中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

第9回シニア・ギター・コンクール


出場者48名!

 今年もゴールデン・ウイーク中の5月4日(日)に石岡市ギター文化館でシニア・ギター・コンクールが行われます。エントリー者数はだんだん増え、今回はシニア・エイジ(55才以上)36名、ミドル・エイジ(35歳以上55才未満)12名の計48名となっています。

 昨年(2013年)は40名(s26、m14)、 一昨年(2012年)は31名(s20、m11)、 2011年は震災があって17名(s12、m5)ということですから、毎年10人近くずつ増えているわけです。

 シニア・エイジのギター愛好者がいっそう増加しているのは確かなことですが、当コンクールの認知度が全国的に高まっているとも言えるでしょう。


IMGP0048_convert_20111125171832_20140420122513afd.jpg



競争率6倍

 シニア・エイジの予選では36名の出場者が「ラグリマ」を弾き、予定ではその中から6名が選らばれ、本選出場となります。出場者にとってもたいへん狭き門となるのですが、審査のほうもたいへんですね。覚悟して臨まなければなりません。



楽譜に注意

 なお今回から予選の楽譜が出場者に配られていると思いますが、予選はこの譜面に基づいて演奏しなければなりません。「ラグリマ」のほうは一般に市販されてるものと変わりませんが、ソルの「エチュード」のほうは一般の譜面と、特に第2小節目が異なりますので、注意が必要でしょう。

 第2小節、2拍目の「ラ」が#ではなく、「ナチュラル」になっている訳ですが、これは初版に基づいたものです(第26小節も同じ)。



会場内の熱気を

 ますます白熱するシニア・コンクールを、皆さんもぜひ観戦して、会場内の熱気をぜひ体で感じて下さい。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する