中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

                     

第1ポジション

 運指には右手と左手があり、もちろん右手の運指も大事なのですが、ここでは左手の運指に絞って話を進めましょう。まず最も基本的な左手の運指として単旋律などを弾く場合、1フレットは人差し指(1)、2フレットは中指(2)、3フレットは薬指(3)、4フレットは小指(4)で押さえるというものがあります。これを「第1ポジション」と言いますが、ギターを始める人はまずこれを習得しなければなりません。これにはいろいろな意味があって、ギターを弾くことの最も基本的なこととなります。中には正しい第1ポジションを習得しないまま難しい曲に入ってしまう人もいますが、仮にそれが弾けたとしても、後でたくさんの問題点が出てくることになるでしょう。



親指の位置はやや右より(中指と薬指の間)

 第1ポジションの場合、親指は中指と薬指の間くらいになければならないのですが、人差し指のほうに寄ってしまう人が多いようです。また左手全体に左、つまりネックのほうに寄ってしまう傾向もあります。これにはいくつかの理由が考えられますが、一つには日常生活などでは小さいものを掴む時、普通親指と人差し指で挟みます、ケガでもしていないかぎり、親指と中指、または薬指で挟んだりはしないでしょう。また無意識にナットを基準にしてしまい、何となくそちらに寄ってしまうということもあるようです。


1フレットから4フレットまで各指を拡張

 人差し指と、親指の位置が正しく取れたら、次は他の指を出来るだけ拡げて、1フレットから4フレットまで正確な位置を押さえられるようにしなければなりませんが、小指が4フレットの位置まで届かない場合は、ハイポジションで練習するか、あるいは最初は4フレットは出てこないので、3フレットまでの練習にするとよいでしょう。


自分で思った指が動く

 第1ポジションでのハ長調の音階などの場合、⑤弦の3フレットの「ド」は薬指、④弦の2フレットの「ミ」は中指と、フレットによって押さえる指が決まります。仮に薬指を動かそうと思ったら、中指が動いてしまったなどということがあれば、当然ギターは弾けません。この第1ポジションを練習している間に、必ず自分で思った指が動くようになっていなければなりません。



ポジションという考え方

 第1ポジションが習得出来たら、第2、第5などのハイポジションの練習になりますが、特に単旋律の場合、この「ポジション」という考え方は重要だと思います。この「ポジション」の考え方というのは仮に人差し指が5フレットにあったとしたら、6フレットは中指で押さえ(弦に関係なく)、7フレットは薬指、8フレットは小指というようにするものです。もちろんいろいろな事情で完全にそうなるわけではありませんが、特に理由がなければこのように押さえる指を決めます。こうすることにより、たとえ指を見なくてもそれぞれのフレットの位置が正確にわかるためです。


                    
ポジション移動の回数はなるべく少なく

 また例えば①弦上でローポジションからハイポジションまで音階を弾くような場合、同じ指を連続使用などして頻繁にポジション移動すれば、もちろんそれだけ音の「はずれ」が多くなってしまいます。実際には普通2,3個の音は同じポジションで弾き、押さえられなくなったところで次のポジションに移動すというような方法をとります。ポジション移動の回数が少なければそれだけミスも少なくなるはずです。



第2ポジションの場合は特に親指の移動に注意

 第1ポジションから第5や第7ポジションなどに移動する場合は誰でも親指を移動すると思いますが、第2ポジションの場合は第1ポジションの親指の位置からでもある程度とどいてしまうので、親指を移動しないで弾いてしまう人も結構います。たとえ音が出たとしても当然左手のフォームが不自然になり、余計な力も入り、音の出しそこないも多くなります。また第1ポジションと同じく、このあたりはフレットの幅が広いので、親指の位置が悪いと小指などが届かなくなったりします。したがって特に第2ポジションの場合でも確実に親指を移動して下さい(少なくともフレットの幅分は移動しなければなりません)。また第5や第7ポジションの場合でも親指が左寄りにならないように注意して下さい。



同じフレットの音に進む場合

 ②弦の3フレットの「レ」→①弦の3フレットの「ソ」などのように同じフレットの音が続く場合、これを薬指→薬指と押さえると、どうしても音が切れやすくなります。それを防ぐために、このような場合は①弦の3フレットのほうを小指で押さえます。こうすることによりなめらかに「レ」→「ソ」と弾くことが出来ます。同様に④弦の2フレットの「ミ」→③弦の2フレットの「ラ」の場合は中指→薬指、⑥弦の3フレットの「ソ」→⑤弦の3フレットの「ド」の場合は薬指→小指、とすることもありますが、比較的低い音の場合、音が重なると響きが濁ってしまったりするので、特にレガート(なめらか)に弾く必要がなければ、同じ指の連続使用のほうがよいでしょう。長い音の場合も同じです。



セーハの使用

第5ポジションの①②弦で「ラ」→「ミ」→「ラ」と弾く場合、5フレット→5フレット→5フレットとなり、これを一つずつ押さえているとなかなかスムーズには弾けないので、このような場合はセーハを使用します。つまり和音の場合だけでなく単旋律の場合でもセーハは使うことがあります。また連続はしていないがそのフレーズに何回か同じフレットの音が出てくれば、セーハを使用します(もちろんセーハを使用することが可能ならですが)。しかし逆にセーハを使わないでも弾けるのなら、私の場合あまり使いません、なるべく左指に負担をかけないためと、音色的にもセーハしないほうがよいからです(音色のコントロールは左指でもします)。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する