中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

第3位

 10数年前、私の教室で生徒さんを対象に「クラシック・ギター名曲ベスト10」というアンケートを行ったことがあります。ギター教室の生徒さんといってもクラシック・ギターにかなり詳しい人から、ほとんど知らない人までいろいろな人がいますので、詳しい人については「有名だと思う曲を10曲」書いてもらい、あまり知らない人はとりあえず「知っているクラシック・ギターの曲」を書いてもらいました。名曲といっても、どちらかといえば「優れた曲」というより「知名度の高い曲」ということでアンケートを行いました。

 アンケート総数は25で、さすがに「アルハンブラの想い出」は24票とほぼ満票、次に「愛のロマンス(禁じられた遊び)」が20票となりました。これは知名度の差というより「愛のロマンス」はクラシック・ギターの曲ではないと判断した人が何人かいたのだと思います。 予想通りこの2曲は知名度としては別格で、興味としては第3位に何がくるのかといいうことですが、これは私もはっきりとは予想がつきませんでした。発売されているCDの種類では最も多い「アランフェス」だろうか、あるいはアルハンブラに次ぐタルレガの名曲とされている「アラビア風奇想曲」、はたまたソルの「魔笛の主題による変奏曲」だろうか、など思いましたが、結局栄えある第3位は13票で、アルベニスの「アストゥリアス」が獲得しました。 以下の順は次のとおりでした。
 

第4位(11票) スペイン舞曲第5番(グラナドス)
第5位(8票) 魔笛の主題による変奏曲(ソル)  アランフェス協奏曲(ロドリーゴ)
第7位(7票) 月光(ソル)
第8位(6票) グラナダ(アルベニス)
第9位(5票) ラグリマ(タルレガ) アラビア風奇想曲(タルレガ) マリア・ルイサ(サグレラス) シャコンヌ(バッハ)


 「魔笛」は曲名が書きにくいのでちょっと損したのかなとか、一般のクラシック音楽愛好家にとっては「アランフェス」が一番親しみある曲だが、ギターを実際に弾いている人にとっては協奏曲というのはちょっと縁遠いのかなとか、「月光」、「ラグリマ」、「マリア・ルイサ」が上位に入っているのはギター教室のアンケートだからかなと思いました。

 しかしなんといっても面白いのは3位と4位に「アストゥリアス」と「スペイン舞曲」が入っていることで、2曲とももとはギター曲ではなく、ピアノ曲だという点。もし「ピアノ名曲」のアンケートをやったらおそらくこの2曲は100位にも入らないんじゃないかと思います。ということはこの2曲は社会通念的にいえば立派に「代表的なギター曲」と言っていいのかも知れません。

 というわけで、今回の「名曲の薦め」はアルハンブラの想い出、愛のロマンスに次ぐ代表的クラシック・ギター曲?であるイサーク・アルベニス作曲の「アストゥリアス」をとりあげることにしました。前置きからすでに長くなっていますが、この曲に興味のある人は多いのではないかと思いますので、何回かに分けてじっくりと話をして行こうと思いますが、今日のところはここまでで次回から本文に入ります。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する