中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

 皆さん、いかがですか。たいへんな目にあった人もいると思いますし、まだ停電や断水、あるいは避難所など通常の生活とは程遠い人もいるかと思います。私のほうでは今現在(14日AM.0:55)は電気も(だからブログが書けるのですが)、水道も通ってます。水道の方は通常の3分の1くらいの水圧で、若干濁りもありますが、なんとか使えます。


 11日の段階では地元のAM放送(茨城放送)しか聴けなく、東北地方のほうが被害が大きかったということは多少わかったのですが、県内では大きな人的被害はなかったようなので、それほど大きな被害が出たとは思いませんでした。12日になってテレビが見られるようになってから、津波の映像や被害の情報など、想像を絶する災害であることがわかりました。



 地震があった時には、私は妻と共に水戸市内原のイオン・モールにいたのですが、それぞれが別々に買い物をし、2時50分に建物の出口付近で待ち合わせることになっていました。私はその待ち合わせ時間よりも若干早めに自分の買い物を済ませ、エスカレーターで1階の入り口に向かいました。

 エスカレーターで半分くらい降りた時に、エスカレーターがガタガタと妙な揺れ方をしました。その時にはまだ地震だとは思わず、「なんかこのエスカレーター調子悪いな」と思いました。1階のフロアーに着くと店内の人達が何かざわざわしています。ほとんどの人が上の方を見上げています。何かイヴェントでもやっているのかなと私も上を見たのですが(まだ地震だとは気付かない!)、特に何もなく、その代わりにゴーゴーと妙な響きがして、その音はだんだん強くなってきます。

 エスカレーターから降りて10mくらい出口に向かって歩いた頃でしょうか、その頃になって、さすがに私も足元が揺れていることに気付き始めたのですが、その時にはもう強い揺れが始まりだしました。地震だとわかるまでにだいぶかかりましたが、地震だとわかった瞬間、また初期微動がエスカレーターのときから始まっていると理解した瞬間、これはとんでもない地震だと気付きました。

 その時、妻が私を見つけ、手をとり合いましたが、揺れがいっそう強くなり、何か物が落ちる音などがすると、店内は騒然となりました。照明も消え、出口のドアが凄い揺れをしています。悲鳴を上げながら多くの人達が出口に向かって走り出しました。一緒に走り出そうとする妻に「走っちゃダメ、大丈夫」と平静を装ったものの、揺れがピークの時には「建物が崩れるんじゃないか」とか「出口が塞がってしまうんじゃないか」とか、また一瞬ではありますが「もしかしたらここで・・・・・」などということも頭をよぎりました・・・・

 

 テレビを見ると、まだまだ被害状況の全貌は掴みきれておらず、本当に大きな災害が訪れた時にはこんなふうになってしまうのでしょうか、まだレスキュー隊も入れないところがたくさんあるようですね。と思っても私にはただじっとしているしか出来ません。


 私の住む茨城県では、人的被害は比較的少なかったとは言え、まだまだ電気も水道も通らず、また主要な交通網もほとんど寸断され、物流も滞っているようです。


 私の家も、また私自身も、今は特に何も問題ないので、明日(14日 月曜日)は来られる人だけでもレッスンしようかと思っています。


 
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する