中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

第16回水戸ギター・アンサンブル演奏会

11月30日(日) 18:00~  ひたちなか市文化会館小ホール

入場無料






IMG_20141012224056fc8.jpg




32年間で16回

 この水戸ギター・アンサンブル演奏会は、32年前の1982年から始めて今年が16回目というとこで、平均するとちょうど1年おきに行ってきたことになります。 実際には何年間か続けて行ったり、また何年間か間が空いたりもしましたが、差し引き、ちょうど1年おきになったということです。



練習場の関係で10名まで

 水戸ギター・アンサンブルは、一時期20人弱くらいの時もありましたが、この10数年くらいは10名前後で、メンバーもほぼ固定されてきました。 日頃の練習は私の教室で行っていますが、その教室に入れる人数、あるいは車の止められる台数の関係で、しばらくこの人数となってきました。
 


今回より二つのグループで

 でも最近、私の教室では他にも熱心にギターに取り組んでいる人が多くなってきて、新たに別グループのアンサンブルを作ることにしました。 したがって、今回の演奏会は、これまで行ってきたメンバー(アンサンブルA)と、新たに結成したアンサンブル(アンサンブルB)との二つのグループにより行うことになりました。


 メンバーの方は私を除いた人数でいうと、これまでのアンサンブル(A)が8名、 新たに組織したアンサンブル(B)が9名となりますが、実際の演奏ではどちらのアンサンブルにも私が加わりますので、9名と10名と言うことになります。 またいつものとおり、独奏、二重奏も加わって、演奏曲目は以下のようになります。


 


   =  第  1  部  =

I.アルベニス : カディス、アストゥリアス  <アンサンブルA>
     
F.カルリ : ロンド ニ長調  <中村俊三   佐藤智美>

M.ポンセ : エストレリータ   F.タレガ : ポルカ「ロシータ」  <及川英幸> 

F.ヘンデル : サラバンド(ハープシコード組曲第11番)、 モデラート(水上の音楽)
M.ルグラン : 風のささやき    ビジョルド : エルチョクロ   <アンサンブルB>



   =  第  2  部  =

A.バリオス : クリスマスの歌、 ワルツ作品8-4   <中川真理子>

F.メンデルスゾーン : ベニスの舟歌、春の歌(無言歌集より)  <中村俊三  佐藤眞美>

J.S.バッハ : 管弦楽組曲第2番~序曲、ロンド、サラバンド、ブーレ、ポロネーズ、メヌエット、バディネリ  <アンサンブルA>




バッハの管弦楽組曲第2番を全曲

 プログラムのほうでは、バッハの管弦楽組曲第2番を全曲演奏するというのが今回の目玉とも言えます。 この組曲は助教以外はよくギター合奏でも演奏されるのですが、長大な序曲(10分弱)も弾くというのが特徴です。 



風のささやき」と「エルチョクロ」は同じメロディ?

 <アンサンブルA>がバッハの曲を演奏するので、<アンサンブルB>のほうはヘンデルの曲を演奏することにしました。 サラバンドはギター独奏でも人気のある曲です。

  「風のささやき」と「エルチョクロ」は出だしのメロディが全く同じです。 意図したわけではないのですが、偶然そうなってしまいました。 曲を決める時に無意識に連想してしまったのかも知れませんね。 しかし拍の裏表は逆!、このことは演奏する際にはとても重要!



 駐車場の混乱を避けるために18:00からのコンサートになってしまいましたが、いつもの通り入場無料ですので、ぜひお出でいただければと思います。




スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する