中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

 昨日(2月23日 日曜日) つくば市カピオ・ホールで「木村大/木村義輝 ~親子が奏でる、日本の歌 心の歌」と題されたギター・コンサートを聴きに行きました。曲目は以下の通りです

この道(山田耕作)、花(滝廉太郎)、 早春譜(中田章)、さくら(日本古謡)、涙そうそう(BIGIN)
八木節(栃木県民謡)

与作(七澤公典)、舟歌(浜圭介)、インスピレーション(ジプシー・キング)、悲しくてやりきれない(加藤和彦)、竹田の子守唄(京都民謡)
マラゲーニャ(スペイン民謡)

アンコール曲 : 浜辺の歌、見上げてごらん夜の星を


IMG_20140224100557ab0.jpg



 この企画は昨年に引き続いて2回目ですが、前回同様、二人のトークを交えてのコンサートでした。演奏は「さくら」、「与作」、「舟歌」は義輝さんの独奏、「インスピレーション」は大君の独奏、他は二重奏でした。アレンジについては明記してありませんが、お二人のものと考えられます。


IMG_0001_2014022410063555d.jpg


 ステージ後ろのスクリーンには大君の子供の頃や義輝さんの若い頃の写真なども映し出され、大君の子供頃や義輝さんにギターを習い始めた頃のことが語られていました。


IMG_0002_20140224100712135.jpg



 このコンサートの趣旨、および曲目等の関係上、会場にはどちらかと言えば年齢の高い方が中心でしたが、ステージと会場の一体感もあり、多くの人の「心に残る」コンサートとなったのではと思います。 前回同様、アンプ使用のコンサートでしたが、ギターのコンサートに慣れていない人にもたいへん聴きやすいものだったと思います。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する