中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

ミドルの部が4人?

 昨日谷島夫妻のミニ・コンサートを聴きにビター文化館に行ってきましたが、代表の木下さんの話では、今年のシニア・ギター・コンクール(5月4、5日)の出場申し込み者は、震災の影響でたいへん少なく、特に35歳以上の「ミドルの部」では4月17日現在で4名とのことでした。これまではミドル、シニアの部ともそれぞれ20~30人くらいはいましたから、今年は激減ということになります。


 いろいろと影響の多きい震災ですから、やむを得ないといえばやむを得ないのですが、あらためてその影響の大きさを感じます。でも、こういう時だからこそ平常どおりやってゆこうというのが木下代表の考えのようで、出場者数にかかわらず予定通り行なうということでした。私も今年も審査員を務めます。



この機を逃す手はない! 

 でも考えを変えれば、コンクール入賞、あるいは優勝を目指す人にとっては、今年はまたとないチャンスではないかと思います。申し込みの受付はコンクール前日まで行なうとのことですので、今からでも十分に間に合います。因みに予選課題曲はシニアの部(55歳以上)がアルバの「ハバネラ」、ミドルの部(35歳以上)がフェレールの「タンゴ第3番」で、どちらも弾きやすい曲です。


 多少なりとも腕に覚えのある方なら(全然ない方も)、この機を逃す手はない! ぜひともエントリーしてみましょう。   


 ・・・・・詳しくはギター文化館のホーム・ページで
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する