中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

2つの譜面

 この曲の原曲には2つの譜面があることは前回お話しました。繰り返しになりますが、一つは「スペインの歌」第1曲目プレリュード、もう一つは「スペイン組曲作品47」第5曲目アストゥーリアス=レーエンダです。

 「スペインの歌」はプレリュード、オリエンタル、椰子の木陰で、コルドバ、セギディージャの5曲からなり、1893年~1895年に作曲され、1890年代の後半頃出版されているようです。 「スペイン組曲作品47」はグラナダ、カタルーニャ、セビーリャ、カディス、アストゥリアス、アラゴン、カスティージャ、クーバの8曲で、そのうちグラナダ、カタルーニャ、セビーリャ、クーバの4曲は1886年頃作曲され、それぞれこの組曲独自の曲ですが、他の4曲はアルベニスの死後(おそらく1910年代)出版社により、他の組曲などから転用され、この組曲に入れられたものです。

 これらの曲名をみるとお気づきのとおり、それぞれギターで馴染みの深いものばかりですが、特に「スペイン組曲」のほうはアストゥリアス以外にもグラナダ、セビーリャとほとんどギター曲ともいえる曲が並んでいます。こちらの方が一般的になるのもうなずけ、マヌエル・バルエコもこの組曲を全曲ギターで演奏しています。

 私の手元にあるのはどちらも音楽の友社のものですが、その譜面にはオリジナルの譜面に関しての記述が全くありませんので、初版に関する情報がわかりません。初版に対して、何らかの変更があったかないかわからないのですが、一応初版どおりということで話を進めて行きます。


強弱記号などの違い

 「スペインの歌」第1曲プレリュードと「スペイン組曲作品47」第5曲アストゥーリアス=レーエンダの譜面を詳しくみてみると、曲名以外にもいろいろ違いがあります。音としては21小節目からの和音の弾き方が若干異なります。和音そのものは同じなのですが、「スペインの歌」のほうでは16分音符「裏」にあったものが、「スペイン組曲作品47」では小節の「頭」になっています。より華やかに聴こえるようにという配慮かなと思いますが、特に変更の必要などなかったのではないかと思います。

 音としてはそれ以外は違いがないと思いますが、強弱、表情記号などはかなり変えられています。全体的に言えば「組曲」のほうがより細かく、例えば冒頭の指示も「marcato il canto(はっきり、歌うように)」が「marcado el canto y siembre staccato sin pedal(はっきりと歌って、ペダルなしで、常に音を切る)」と詳しくなっており、こちらはスペイン語になっています。また「組曲」のほうがpがppのように強弱のコントラストが強くなっていて、メトロノームの数字も132から138に変えられています(この数字も初版の時にあったのかどうかはわかりませんが)。

 まとめると「組曲」のほうが「歌」に比べると強弱や速度の差を付け、より華やかに聴こえるように変えられているようです。全体的には「組曲」のほうは「歌」のほうの指示を強調したような形になっていて、それほど矛盾することは少ないのですが、エンディング(最後の6小節)のところだけは全く正反対の指示になっています。「歌」のほうではテンポ・プリモで冒頭の速さに戻り、最後はクレシェンドしてffで終わっていますが、「組曲」のほではテンポはトランキュロでメトロノームの数字が100、最後はさらにリタルダンドでpppで終わっています。
 
 以上のように実際に演奏する場合はどちらの譜面を参考にするかでかなり違ってきます。富川さんによればアルベニス自身に演奏スタイルは特にコントラストや、スペイン的な部分などを強調したりするものではなく、客観的、あるいは古典的なものだったそうです。十分なテクニックを持ちながらも表面的な派手さを嫌い、洗練された美しい演奏で、特にフランスの音楽家たちの評価は高かったそうです。派手さを嫌い、繊細なニュアンスを求めたということでは、ショパンやドビュッシー、あるいはタルレガなどとも共通した点があるのかも知れません。


生存中出版された「スペインの歌」

 以上のことを考えると、この曲の演奏にあたっては、やはりアルベニスの生存中に出版され、アルベニスの意図が忠実に反映されていると考えられる「スペインの歌」の方の譜面を参考にすべきと思います。実際に弾いてみてもこちらのほうが自然な感じがありますし、エンディングもpからffまでクレシャエンドしてffで終わるほうがずっとすっきりしていると思います。

 ギターへの編曲の話はまた次回にしようと思いますが、ほとんどのギターの譜面は「組曲」ほうから強弱記号などを取っていますが、これはやはり見直すべきでしょう。なおこの「スペインの歌」、「スペイン組曲」とも手軽に入手出来、価格もそう高いものではありませんから、これからアストゥリアスに取り組む方、あるいは現在弾いている人などはぜひ手元に置きたいものでしょう。
スポンサーサイト
コメント
お久しぶりです
昨日,久しぶりにお電話させていただきました。
日立市に出張にいきました。そのとき,ホテルのロピーでコンサートの案内を見つけました。そのことでお電話させていただいたのですが,先生はチケットを販売開始初日に購入されたそうで,さすがです。昨日問い合わせたら,「ステージ後ろの最後列8枚しか残っておりません」,ということでした。とりあえず2枚ほど購入いたしました。当日,お会いできたらと思っています。村治佳織はあまり興味はありませんが,迫さんが,7番の出だしをどのように振るのか,ちょっと楽しみなところです。
ブログをちょっとのぞかせていただきました。
創君,ご結婚おめでとうございます。「ギターを置く」というお話しを伺ったとき,「残念」「もったいない」と思ったのですが,創君なりに悩み,考えた上での決断だったのですね。
たくましく立ち直られたようで,一安心いたしました。
一番人気のギター曲は,「アルハンブラ」ですか・・・。
タレガは,音楽史全体の流れから見ると,どうしても傍系という印象が強く,曲そのものも名曲という感じが持てません。それよりは,ファリャ,グラナドス,アルベニスなどの方が後期ロマン派,見方によっては国民楽派という位置づけの中で個性も存在感も感じられます。原曲は,ピアノ,管弦楽が多いですが,ギターで聞いても,ギター曲らしいと感じます。ギターのために書かれたタレガの曲の方がかえって平板に聞こえます。センスの違いかなあと思います。
ぼくは,マラッツの『スペイン・セレナーデ』がいいなあなんて思っています。原曲はピアノですが,ギターで聞いた方が曲のニュアンスがよく出ているように感じます。編曲,演奏がともにいいからでしょうが。アルベニスの曲は,ラローチャあたりの演奏で聴くと,やはりピアノだなあなんて感じます。アルペニス自身も当代きっての名ピアニストでしたからね。
あと,ギター曲では,バリオス,ヴィラ・ローボスあたりがいいなあと思います。タレガあたりよりは個性,技量,センスが断然すぐれていると思います。
学生時代は知りませんでしたが,その後出会ったギター曲では,ピアソラの曲がいいなあなんて思っています。
10月はオペラづいていて,バレンボイム・ベルリン国立で,『ドン・ジョバンニ』『トリスタンとイゾルデ』を,先生とお会いする前日は,水戸でプラハ国立の『椿姫』を聴きます。バレンボイムは生で初めて聴くので,今から本当に楽しみです。
話がかわり,旅行のことですが,この夏は北海道とスリランカに行ってきました。
一言,日本の夏は暑い。冬は,またインドに行こうかなあなんて思っています。
日立でのコンサートの前に,一度ご自宅におじゃまさせていただくかもしれません。そのときは,事前にお電話させていただきます。
では。
2007/08/22(水) 10:14:41 | URL | 安藤 淑則 #-[ 編集]

追:『アストゥリアス』について

もう30年近く前の話ですが,『アストゥリアス』を管弦楽演奏で聴いたことがあります。生ではなく,円盤レコードで,です。
タイトルが,たしか〃Suit Espanyola〃(スペルが分かりません)だったと記憶しています。ですから,先生のおっしゃる「2つの譜面」のうち,後者の方をもとに編曲したものでしょう。
日本で出版されているピアノ版「スペイン組曲」の譜面を開き,曲を聴いていましたが,違和感は感じませんでした。
オケは忘れましたが,指揮はラファエル・フリューベック・デ・ブルコス。彼自身の編曲による演奏です。管楽器をうまく使っているなあというのが,演奏を聴いての感想です。
その演奏をヒントに,ピアノ楽譜をもとに吹奏楽用に編曲したことがあります。楽譜は,もうどこかに紛失してしまいましたが。
デ・ブルコスの演奏はなかなかのもので,オケで聴くのもいいなあと感じたのを懐かしく思い出しました。
2007/08/22(水) 10:53:21 | URL | 安藤 淑則 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する