中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

 いつのまにかこの9月にも連休が出来てしまいました。5月のゴールデン・ウィークに対して、シルバー・ウィーク(敬老の日があるから?)と言うんだそうですが、まだちょっとピンときませんね。


 この連休を利用して息子夫婦(創、明子)が福岡から帰省しました。お盆に行けなかった分、親戚まわりや、お墓参りということになりました。特に私の実家のある栃木方面では、滅多に来られないということで、お墓を何ヶ所か”はしご”したりして、ちょっと疲れたようです。


 今度福岡で、二人でちょっとしたコンサートに出るということで、デュオ(フルートとギター)の練習をしていました。バルトークの「ルーマニア民族舞踏」などの他、たまたま私が持っていた楽譜に載っていたマルセル・モイーズの「山人の歌」が面白いと言って練習をはじめました。今度のコンサートの演奏曲目にするそうです。私自身こんな譜面持っていたなど、すっかり忘れていました。というよりどういう曲かわからなくて、全く興味の対象から外れていたと言ってよいでしょう。


 この曲は3つの楽章があって、演奏時間はおそらく10分以上という、結構な大曲です。マルセル・モイーズという人は有名なフルーテストですが、フルーテストの作曲にしては、ギター・パートもかなりしっかりしていて、充実した感じがあります。初めて聴く曲ですが(楽譜だけはは30年くらい前から持っている!)、なかなかよい曲です。多分あまり演奏されない曲なのではないかと思いますので、なかなかよい選曲だと思いました。



IMGP0072_convert_20090924172625.jpg


 あと15分で家を出ないと・・・・ 福岡に帰る直前にちょっと練習。マルセル・モイーズの「山人の歌」を音合わせ。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する