中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

バーチャルQ   :   もっと手っ取り早い方法はないか?  「基礎」とか、「努力」とか、「地道に」とか、じゃなくて


  クラシック・ギターを始めて5,6年になります。始めた頃は日ごとにギターが上手くなる感じが実感できたのですが、最近どうも”伸び”がイマイチです。 ネットでいろいろ検索などしていたら、このブログに行き着き、「ギター上達法」などちょっと見てみたのですが、なんか、めんどくさそうなのであまり読んでいません。

 もっとわかりやすくて、手っ取り早い上達法はないんですか?  どっちかと言えば、「基礎」とか、「努力」とか、「地道に」とか、そういったものじゃなく。  これさえやっておけば確実にギターが上手くなるとか、絶対に弾けるようになる方法とか。 プロのギタリストなら、そうした㊙わざの一つや二つ知っていると思うのですが。

                                                   30代男性




まだまだ質問が来ているので  ~やらせ、いやバーチャルだが

 バーチャルQ&Aも、このところどこかに行ってしまった感じですが、まだまだいろいろな質問が私のもとに寄せられているので(といってもバーチャル?)、まだやめるわけには行かないようです。 今回はこんな質問ですが、まず質問者の方には当ブログをとりあえず開いていただいたことにお礼申し上げます。  

 私個人的には、ギターが上手くなるには、「基礎」とか、「努力」とか、「日々の積み重ね」しかなと思っていますが、質問をいただいた以上はなんとか満足いただける答えになるよう頑張ってみましょう。   ・・・・いくらプロ・ギタリストとは言え、苦労なしでギターが上手くなる方法なんて知っている訳はない。 仮に知っているとしたら、そんなこと絶対に他人には教えない    ・・・・心の声


答えをまとめるのに時間がかかるので

 しかし確かに難しい質問ですので、考えをまとめるのにちょっと時間がかかると思いますので、回答の内容を考えている間、とりあえず一般的に言われている上達法や、私がこれまで聴いたことのある上達法などを紹介しておきましょう。さらにそれに対しての私の評価も添えておきます。






<手っ取り早いギター上達法 いろいろ>



私の評価
  ☆☆☆☆☆  =  ☆5つ  たいへん確実な上達法、今すぐに実行すべき。
  ☆☆☆☆    =  ☆4つ  それなりに効果はあると考えられる。やってみても悪くはない。
  ☆☆☆     =  ☆3つ  効果があることもあるが、そうでないこともある。
  ☆☆       =  ☆2つ  あまり効果は期待できず、お薦めは出来ない。
  ☆        =  ☆1つ  逆効果! 絶対にやってはいけない






◎手っ取り早いギター上達法  その1  :  高いギターを買う


最初から高い楽器を買うとやめにくくなる

 一般的にギターを習い始める時には、だいたい数万円~20万円くらいのギターを買うのが普通でしょうか。それをひとケタ上げて、数十万円から100万円、200万円の楽器を、最初から買ってしまおうと言う訳です。この説を唱えるギター指導者は決して少なくありません。

 私自身では経済的にゆとりのある方ではないので、生徒さんにはあまり薦めたことはありませんが、他の教室や先生に習っていた生徒さんの中には、入門当初からそういった高価な楽器を持っていた人も何人かいました。

 そうした先生たちの考えでは、まずギターを始める時に、それくらいの決意がなければならない。またたとえ初心者といえどよい音を最初から聴いていなければよい音が出せるようにならない、安い楽器で始めたのでは、結局その程度にしか上達しないという考えです。

 また、そうして高価な楽器を買ってギターを始めた場合、多少練習が嫌になっても、「高いお金を払ったのだから」ということでやめにくくなるという効果もあるようです。





私の評価  ☆☆☆☆


弘法も筆を選んだ

 確かにある程度効果はあるでしょう。経済的にゆとりがあれば最初から高価な楽器を使用するのも一つの方法。 またある程度ギターが上達すれば、それに応じた楽器を使用するのはむしろ絶対に必要。 「弘法筆を選ばず」 といったことわざがありますが、実際には弘法はかなり筆を選んだそうです。

 しかし「高価な楽器」と「「よい楽器」はイコールではないので、高価な楽器を買う場合は指導者など、楽器に詳しい人のアドヴァイスは絶対に必要でしょう。 また高い楽器ほど個性的なものが多く、中には初心者には弾きにくい楽器もあるので要注意。 


家族の迷惑にならない程度に

 「高い楽器を買うと、やめにくい」 というのも確かにあると思いますが、高収入の人や、自分で働いていない人などには効果は薄いでしょう。 もちろん家族などの迷惑も考えずに高価な楽器を買うなど、言語道断! 
 







手っ取り早いギター上達法  その2  :  ギターの上手い彼、または彼女を作る



コミックなどでは

 コミックなどでは、よくイケメン・コーチに恋をし、その結果優れたプレーヤーになった主人公女の子の話とかよくありますね。 高校時代に数学の先生が好きになって、数学が得意になった女性の話なども聴いたことがあります。 いずれにしても身近にギターが上手な人がいれば当然それだけ上達もしやすくなります。 かなり確実性の高い方法ではないかと思います。





私の評価    女性の場合 ☆☆☆☆    男性の場合 ☆☆☆


女性の場合は有効   

 この方法は、特に女性の場合はかなり効果があるようです。彼がギターをやっていることでギターを始めたり、またギターが上手になった女性は決して少なくないのではと思います。

 しかし男性では効果がある場合もありますが、全く逆になってしまう場合もあるようです。 あまり彼女がギターが上手すぎると、男性の場合、かえって引け目を感じてギターをやめてしまうといったこともあります。 


男性の場合はちょっとめんどくさい

 男性の場合は、彼女が自分より少し弾けないくらいの方がやる気が出るようで、男性の場合、「ギターが自分より少しだけ上手くない彼女を作る」とすると、評価は☆4つとなるでしょう。 しかしあまりレヴェルが違い過ぎると効果がありません、男性ってめんどくさいですね。

 いずれにせよこの方法は、場合によっては絶大な効果ももたらしますが、独身者に限るという条件が付きますし、現実的にギターの上手い彼や、自分より少しだけ上手くない彼女を作るのはそれほど簡単ではなく、少なくとも ”手っ取り早い” 方法ではないでしょう。   ・・・・えっ?  特に条件付けなくても彼が作れない?  ・・・・まあまあ。


生じたトラブルには責任持てない

 また既婚者がこの方法を実行すると、いろいろトラブルが生じますのでご注意。 もちろん当ブログではそういったことによって生じた諸問題については、一切責任を持ちかねます。



 
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する