中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

   アポヤンドとアルアイレ


<アポヤンド派?、アルアイレ派?>

 アポヤンド奏法とアルアイレ奏法の使い方は厳密に決まっているわけではありません。演奏する人や、その曲などによって、その使い分けもいろいろ変わってくると思います。かつてはアポヤンド奏法を重要視するギタリストが多く、主旋律やスケールなどは低音が付いている場合でもアポヤンド奏法を使っていました。それに対し最近のプロ・ギタリストはアルアイレ重視型が多いようです。これは主に他の音とのバランスをとるためというのが大きいと思いますが、スピードの問題、他の弦の響きを消さないためなどがあり、アルアイレ奏法のほうが美しいこともあります。またアルアイレ奏法でも音量、音色とも充分な音が出せる人が多くなってきたこともあるでしょう。


<私の場合>

 私の場合、imaは主旋律などは低音が付いている場合でもアポヤンド奏法を使うことが多く、このほうが安定感もよく、音量、音色の点でもよいのですが、低音とタイミングが少しずれたりしてしまう欠点もあります。アルアイレ奏法の方が線は細くなりますが、そうしたことはなく、また低音とのバランスもよくなります。また弦によっても変わり、①②弦の場合はアポヤンド奏法が多くなりますが、これは①②弦は細く聴こえやすいからです。③④弦などはその位置関係や音色的にあまり敏感でない点などで、アルアイレ奏法が多くなります。実際にはその曲の内容などを考慮しながら使い分けます。
 親指のアポヤンド奏法はかなり多用します。単音のメロディなら間違いなくアポヤンド奏法ですが、伴奏の場合でも、強拍にあり、「バス(低音)」としての音ならアポヤンド奏法。弱拍だったり、やや低くても「中音」として使ってあれば場合はアルアイレ奏法です。また直前に弾いた低音の消音のためにも使います。フォルテやフォルテッシモの場合は和音になっている場合でも親指のみアポヤンド奏法で弾くことが多いです、このことにより和音を、美しさを損なわず大きな音が出せます。個人的な話になりますが、私の親指の付け根の間接は内側に折れるように曲がるので、親指はアポヤンド、アルアイレ奏法とも結構弾きやすいです(以外とそうなる人は少ないようですが)。


<大事なのは意識して使い分けること>

 アポヤンド奏法とアルアイレ奏法の使い分けは、ある程度の原則はありますが、はっきり決まっているわけではなく、様々な状況を判断してことになります。単純に弾きやすいということだけではなく、音楽的なことも考えた上で判断したいと思います。
 また最も大事なのはこの二つは意識して使い分けるということです、この二つでは指の動かす方向が90度くらい違っているので、はっきり意識しないと中途半端な感じになってしまいます。


    よい音を出すポイントは2つ

<1.弦を捉える>

 よい音を出すポイントは二つあると思いますが、その一つは弦を正確に捉えるということです。これは前にもお話したとおりですが、これは気を付けて練習すれば誰にでも出来て、また効果も大きいので、ぜひ実行してみて下さい。詳細は基本編を読み直していただければと思いますが、さらに付け加えればアポヤンドの場合も、アルアイレの場合も、「指が瞬間的に弦のところで静止する」ともいえます。弦を弾いているところを見て、指が弦のところで一瞬止まったように見えれば、弦を正確に捉えているといえるでしょう。そういう弾き方をすれば音量、音色ともコントロールしやすいでしょう。


<2.弦をはじく>

 もう一つのポイントは文字通り「はじく」動作ですが、アポヤンド奏法の場合は前にお話したとおり弦を捉えたら、そのまま次の弦の方に押してやるだけですから、特に難しい点はないと思いますが、あるとすれば爪の問題とか、弦の捉え方の問題などでしょう。
 アルアイレ奏法の場合は指の間接の動きで音を出すので、上手く出来る人とそうでない人と個人差が出やすいですが、指の関節を「意識的に」動かす習慣を付ければだんだん動くようになるのではないかと思います。日常的にアルペジオや、音階などで1音1音はっきり、いろいろなことを気をつけながら練習していただければと思います。ただなんとなく弾いたり、間違えないようにだけ考えて弾いていたりするとなかなか音がよく出るようにはならないと思います。
 プロの一流ギタリストはたいへん美しい音を持っており、一般の人とはいろいろな点で違いがあると思いますが、その一つにこの「はじく」スピードがあると思います。特にアルアイレ奏法で美しい音を出すのはこの「スピード」がポイントになります。爪の形や手のフォームだけ真似してもなかなかそうしたギタリストの音にならないのはこの点によることが大きいと思います。ゴルフや野球でもプロ並みのスイング・スピードを出すのは一般の人にはなかなか難しいことだと思いますが、日常的にスイング・スピードを意識しながら練習すれば音色もだんだん変わってゆくのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mitoguitar.blog85.fc2.com/tb.php/21-4149316a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック