中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

 明けましておめでとうございます。今朝はとても寒く、お正月らしい朝です。寒いことは寒いのですが、空は快晴で、確かに晴れ晴れとした元旦です。


 このところ元旦にはその年の予定などを書くのが習慣になってしまいましたが、今年はいまのところあまり予定、特にコンサートなどの予定がありません。昨年、一昨年はリサイタルやアルベニスの記念コンサートなどといったコンサートを中心にほとんど練習に明け暮れたので、今年はその反動でしょうか。


 唯一決まっているコンサートとしては、11月14日(日曜日)、ひたちなか市文化会館で第14回水戸ギター・アンサンブル演奏会のみとなっています。水戸ギター・アンサンブルの演奏会は、昨年の6月にも行っており、その後は練習も休みにしていたので、曲目などはすべてこれから選曲、編曲、練習としていかなければなりません。いつもは2年間くらいかけてプログラムを作るのですが、今年は10ヶ月くらいしかありません。2月には練習に入らないといけないので、少なくとも1月中には演奏会全体の構成と選曲、編曲を済ませなければなりません。


 この中で、確かに編曲が一番時間がかかるのですが、少なくともクラシックの曲の編曲というのは、意外と技術的な問題なので、どちらかといえば、そのアンサンブルが上手く行くかどうかは”選曲”のほうが大きいかも知れません。今のところいくつか候補はあるのですが、まだ決まっていません。またいつも合奏の他に二重奏や独奏もプログラムに入れており、これまで私自身の独奏などを入れることが多いのですが、今回はなるべく私以外のメンバーに演奏してもらおうと思っています。


 コンサート以外のことでは、以前にも言いましたが、教材の手直しや追加と、教材用のCDの録音などをやって行く予定です。今のところ「ギターで弾くクラシック名曲」といったタイトルで有名なクラシック曲の編曲を行っています。基本は教材なのでなるべく易しくし編曲しなければならないのですが、これが最も難しいものです。結局のところ教材として生徒さんに実際に弾いてもらうものと、いわゆる鑑賞用といった感じで、私が演奏してCDに納めるものと分けて考えるしかないかも知れません。


 また時間があれば県内などで行われるギターのさまざまなコンサートなどに出来るだけ出かけて、そのレポートを当ブログで行いたいと思います。私の場合基本的に出不精なので、これも結構がんばらないといけません。



 それでは本年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する