中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

< 音階練習の仕方 6 >

 いろいろな音階練習



 前回までいろいろな調の音階や、低音の付いた音階練習などの話をしました。 今回はさらにいろいろな種類の音階や、音階練習についての話です。  下はハ長調の音階ですが、使用弦や、運指を変えたものです。


ハイポジションを用いたハ長調の音階

ハ長調の音階2


 ②③弦のハイポジションを用いたもので、左手のトレーニングとしてはより効果的でしょう。 2小節目の「シ」―「ド」の間にポジション移動があります。 移動の際には人差し指は弦から離さず(下行の時も同じ)、また親指も同時に移動するのがポイントです。 



半音階

 下のような半音階の練習もよく行われます。 練習内容としては一層シンプルなので、純粋な指のトレーニングとしては適しているでしょう。 方法などはいろいろ考えられますが、このようなものがよく用いられます。

半音階


 ポジション移動が頻繁にあるので、ポジション移動の練習によいでしょう。 また一つ一つの音が正確に押さえられるかどうかもポイントです。 もちろん右指の練習としてもシンプルでよい練習です。 アポヤンド、アルアイレ奏法、親指、ゆっくり、速くなど、いろいろ指や弾き方を変えて弾くとよいでしょう。



長短調以外の音階

 これまで音階と言うと、暗黙のうちに長調、短調の音階としてきましたが、実は音階はそれだけではありません。この長短音階以外のものも練習しておくと、さらに良いでしょう。



5音音階(ペンタトニック・スケール)  ~演歌にも、ロックにも

ペンタトニック

 5音音階というと、主に演歌とか日本の歌などで使われますが、 海外でも民族的な音楽などによく使われます。 またロックなどのアドリブでもよくこの5音音階が使われます。 有名なところではビートルズの「レット・イット・ビー」=最近のカタカナ表記だと「レリビー」かな? などがあります。


IMG_0003_201408241308476dd.jpg
レット・イット・ビーのエレキギターのアドリブ部分(たぶんジョージ・ハリスン?)





教会旋法  

 教会旋法には「ドリア調」、「フリギア調」、「リディア調」、「ミクソリディア調」などがありますが、その中でギター曲などで比較的よく使われる「ドリア調」と「フリギア調」の譜例を載せておきましょう。




ドリア調(ドリアン・スケール)  ~果物ではない!

IMG_0001_20140824131808dd8.jpg


 ドリア調の音階とは、長音階の第2音、つまりハ長調の「レ」から始まる音階です。 ただし「ニ長調」のように#などは付けません。 代表的なものとしては「スカボロフェアー」などがあります。 「ドリアン・スケール」といっても果物ではありません、もちろん匂いもしません。


IMG_0004_20140824132547acb.jpg
ドリアン・スケールで出来たメロディとしては有名な「スカボロフェアー」。  この譜面では E-ドリアン・スケールになっている。 「ド」に#が付かなければ普通に「ホ短調」




フリギア調(フリギアン・スケール)  ~フラメンコでよく使われる

 フリギア調は長音階の第3音、つまりハ長調の「ミ」から始まる音階で、スペインの民族音楽(つまりフラメンコ)などでよく使われます。 短調よりもさらに暗い感じがするでしょうか。



蛇に足は不要

IMG_0006_20140824142455eeb.jpg


 上は「入り江のざわめき」のギター編曲譜です。  調号(#など)が付かないところから、一見イ短調に見えるが、「ミ」を主音としたフリギア調で出来ています。 かつてのギタリストの中にはこの曲をイ短調とみて、最後にAmのコード、つまりイ短調の主和音(ラドミ)を弾いている人がいました。 これこそまさに蛇の足を描くようなもの。 私の好みのギタリストであるクリストファー・パークニングがこれをやっていたのはたいへん残念です。




ブルーノート・スケール  ~ブルースをやるなら

 ブルーノート・スケールはその言葉どおりブルースなどでよく用いられます。 ブルースなこをやる人はもちろん覚えておかなければならないでしょう。

IMG_0002_201408241349351b5.jpg



ドリアン・スケールに1個音が加わった

 ブルーノート・スケールはちょっとわかりにくいかも知れませんが、下のようにドリアン・スケールの第4音と第5音の間に1個音が入ったと考えるととわかりやすいでしょう。 この「ラ♭」を「ブルーノート」と言います。

dorian-blue.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する