中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

日曜 朝 曇り、 サンバースト(アンドリュー・ヨーク)


アンドリュー・ヨークの人気曲

 アンドリュー・ヨークは1958年生まれのアメリカのギタリスト兼作曲家で、代表作「サンバースト」をはじめ、その作品は現在多くのギタリストに愛奏されています。ウィリアム・カネンガイザーやスコット・テナントなどと共にロサンゼルス・カルテットの一員でもありました。



ブログ 018

1986年に発売されたアンドリュー・ヨークの「パーフェクト・スカイ」
現在GSPからでているものとは若干違う。ブックレットもなく、本当にプライヴェート盤といった感じ



タイトル名は同じなのだが?

 この2曲は共にヨーク自身が演奏している「パーフェクト・スカイ」というCDアルバムに収録されています。現在発売されているこのCDは、1996年にGSPから出ているものなのですが、私が持っているものは1986年に発売されたものです。

 この両者はアルバムのタイトルが全く同じで、曲目のほうは若干入れ替わっています(1986年盤は12曲、1996年盤は13曲)。GSP盤の方は聴いていないので、はっきりとはわかりませんが、おそらく別の音源なのではと思います。



プライヴェート盤?

 私の持っている方(1986年盤)は曲目解説など全くなく(ケースにブックレットはなく、紙1枚)、聞いたことのない発売元なので、おそらくプラーヴェート盤に近いものかも知れません。1986年というと、ヨークが大学院を卒業した年のようです。

 詳しいことはよくわかりませんが、その後のヨークの評価や人気の高まりに従い、同じタイトルでGSPの方から録音、発売したのではないかと思います。私が買ったのは1990年代の初め頃だと思いますが、このCDはもしかしたら、今となってはとても貴重なCDかも知れません。

 12曲収録されたCDですが、中身はこの2曲のような純粋なオリジナル作品、ダウランド風に作られた作品(グリーン・ガリヤルド)、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」、ハーラインの「星に願いを」などの編曲。一般的なギターのレパートリーと言える、バッハの「アレグロ(BWV998)」などいろいろな曲が入っています。


日曜 朝 曇り  ~何気ない日常

 「日曜、朝、曇り」は日記帳のメモのようなタイトルですが、何気ない日常を描いた作品なのかも知れません。裏打ちを多用した”今風”の曲と言えるでしょう。楽譜では「モデラート」と指定されていますが、このCDの中では、ヨークはやや速めのテンポで軽快に弾いています。


サンバースト  ~特殊チューニングでスリリングな曲

 サンバーストはたいへん人気の高い曲ですが、1弦と6弦を共に「レ」に下げるという特殊なチューニングになっています。このことにより独特の響きのある曲になっていますが、中間部はかなりテクニカルな部分になっていて、ギタリストの腕の見せ所になっています。

 因みにサンバースト(sunburst)とは雲間から突然日の光がさすこと言うようです。ヨークはこのCDの中ではクラシック・ギター(ナイロン弦の)ではなく、いわゆるアコースティック・ギター(スチール弦の)で演奏しています。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する