中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

ソル : ギター幻想曲全集(3枚組)

幻想曲第1~7番(作品7、4、10、12、16、21、30)
セレナード作品37
スコットランドの主題による幻想曲作品40
幻想曲「友情の想い出」作品46
静けさ作品50
村人の幻想曲作品52
モルセー・ディ・コンセール作品54
ベルリンの夜会作品56
幻想曲作品58
幻想曲ニ長調作品番号なし
悲歌風幻想曲作品59

 Guitar : Stefano Palamidessi     BRILLANT 録音2009年



IMG_201504120145551e1.jpg



ブリラントのソル

 前回に引き続き、これもブリラント・レーヴェルのソルのCDの紹介です。 ブリラントの録音はギタリストよりも、作曲家、及びその作品に焦点を当た全集的なものが多く、その作曲家の作品の全貌を知るためにはたいへん貴重なものと言えるでしょう。 また価格が非常に安いというのも魅力です(組ものの場合、1枚あたり1000円以下が普通)。



幻想曲はソルの作品の中で最も充実した内容

 前回はフェルナンド:ソルの練習曲集でしたが、今回はソルの作品の中でも最も重要な作品とされている幻想曲集です。 ソルの作品は他に変奏曲、ソナタ、二重奏曲、小品集などがありますが、やはり内容的にもこの幻想曲集が最も優れているでしょう。

 この3枚組のCDアルバムは、”幻想曲” と名が付けられている作品の他、”幻想曲的” な作品にまで範囲を広げており、質、量ともにたいへん充実したものになっています。 したがって、この3枚組を一気に聴きとおすのは少々無理で、じっくりと時間をかけて1曲ずつ聴いてゆきたいものです。

 優れた曲揃いで、また数も多いので、どの曲に焦点を当てたらよいかわかりませんが、一般的に人気があるのは 「幻想曲第1番ハ短調作品7」 、 「同第7番ホ長調作品30」、 「悲歌風幻想曲作品59」 などでしょうか。



「断章」という曲名だが、完成した作品、しかも長い

 「Morceau de concert」は「演奏会用断章」と訳するのでしょうが、「断章」にしてはちゃんと完成していて、また演奏時間も約15分と大曲になっています。 演奏会などでは弾きごたえも、また聴きごたえもある作品だと思います。 作品番号なしの「幻想曲ニ長調」は始めて聴く曲ですが、なか良い曲です。


IMG_0001_20150412014623b7d.jpg
演奏者の Stefano Palamidessi     



楽譜をよく読みこんだ演奏。 現代の楽器使用

 演奏者の Stefano Palamidessi はイタリアのギタリストで、生年などは書かれていませんが見た感じでは3~40代といったところでしょう。 譜面をしっかりと読み込んだレヴェルの高い演奏だと思います。 楽器は前回の練習曲と違って、現代の楽器(Antonino Scandurra)で、高音がよく鳴り、伸びる感じです。 写真からすると杉材の楽器のようですね。     



今すぐにでも購入を!

 確かにレヴェルの高い演奏ではあるのですが、何といってもソルの作品の中では最も優れた幻想曲集だけに、さらにファンタジーを膨らませてもらえれば、もっと良かったかな・・・・・       ちょっと欲張り過ぎ?   でも、もちろんこのセットは絶対のお買い得!  持っていない人は今すぐにでもご購入を!
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する