏が望まれるといった藤井審査委員長のコメントがありました。第2位の上野さんはヴィラ・ロボスの「ガヴォット・ショーロ」をたいへん美しい音で弾きましたが、「ガヴォット」にしてはテンポが遅すぎるのではというコメントでした。第3位の古都さんはキケ・シネシの「澄み切った空」をしっかりしたリズムで弾きましたが、オスティナート的な伴奏部に比べて上声部がやや不明瞭といったコメントでした。


 ミドルの部第1位の鈴木さんはトゥリーナの「ファンダンギーリョ」とトローバの「マドローニョス」を表現力豊かに演奏しました。「意図のよくわかる演奏」というコメントでしたが、「過剰気味」という意見もありました。第2位の佐々木さんはソルの「魔笛の主題による変奏曲」を完璧な技術で演奏しました。1位、2位はかなりの接戦でした、表現力とか音楽的解釈といったことで、この結果になったのでしょう。第3位の村上さんはブローウェルの「エチュード」とメルツの「エレジー」を弾きました。ブローウェルのアルペジオ風のエチュードはとても美しく聴こえました。メルツの難曲と言っていい、この「エレジー」もかなりよく弾き込まれていたと思いますが、さすがに正確な音価がとりきれなかったところがあったようです。


 なお本選出場はなりませんでしたが、予選で印象に残る演奏をされたということで、シニアの部、結城薫さん、見原邦子さん、ミドルの部、種谷信一さんに努力賞が贈られました。


 先日書いたとおり、今回は審査員の一人として聴いたので、とても緊張して聴きました。当然のことですが、演奏の良し、悪しの「順位」などをつけるのは本当に難しいことです。明日(5日)にはコレクション・コンサートもあるので、今日のところはこのへんにします。

スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/06(土) 08:02:23 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する