中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

組曲「スペイン」より
 プレリュード、マラゲーニャ、カタルーニャ奇想曲、タンゴ


 一般に、組曲「スペイン」と邦訳されているこの組曲ですが、原題は、Espana Seis hojas de album で、「エスパーニャ~6葉の音楽帳」と直訳出来ると思います。でもこれを、組曲「スペイン」と訳すると、他に「グラナダ」や「セビリャ」で有名な「スペイン組曲作品47」もあるので、ちょっと紛らわしいです、もっと別の訳がなかったのでしょうか。この組曲「スペイン」は1890の出版ということで、アルベニスとしてはスペイン的書法にも熟達した「盛期」と考えられます。実際にはこの組曲は前述のとおり6曲からなり、プレリュード、タンゴ、マラゲーニャ、セレナータ、カタルーニャ奇奏曲、ソルチコの順になっています。今回演奏するのはそのうち上記の4曲ですが、チューニング等の関係もあり、このような順で演奏しようと思います。



プレリュード

 「プレリュード」は演奏時間2分ほどの短い曲で、前述のとおり「ラ」を主音としたフリギア調による単旋律を中心に書かれています。独立した曲というよりプロローグ(前口上)的で、次の「タンゴ」に繋げるための曲といった感じです。ニ長調のタンゴの属和音で終わり、繋がりやすくなっています。アルベニスが書いた組曲のほとんどは続けて演奏するためのものというより、単なる「曲集」といった性格の方が強いのですが、この組曲「スペイン」はそれぞれの曲の調に関連性があり、6曲を連続して演奏することを念頭においているようです。この短いプレリュードはギターでは(ピアノでも)ほとんど弾かれることのない曲だと思いますが、ギターにはよく合い、演奏次第ではギターの美しさも十分に出せるのではないかと思います。もともとがシンプルなので、ギターへのアレンジもほとんど無理なく、私の編曲もほぼ原曲どおりの音になっています。調も原調のままです。



マラゲーニャ

 この曲はこの組曲の第3曲で、この組曲の中では比較的演奏される曲です。定型的な音形にのせて旋律を歌わせるという、比較的シンプルな曲ですが、ギターで演奏する場合は伴奏の音形を崩さず、かつメロディを歌わせるのはそれなりの技術が必要でしょう。主部は前述のとおりフリギア調で出来ていますが、中間部は主要3和音のみの長調になっており、メロディとアルペジオが交互に出てくるもので、「入り江のざわめき」よりもシンプルになっています。原曲はシャープ一つ、つまり「シ」を主音としたフリギア調で、中間部はト長調になっています。イエペスをはじめ多くのギタリストは1音上げてシャープ3つ(「ラ」を主音としたフリギア調)で演奏しており、私のアレンジもそれを踏襲しています。曲名どおりフラメンコ的な曲ですが、軽快で、親しみやすい感じがあります。



カタルーニャ奇想曲

 この曲は第5曲目になりますが、アルベニスの生まれ故郷のカタルーニャの名が付けられています。カタルーニャ地方の人々は歴史的に独立心が強く、スペインの王権と対立していました。現在でも、サッカーでバロセロナとレアル・マドリッドの試合が白熱するのはその名残と言われています(レアル=王室)。アルベニスの音楽には特にそうしたことを意識している点はないようですが、でもこの曲には故郷への思いとか、郷愁といったものが込められている感じがします。原曲は変ホ長調で4分の2拍子、アレグレットで書かれています。全曲にわたってシンコペーションの伴奏が付いていますが、リズミカルな曲というより、メロディを歌わせる曲となっています。曲の終わりは、私たちにはなじみの深い5音音階のパッセージと、変化された女性終止で郷愁を誘うように優しく閉じられます。


タンゴ

 アルベニスのタンゴは、アルベニスの作品のうちでは一般に最も知られている曲でしょう。原曲のピアノはもちろん、ヴァイオリンでもよく演奏され、またタンゴのスタンダードとしてタンゴのバンドでも演奏されます。もちろんギターでもよく演奏されます。この曲の魅力はなんといってもその美しい旋律にあると思いますが、和音は上記の曲などからするとはるかに複雑なものになっています。いわばロマン派後期の拡大された機能和声というところでしょうか。3分弱の、聴いた感じでは特に難しく感じない曲ですが、ギターで演奏する場合、この和音をちゃんと鳴らしつつ、リズムを正確に刻み、さらにこれが最も大事なことですが、美しくメロディを歌わせるは、決して簡単なことではありません。隠れた難曲でしょう。原曲はニ長調で、ギターで弾く場合もほとんどこの原調で演奏されます。この曲のみ私自身のアレンジではなく、アンドレ・セゴビアの編曲を用いていますが、単純ミスと思われる部分や、原曲と矛盾する箇所、また私の技術に合わない箇所などは若干修正して演奏しています。


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する