中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

アコラ1周年記念感謝イヴェント  6月28日(土) 29日(日)


6月28日(土) 

 14:30~16:30  愛好者によるコンサート



 17:00~18:30  10周年記念コンサート  北口功
   
   演奏曲目  J.S.バッハ : 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番、 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番
           F.ソル  : 悲歌風幻想曲 他



6月29日(日)

 12:00~15:00  愛好者によるコンサート (カフェ・レストランSWNG)


 
 16:00~18:00  10周年記念コンサート
 
 ◎ デゥオ・フェリーチェ (G=谷島崇徳、Pf=谷島あかね)

   演奏曲目  <ギター・ソロ> 
             吉松隆 : 水色のスカラー

           <ギター&ピアノ> 
             モシュレス : グランド・コンチェルト
             テデスコ : 幻想曲
             壺井一歩 : バラの組曲


 ◎ 中村俊三

   演奏曲目    グラナドス : スペイン舞曲第2番「オリエンタル」、 同第5番「アンダルーサ」
             アルベニス :  マラゲーニャ、 パヴァーナ・カプリッチョ、 マジョルカ、 コルドバ


 ◎ 宮下祥子

   演奏曲目   バッハ~グノー(タレガ編) : アベ・マリア
            レゴンディ : 夢
            コスト : ポロネーズ第2番作品14





もう10年になるんですね・・・・

 今月末にひたちなか市のアコラで、10周年記念感謝イヴェントが行われます。上記のように28(土)、29日(日)の2日間にわたるイヴェントになっています。アコラが出来て、もう10年になるんですね、私が最初に演奏したのは2005年頃だったかな。

 その時は、バッハ、モンポウ、ラヴェル、アルベニスなどの曲を弾いたように思います。サロンの響きはたいへんよかったのですが、肝心の演奏内容の方はイマイチだったような・・・・

 初めての時は客席が近くてちょっと弾きにくかった? もちろん言い訳ですが、その後何度も演奏させてもらっているので、最近では多少弾きやすさも感じています。

  ここの演奏スペースは決して広いわけではありませんが(収容人数、約30名)、天井が吹き抜けになっているなど、音響のことがよく考慮されていて、たいへん自然な残響があります。



いろいろな意味で演奏者との距離が近い

 これまで客席で、今回出演する北口さん、谷島夫妻、宮下さんなどの他、グロンドーナ、高田元太郎さん、松田弦さん、坪川さん、などいろいろなギタリストの演奏を聴きましたが、まさに演奏者との距離が近く、そのギタリストの音楽が直接伝わってくる感じです。



自分の楽器が名器に聴こえる

 またアコラではこれまで愛好者によるコンサートを定期的に行い、多くの愛好者がこのサロンのステージで演奏しています。ステージで弾いていても音響の良さが感じ取れ、 おそらく自分の愛器がいつもより美しく鳴っているように感じられるのではないかと思います。



私の曲目は5月25日の続編

 さて、今回のイヴェントでは、私は29日(日曜日)に上記のようにグラナドスとアルベニスを弾きます。これは5月25日のギター文化館のコンサートでタレガ、リョベット、グラナドスを演奏していて、それの続編といったものになっています。 いつものように詳しい曲目の解説を次回行うことにします。



聴いてよし!  弾いてよし!  演奏、聴衆予約受付中!

 28日のほうは聴衆、29日には演奏、聴衆者の予約受付中とのことです。  聴いてよし!  弾いてよし!  ぜひこの機会に予約申し込みましょう!   詳しくはアコラのブログで!
           

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する