中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

昨日の新聞によりますと・・・・

 昨日(8月25日)の新聞に「ブラックホール 星を飲み込む瞬間」と言う記事がありました。といってもブラックホールが本当に星を飲み込む瞬間を望遠鏡などで観測したと言うわけではなく、実際は「きぼう」などの観測装置が39億光年の彼方から来るX線を観測したと言うわけです。そのX線の強度と、39億光年彼方の銀河の中心部から突然観測された事実などからその銀河の中心にある巨大なブラックホールに星が吸い込まれていること以外にありえないということのようです。

 ブラックホールにはおおまかに二通りあって、一つは太陽より10倍くらい大きい星が超新星爆発を起こして出来るもので、これはやや小型のブラックホールといえます。そしてもう一つのタイプは、宇宙のあらゆる銀河の中心にある巨大なブラックホールと言うことになり、これは少なくとも太陽の数百万倍の質量があるそうです。


星の一気飲み?

 普通ブラックホールが星を飲み込む場合は、その強い潮汐力で星をばらばらにして徐々に飲み込むような形なのではと思いますが、今回のニュースでは突然強いX線が観測されたことなどから、ある意味星を「丸ごと」飲み込むといったイメージに近いのかも知れません。



ブログ 003

最近の研究ではブラックホールはこんな形をしているらしい。といってもブラックホールそのものは見えないので、ブラックホールの周りを高速で回転しているガスなどが見える(かもしれない)。しかし実際に光学的に観察可能な場所で望遠鏡などで見たとしてもブラックホールによって空間が激しく歪められるので、実際はどのように望遠鏡に映るのかは不明。



星を食うのもそんなに楽じゃない

 巨大な質量、したがって強大な引力をもつブラックホールが星を飲み込むなどということは一見たやすいように思われますが、意外とこれがそれほど簡単ではない。いかにブラックホールの引力が強くても、星のほうはただ高速でブラックホールの周りをぐるぐると回転するだけでなかなか落ちて来ない。引力が強いほど星の回転、つまり角速度が上がるからです。



他の星などと衝突を繰り返して

 しかしその星が他の星と衝突(銀河の中心部は星が密集している)、あるいは重力的に影響し合うなどすると、その星の軌道が徐々にブラックホールに近づく(遠ざかるのは難しい)。そうしたことが繰り返されると最後にはブラックホールに引きずり込まれると言うわけです。この星も多分そんな、いろいろな不運が重なってしまったのでしょう ・・・・合掌。

 普通ブラックホールの「えさ」は星ではなく星間ガスだそうです。ガスのほうも銀河の中心部にはたくさんあり、ブラックホールに捉えられたガスは、ドーナツ状になり高速で回転しています。ガスのほうが星に比べれば周りのガスとの摩擦(言い換えれば衝突)で速度を失いやすいのでブラックホールには落ちやすいということです。



宇宙も弱肉強食?

 そういった意味では、このブラックホールにとっては久々の食べ応え、あるいは歯ごたえのある食事だったのかも知れませんね、ラッキーと言えばラッキーだったかも知れません。一方「えさ」になってしまった星にはただ不運では済まされませんね。この星にすれば生まれた場所がブラックホールの近くだったということが不運の人生の始まりだったのでしょう。群れからははぐれてしまったり、けがをした草食動物がライオンのえさになってしまうのと似ているのでしょうか。



近づくものは何でも食べる?

 近づくものは何でも食べてしまいそうなブラックホールも、実はちゃんと摂生しているようです。最近の研究ではブラックホールの質量と銀河全体の質量とは完全に比例していて、ブラックホールは無限大に太るわけではなく、常に適正な体重、つまり適正な質量を維持しているようです。

 因みにブラックホールはダイエットすることは出来ません。ブラックホールは飲み込んだものを吐き出すことは出来ませんが、ただし飲み込み損なったものは高速のジェット流として宇宙空間に放出します。今回観測されたX線も、その光速に近いジェット流によるものだそうです。



これは39億光年の彼方の、39億年昔の話。ご安心下さい

 もちろんこの話は39億光年彼方の話、言い換えれば39億年前の話です。39億年前といえば地球では生命が誕生したかどうかの頃かも知れません。仮に私たちの太陽系に極めて不運が重なったとしてもこの星のようにブラックホールに吸い込まれる可能性はありません、安心してください。私が言うのですから安心もできないかも知れませんが、こんな心配をする人を中国の古い言葉で「杞憂」と言うのでしょうか。



それでも心配?

 少なくとも私たちの銀河の中心にあるブラックホールに落ち込む可能性はないでしょう。ただし私たちの銀河が他の銀河などに衝突した時に、運が悪ければブラックホールに巻き込まれる可能性はゼロとは言えないかも知れません。ゼロではないとしても文字通り「天文学的」にゼロ近い確率です。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する