中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

中村ギター教室発表会   11月10日(日)14:00~  ひたちなか市文化会館小ホール


 明後日の日曜日に、ひたちなか市文化会館で私の教室の発表会があります。 私の教室の生徒さんのうち、約半数にあたる30人が、合奏や独奏などで出演します。 時間は14:00~16:30くらいと思いますが、足を運んでいただけたら幸いです。 入場無料で、開場は13:30です。
       
                    ・・・・・・ではQ&Aの続きを





Q : 4歳の女の子と2歳の男の子がいます。 二人ともギターに興味がありそうなので、ギターを習わせようかと思うのですが、何歳くらいから習わせるのがベストなのでしょうか。 


                                        30代 主婦



A : その3



 第1線で活躍しているプロのギタリスト、特に最近の若手ギタリストのほとんど3~5歳くらいでギターを始めて、ピアノやヴァイオリンなどの分野でもだいたい同じか、あるいはちょっと早い時期に始めている、といった話をしました。

 そういった意味ではこの質問者の二人のお子さんたちは、ギターを始めるのにちょうどよい年齢と言ってよいでしょう。 特にこのお子さんたちの場合、両親の関係で、ギターや音楽が身近にある環境で育っていて、ギターへの関心も高いようです。 将来優れたギター愛好家、場合によってはプロのギタリストになる可能性は十分にあると思われます。



逆は成り立たない

 しかし一般論として、 <優れたプロ・ギタリスト = 3~5歳でギターを始めている>  ということは成り立ちますが、その逆、つまり <3~5歳でギターを始めた子 = 優れたプロ・ギタリストになる>  ということは必ず成り立つわけではありません。
 
 まず、はやりその子の適性というものがあり、適性が合わなければなかなか上達しないばかりか、レッスン自体が、習う方も、教える方もたいへん辛いものになってしまうこともあります。 



上手にはなるかも知れないが

 もっとも、この3~5歳頃というのは、基本的にどの子も天才的な要素があって、仮にギターが特に好きでなかったとしても、この時期から始めることによって、その優れた能力が引き出されることはよくあります。

 しかしこうした年齢でギターを始め、潜在能力が開花し、本人の意思とは関係なくギターが上達したとしても、はたしてそれがよいことなのかどうかはわかりません。

 小さいうちからギターを始めた場合、よく、ギターを習うということが、単なる”習い事”となってしまう場合があります。 つまり毎日決まった時間家で練習し、毎週決まった時間に教室の行く、ということが一つの義務的なものに留まってしまうわけです。

 ギターの上達に従ってギターへの興味も増して行ければたいへんよいのですが、残念ながらそうはならないこともあります。



練習したくない時には練習しない子のほうがよい

 もちろん大人でもギターを始めたけど、途中で面白くなくなった、ということはよくあるでしょう。 大人の場合でしたら、そうした時には当然自分の判断で習うのをやめるでしょう。

 小さい子供でも面白くなくなったら「やめる」と言い出す子もいますが、そういう子は特に問題ありません。もっと自分合ったことを探せばよいだけです。

 しかしそうでない子も意外と多く、仮に興味をなくしてしまったとしても「面白くなくなった」とは言えない子も少なくありません。 

 また練習したくない時には練習しないという子も、それはそれでいいように思います。そうした子は、逆にギターを弾く時には弾きたくて弾くわけですから。

 練習したくなくても、先生や両親のことを考えて、毎日決まった時間は必ず練習し、本当はギターが嫌いなのだけれど両親や先生には決して言わない・・・・ そんな子は決して少数派ではありません。



子供と言えど、途中でやめるのは挫折感を伴う

 両親のほうでも、仮にその子があまり意欲的にギターをやっていなかったとしても、「始めたのだから途中でやめないほうがよい」と言う事もあるでしょう。 

 またその子自身も途中でやめるということは、一種の挫折感を感じるので、自分からは「やめたい」とは言わない、ということもあるのでしょう。

  

がんばる気持ちを最大限尊重するしかない

 このような場合、「無理してギターやらなくてもいいんだよ、もっと自分にあった趣味があるかも知れないからね」 といってやるのが一番いいのかも知れません。 私の場合でも、その子が習い始めて1年とか2年くらいだったら、確かにそのように言うこともあります(ごく稀にですが)。

 しかしすでにもう何年もギターを習っている場合、「やっぱり君にはギターは向いていなかったね」 などということは絶対言えないでしょう。それまでがんばってきたことをすべて否定してしまうことになるからです。

 そうしたケースでは、その子のがんばっている気持ちを最大限尊重してあげることしか出来ないでしょう。

 
 
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する