中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

<手っ取り早い上達法 その4>    有名、人気ギタリストのグッズを集め、ポスターなどを部屋に飾る


 確かに超一流ギタリストや人気ギタリストに直接習うのはたいへん効果がありそうだが、しかしそれだけハードルは高い。それなら村治佳織さんや大萩康司君、木村大君などの有名、人気ギタリストのサインや写真集などのグッズを集め、部屋にポスターを張るのはどうか。

 これなら誰にでも簡単に出来、またそれほど費用もかからない。 具体的な効果はともかくとして、やる気を上げる効果などは期待出来そうだ。





私の評価  ☆☆☆☆




特に逆効果もなく

 上達法と言えるかどうかは微妙ですが、まあ、いいんじゃないでしょうか。 特に逆効果的なこともないでしょうし、説明にあるとおり誰にでも簡単に出来、費用などもあまりかからない(コンサート・ツアーの”おっかけ”にでもなれば別だが)。 特に若い人にはお薦めでしょう。



有名人のサインなどを集めるほうではないが

 私の場合は若い頃から特にそうしたものを集める傾向はありませんでしたが(LP、CDなどは別だが)、それでも有名ギタリストなどのサイン色紙がいくつかありますもう誰のサインかわからなくなってしまったものもあります。


バスの乗客数十人にジャンケンで勝った

 その中では1993年、村地佳織さんのデビュー直前のサインがあります。これは蓼科高原で行われたサマー・スクールの帰りのバスの中でのジャンケン大会に勝ち、「デビュー前の貴重なサイン」ということでいただきました。普段ジャンケンなど、あまり勝つほうではないのですが、この時はバスの乗客数十人に勝ったという、ちょっとした縁起物です。



IMG_20140706195030e16.jpg
バスの中でのジャンケン大会に勝ってもらった村治佳織さんのデビュー直前のサイン。 村治さんは、この頃まだ中学生だったような。



この美人、誰だっけ

 私の場合、村治佳織さんのお父さんの昇さんや弟の奏一君などとは話をすることもありますが、佳織さんとは特に話もしたこともなく、当然わたしの顔など覚えているはずもないと思うのですが、イヴェント会場などで合うと佳織さんの方から挨拶してくれます。

 GGサロンだったと思いますが、ある女性が、「中村先生、しばらくです」と挨拶してくれました。しかし私の方は、『あれ、この人誰だっけ、私の知り合いで、こんな美しい女性いたかな』 ときょとんとしていると、ちょっと間を置いて、「村治です」と言葉を続けました。



IMG_0002_20140706195320046.jpg
山下和仁さんのサイン。 性格がよく出ている。 この当時超絶技巧の「展覧会の絵」が大きな話題となっていた。



 もちろん丁重にお詫びしましたが、それにしても誰もが知っている(ギター・ファンでなくても)村治さんを、私がわからなくて、誰も知らないはずの(ギター関係者であっても)私を村地さんがすぐにわかるというのも変な話ですね。ようするに記憶力の差でしょうか。   ・・・・なんか、私の知り合い女性方に、ちょっと問題のある発言をしてしまったような気もするのだけど  ・・・・まあ、話のなりゆきということで  ・・・・謝罪。



まさに好青年

 女性のギター・ファンには絶大な人気のある大萩康司君ですが、コンサートが終わった後など、我々中高年男性にも丁寧に応対してくれます。そばに女性ファンが待っているにも関わらず、私たちの話をよく聞き、また真剣に答えてくれます。



IMG_0003_20140706195630f87.jpg
たぶんアンドリュー・ヨークのサイン。 この時はスコット・テナントと二重奏やったと思う。



 高校時代には運動部のキャプテンだったそうです、そういったことも関係しているかも知れませんが、自分より年長の人に対しては敬意をもって接し、同時に後輩の面倒もよく見るタイプのようですね。かつて創(息子の)もたいへんお世話になりました。まさに好青年と言った感じです。
 


時にはこのブログも

 大萩君と時々二重奏などをやる松尾俊介君もたいへん気配りの出来るギタリストで、どこで合ってもたいへん丁寧にあいさつしてくれ、時には当ブログも読んでくれているとのことです。演奏もとても真摯なものです、ぜひCD買ってください(バッハの新譜の他に、デビュ―当時のCDも価格が下がって再発されています)。

 それにしても、最近の若いギタリストは演奏に優れているだけでなく、性格もよく、気配りも出来、本当にしっかりしていますね。私の若い頃を思い出すと、ちょっと恥ずかしい。 




IMG_0001_201407061958249ad.jpg
水戸なんとかと言うギタリストいたかな? と考えていたら、これは水戸市出身の相撲取り、水戸泉のサイン。 水戸市内のお蕎麦屋さんで見かけ、サインをもらった。ギター関係者以外のサインとしては唯一かも



サッカー少年の部屋にはたいていメッシやネイマールなどのポスターがある

 話がだいぶそれてしまいましたが(いつも?)、サッカー・スクールに通う少年、少女たちの多くはメッシ、やネイマールなどにあこがれて練習に励んでいるのではないかと思います。おそらく部屋にはそうしたスター選手たちのポスターなどがはってあるに違いないでしょう。

 そう考えれば、ギター上達を目指す人が、優れたギタリストにあこがれ、部屋にポスターなどを張るのは、いわば当然かもしれません。 そうしたことでモチベーションが上がるなら、当然やるべきでしょう。 ☆4つは、やや付け過ぎかも知れませんが、努力も忍耐も、潜在能力もいらず、また資金もあまりかからないので、”ダメモト”というところでしょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する