中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

    腕の重みでギターを支える

 右手の話に入る前にギターの持ち方の話をしなければなりませんが、詳しくは別の機会にして、簡単に話しておきます。ネックは「目」の高さくらいにし、やや前に出します。右ひじをボディの一番膨らんだあたりに乗せ、その腕の重みでギターを支えます。表面板の角に上腕部のひじの間接付近がくるとよいでしょう。上腕部の中央付近や、二の腕がくるのはよくないと思います、またひじでギターを自分の体のほうへ押し付けるのもよくありません。右腕の重みだけでギターを固定するのが大事です。そうしないと左手のポジションが変わるたびにギターが動いてしまったり、両方の手の脱力が出来なくなったりします。


    手首の間接は曲げない

 次に手首をサウンド・ホールの右端のあたりにもって行き、弦を軽く掴んで下さい。この時手首の間接は曲げないようにし、正面から見て(鏡で見ればよいと思いますが)、腕と親指を除く4本の指が一直線になるようにします。結果的に親指以外の指は弦は斜めに(45度前後)あたるようになると思います。かつては手首を折り曲げ、弦に対して直角になるようなフォームで弾いているギタリストも多かったのですが、最近のギタリストの多くはこのようなフォームで弾いています。この方法が最も合理的で、指やひじへの負担も少なく、また音色的にもよいとされています。


    i、m、aのアポヤンド奏法

<爪の親指側のほうで~次の弦で止まる> 
 ギターの弾き方には基本的に「アポヤンド奏法」と「アルアイレ奏法」がありますが、まず人差し指(i)、中指(m)、薬指(a)の「アポヤンド奏法」から話を始めます。手首全体は前述のとおり、ひじから真っ直ぐ伸びるようにし、親指以外の指が弦に斜めになるようにします。この時親指を⑥弦に添えておくと右手全体が安定するでしょう。弾く場所はサウンド・ホールの右端くらいがよいでしょう。次に爪の「生え際」あたりで①弦に触れて下さい、爪の親指側のほうが弦にあたっていて、また皮膚の一部も弦に触れている状態にします。次に②弦の方に指を押し付けるような感じで弾いて下さい、①弦を弾いた後、その指が②弦で止まるようになります。

<美しくて、大きな音>
 一般にアポヤンド奏法はアルアイレ奏法よりも太くて、大きな音が出ます、弾き方がよければ柔らかく、美しい音が出るでしょう。音を出す方法としては確実な方法で、比較的個人差も少なく、弦の弾き間違いなども少ないと思います。欠点としては複数の音が弾けないとか、速く弾けない、親指との連携がしにくい、次の弦に触れてしまうのでその弦の音を響かせておく場合には使えないなどがあります。

<爪を磨く>
 美しい音を出すためには爪の手入れが必要となります。ギタリストの中には爪をかなり個性的な形にする人もいますが、一般的には指頭の形に合わせてゆるやかにカーブするように磨けばよいと思いますが、細かい点では各自の指の形や弾き方などに合わせることになります。適切な長さも人によって違いますが広くみれば指の腹側から見て、1~3ミリくらいでしょう。いろいろな爪磨き用のグッズがありますが、私はプラモデル用のヤスリを使用しています(400番~2000番)。なおどうしても爪を伸ばせない人は爪がなくてもギターを弾くことは可能です、いろいろ工夫すればいい音も出るでしょう。ギターを始めたばかりの人もある程度弾けるようになるまではなくてもよいでしょう。


     pのアポヤンド奏法

 親指(p)は主に低音弦を弾きますが、まず⑥弦弾いてみましょう。親指を弦に斜めにあて、そのまま⑤弦のほうに押すようにします。この時人差し指と中指を①②弦に添えておくと安定します。弦を捉えた時、皮膚と爪の一部が両方とも弦に触れるようにするのはimaの場合と同じです。 爪のほうは、弦に当たる方を磨いてゆき、斜めにします、つまり弦に当たらない側は長めになります。imaに比べると爪の磨き方や使い方は難しいかも知れません、どうしても上手く出来ない場合は爪なしでやってみて下さい。また爪を伸ばせない人や、初心者の人も爪を使わないほうがいいでしょう。
 右手全体が上にあがり過ぎていたりすると、親指のアポヤンド奏法はしにくくなります、うまく出来ない場合は右手全体のフォームを見直してみて下さい。
 親指のアポヤンド奏法はアルペジオの低音などにはぜひとも必要な弾き方で、これによって和音のバランスが整ったり、imaのフォームが安定したりもします。ima以上に大事な弾き方になりますので、ぜひ確実に身に付けて下さい。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mitoguitar.blog85.fc2.com/tb.php/18-37e5650f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック