中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

ショールス第4番

 「ショールス第4番」は3つのホルンとトロンボーンという楽器編成で、5分ほどの短い曲です。比較的ゆっくりした部分から始まりますが、響きは不協和音的です。最後はテンポが上がって快活な舞曲的な部分となっています。


ショールス第5番

 「ショールス第5番」はピアノ・ソロの曲で5分ほどの曲です。”ALMA BRASILEIRA”と題されていますが、「ブラジルの魂」といった意味なのでしょうか。アルペジオに乗せてメロディうぃ歌わせるタイプの曲ですが、アルペジオは一定の音形を刻みながらもシンコペーション的(ギター曲でよく出てくるように)。A-B-Aの形で出来ているようです。 



ショールス第6番

 「ショールス第6番」はオーケストラによる、演奏時間25分ほどの曲で、これまでの曲よりかなり長い曲になっています。冒頭は打楽器が静かに一定のリズムを刻む中、フルートが奏され、チェレスタも”合いの手”として加わります。アマゾンの原生林を思わせるような導入です。一段落すると活発なリズムに変わり、先住民の踊りなのでしょうか。メロディや響き、リズムなどは前衛的とか、近代的とかというよりも、たいへん素朴なものに感じます。その後弦楽器が歌い出しますが、こちらはややロマン派的。

 その後静かな部分などを経て、最初のメロディなどが回想されたりしながら、サンバ風の踊りが現れ、曲が閉じられます。おそらく一つのストーリーの基に曲ができているのではないかと思います。この曲は12曲のショールスの中でも、比較的耳に馴染みやすい曲かなと思います。


ショールス第7番

 「ショールス第7番」はヴァイオリン、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、サクソフォーン、ファゴットによる曲で、約9分の曲です。”SETTIMINO”と題されていますが、意味はわかりません。ほぼ曲全体を通じて一定のリズムが奏されています。ブラジル的なリズムと言うべきでしょうが、かなりタンゴぽく聴こえます。


ショールス第8番

 「ショールス第8番」はオーケストラと2台のピアノのための、約20分の曲です。パーカッションで始まりますが、「第6番」よりも音楽は複雑で、ストラヴィンスキー的な感じもあります。ただしリズムはストラヴィンスキーのように不規則でも強烈でもなく、規則的で軽い、つまりラテン系のリズムになっています。

 ピアノは7分半ほどしてから入ってきますが、打楽器と絡みながら入ってきて、なかなか面白い感じです。若干バルトークぽいところもあります。最後はリズムも音響も強烈になって終わりますが、これまでの曲よりエネルギッシュな感じがします。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する