中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

<中村俊三 ギター・コンサート>   11月29日(日)15:30  ひたちなか市アコラ

            ゲスト : 高矢研二 (恵比寿ギターショップ・カリス・オーナ)

            料金 2000円  要予約



演奏曲目 

<独奏>

ヘンデル : ラルゴ(オンブラ・マイフ ~中村編)

ジュリアーニ : ヘンデルの主題による変奏曲作品107

ソル : ソナタハ長調作品15-2

レゴンディ : 序奏とカプリッチョ作品23


<二重奏>  共演 高矢研二

カルリ : 二重奏曲ト長調作品34-2

ソル : アンクラージュマン作品34



  *同日13:00より愛好家の演奏もあります。 詳細はアコラ・ホームページで





まだフェスティヴァルも終わっていないが

 まだ 「ひたちなかギター・マンドリン合奏フェスティヴァル」 も終わっていないので、ちょっと早いかも知れませんが、11月の。私のコンサートの紹介をしておきます。

 ほぼ年に1度やらせていただいているアコラでのコンサートですが、昨年はアコラ10周年記念ということで、6月に宮下さん、谷島さんなどと出演し、その時はグラナドス、アルベニスを弾きました。 一昨年はパガニーニ・コンサート、  その前は何だったかな?  ・・・・自分で弾いた曲忘れる?



大学時代からの友人、高矢研二君と

 今年は御覧の通り、古典もの、つまり19世紀音楽に焦点を合わせていますが、それに加えて、古くからの友人である高矢研二君と二重奏をやることにしました。

 高矢君とは茨城大学のギター部以来の付き合いで、彼が入学した時、つまり1年生の時に、私が4年という関係です。 彼は入部(入部は2年生から)した時から優れた音感、技術、知識を持っていて、私など足もとにも及ばぬ感じでした。



彼が選ぶ楽器に間違いはない

 私が1974年、つまり私が”大学6年生”で、彼が3年生の時に一緒にコンサートをやりました。 私としてはこれが最初のコンサートです。 1976年に最初のリサイタルをやっているので、言ってみれば ”プレ・デビュー・リサイタル” といったところでしょうか。 その時は、前半に私の独奏を行い、後半に高矢君ともう一人の後輩(小笠原君)で二重奏を行いました。

 高矢君はその後、ギター教師、黒沢楽器などを経て、現在、東京恵比寿で ギターショップ 「カリス」 を開いています。 楽器に関しても完璧な知識と、何といっても優れた ”耳” を持っていて、彼の選ぶ楽器に間違いはありません。 楽器を買うならぜひ 「カリス」 で! 



久々に二重奏をやってみた

 今年、久々に彼が私のところに来て、 「二重奏でもやろうか」 ということになって昔一緒に弾いた曲などを何曲かやってみました。 「最近ほとんどギターを弾いていない」 と言いつつも、相変わらずの腕前でした。

 それがきっかけで、今回のコンサートとなったわけですが、確か、1986年頃に、二人で二重奏のコンサートを行っていますから、約30年ぶりとなります。




レゴンディの「序奏とカプリッチョ」

 さて、私の独奏曲のほうですが、基本的に19世紀の音楽が好きな割には、これまで本格的に取り組んだことがありませんでした。 この時代の作品には大曲が多く、ちょっと敬遠していたところもあります。

 今回の曲の中で、特にレゴンディの 「序奏とカプリッチョ」 は前から弾いてみたいとは思っていた曲ですが、以前(と言っても20年くらい前)弾いてみた感じでは、相当難しく、すぐにあきらめてしまいました。

 創(はじめ)になら問題なく弾けるのではと思い、 「この曲やってみないか」 と薦めてみたことがあったのですが、創はあまり興味がそそられなかったようでした。



フローリアン・ラルースのCDを聴いて

 その後、この曲のことはほとんど脳裏から消えていましたが、再び注目するようになったのは、当ブログでも何回か紹介したフローリアン・ラルースのCDを聴いてからです。 

 確かにこの曲は、演奏するギタリストによっては、ただ長いだけであまり面白そうに感じられないのですが、私はこの曲は弾き方次第で素晴らしい曲になるのではと思っていました。 このラルースの演奏を聴いて、それが間違いないと、確信に変わりました。



意外と私に合っているのでは?

 今年になってからこの曲をちょこちょこ弾き初めてのですが、不思議と昔感じた ”難しい曲” と言った感じはあまりしませんでした。 弾いているうちにだんだんイメージも膨らんできて、今年ははバッハの曲を中心にやろうかと思っていてのを、レゴンディを中心とした19世紀ものでゆこうと計画を変更しました。

 確かに私にはちょっと難し過ぎる曲かも知れませんが、この曲を弾いていると、いろいろイメージも湧き、 意外と ”自分に合っているのでは” と勝手に思っている今日この頃です。

   
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する