中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

<第10回シニア・ギター・コンクール>

  石岡市ギター文化館


 第10回シニア・ギター・コンクールの結果を報告します。 順位は以下のとおりです。

シニアの部(55才以上)

第1位 堀田京子  千葉県  ロマンセ・クリオージョ(ホルヘ・モレル)
第2位 鈴木幸男  茨城県  グラナダ(アルベニス)  エチュード第6番(ヴィラ=ロボス) 
第3位 黒田公子  埼玉県  プレランブロ(ポンセ)
第4位 上原和男  千葉県  アリアと変奏(フレスコバルディ) ダンサ・ポンポーザ(タンスマン) 
第5位 山本英雄  茨城県  アラビア風綺想曲(タレガ) 
第6位 長谷川武  東京都  さくらによる主題と変奏(横尾幸弘)
第7位 相川 明   東京都  ムーンタン(ヨーク)



ミドルの部(35~54才)

第1位 浮海祥治  愛知県  フーガBWV998(J.S.バッハ)
第2位 伊藤 円  神奈川県  想い出(アサド)  スケルティオ・ワルツ(リョベット) 
第3位 増田泰隆  石川県  ソナタ第3番Ⅱ、Ⅲ(ポンセ)
第4位 山岸協慈  新潟県  黒いデカメロンⅡ、Ⅰ(ブローウェル) 
第5位 廣岡甲太郎  群馬県  エストレリータ(ポンセ) アラビア風綺想曲(タレガ)
第6位 松田利枝  滋賀県  愛の歌(メルツ) ラ・ミラネーゼ(クレンジャンス)





 シニアの部の予選は28名のエントリーでしたが、課題曲がソルの「アンダンティーノ ホ長調」で、この曲には出場者たちもやや苦戦していたようです。 音価などを正確に弾くだけでもなかなか難しく、さらにフレージングや、ソルらしい溌剌感などを表現するにはかなりの実力が必要でしょう。

 第1位の堀田さんは音色も美しく、声部の弾き分も良く出来ていて、たいへん美しい演奏でした。 第2位の鈴木さんはグラナダのメロディをたいへんよく歌わせており、エチュードも勢いのある演奏でした。 第3位の黒田さんはたいへん実力のある方だと感じました。若干の混乱がなければさらに上位の可能性があったでしょう。




 ミドル・エイジの予選課題曲の「アデリータ」は愛好者にとってもなじみの深い曲と思いますが、予選出場に当たっては改めて譜面を読み直し、低、高音のバランス、強弱や音色の対比、フレージングなど、改めて考え直す必要もあるでしょう。

 第1位の浮海(うかい)さんはしっかりと低音の上に音楽を作っていたのが印象的でした。 ただアレンジについては疑問の声もありました。 2位の伊藤さんはアサドの曲を美しく歌わせ、リョベットの難曲を破たんすることなく弾ききっていました。 3位の増田さんはポンセのソナタを的確な技術で弾きこなしていましたが、第2楽章などもっと自由に歌わせても良かったかなと思いました。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する