中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

Q : 4歳の女の子と2歳の男の子がいます。 二人ともギターに興味がありそうなので、ギターを習わせようかと思うのですが、何歳くらいから習わせるのがベストなのでしょうか。 


                                        30代 主婦



A : その4



小さいうちから始めるほうがよいのは確か 

 前回まで、優れたギタリストになるためには3~5歳くらいから始めるのがよいが、その年齢で始めれば誰でも上達するわけではなく、場合によってはギターへの意欲が全く湧かないまま、ただ「習い事としてやめずに続ける」ためにだけギター教室に通い続けることもある、いったことを話しました。

 ギターをはじめ、音楽に関することは小さいうちから始めるのが良いのは間違いないことですが、しかし音楽という性格上、意欲が伴わないとなかなか上達しないばかりか、仮に上達しても本人の人生にとってあまり有益なものではなくなってしまいます。



自分のお子さんに豊かな人生を送って欲しいという親心


 もちろんご自分のお子さんに小さいうちからギターを習わせるといっても、すべての親御さんがお子さんをプロのギタリストにしようとしているわけではありません。大多数の親御さんはお子さんに生涯にわたる趣味をもたせ、長い人生を豊かに過ごせるようにと考えてのことと思います。



熱心な愛好者は、意外と低年齢でギターを始めていない

 ところで、私の知る限りの、熱心なギター愛好家(=長年に亘って意欲的にギターに取り組み、コンサートやコンクールなどにも積極的に出場し、知識も演奏技術も高い人)たちが、いつ頃からギターを始めたかというと、この3~5歳くらいでギターを始めたという人は非常に少ないようです。

 その大きな理由として、かつては(私の年代の人)そういった低年齢からギターを始める人は、非常に少なかったと言うことで、早くて中学生で、高校生や大学生、あるいは社会人になってからギターを始めると言う人が主流だったと思います。

  

低年齢でギターを始めた子は少なくないはず

 低年齢、つまり3~5歳くらいでギターを始める子供たちが多くなったのは、30~40年くらい前からだと思います。私の教室でも、少なくとも10人くらい小学生、または小学生未満の子が習っていました。全国的にみればかなり多くの子供たちがギターを習っていたのではないかと思います。

 とすれば、今現在は、20~40代くらいで、小さいうちからギターをならったギター愛好家がたくさんいてもよいはずです。しかし意外とそうした人にはあまり出くわしません。この年代の人でも熱心にギターを愛好している人の多くは、やはりもう少し遅くなってからギターを始めています。

 もちろんそうした人(低年齢でギターを始めた人)のうちの少数の人は、現在第一線で活躍している優れたプロのギタリストになっているのでしょう。



自分の意志で始め、続けられる年齢

 低年齢でギターを始めた人が、必ずしもギターを生涯の趣味となっていない最も大きな理由としては、やはりギターを始めるきっかけや、続けることに意志が伴わないことにあるのでしょう。

 現在ギターを愛好している人の多くは、早くて中学生、あるいは小学校高学年、大多数としては10代後半くらいからと言う意味は、その歳にならないとなかなか自分の意志でギターをはじめ、また自分の意志でギターを続けられないものです。



4歳で自分の意志でギターを始めるのは、天才の証拠

 中にはセゴヴィアやイエペスのように4歳くらいから自分の意志でギターを、なお且つ独学で始めると言う人もいますが、もちろんこうした人は例外で、天才の天才たる所以でしょう。



では、ギターを始めるベストな年齢とは?

 結論としては、「始めたくなった時が、始める時」、「弾きたくなった時が弾く時」、といったところでしょうか。 そう思った年齢が5歳であっても、70歳であっても、その人にとってはその歳が 「ギターを始めるベストな歳」 となるのでしょう。


 ・・・・・・・ただ、ギター教師の立場からは、少しでも若い時期にギターを始めたくなって、ギターが弾きたくなって欲しい・・・・・


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する