中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

<音楽基礎講座>  受講者募集中 



当教室の生徒さん以外でも

 来月(12月)と再来月(来年1月)に、私の教室のスタジオで下記のように、<音楽基礎講座>を行い、その受講者を募集しています。 対象者としては、基本的には当教室の生徒さんということになりますが、それ以外の方でも希望があれば受け付けます。





<Vol. 1  基礎楽典 ~速度標語 >    講師中村俊三

2015年 12月13日(日) 10:00~13:00     19日(土) 18:00~21:00


(同一内容、都合のよい方の日を選ぶ))


IMG_0003_201511081752101aa.jpg



 クラシック・ギターを正しく演奏するには、Adagio、Largo、Andante、Allegroなどイタリア語で書かれた速度標語を正しく理解しなければならない。 講師によるクラシック・ギターの演奏、およびクラシック名曲のCDにより、例をあげながら、速度標語の詳しい解説を行う。 


<ギター演奏曲目>

Largo      ソル : 幻想曲作品7 「ラルゴ・ノン・タント」、 
Adagio     メルツ : 愛の歌
Lento      ラヴェル : 亡き王女のためのパヴァーヌ
         タレガ : アデリータ
Andante    バッハ : 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番より「アンダンテ」
         タレガ : ラグリマ
         ソル : アンダンテ・ラルゴ作品5
Andantino   ソル : アンダンティーノ ニ長調作品2ー3
Moderato   ブロカ : 一輪の花
Allegretto   ハイドン(セゴヴィア編) : 交響曲第96番「奇跡」より「メヌエット」
Allegro     ジュリアーニ : 大序曲
         ジュリアーニ : アレグロ・ヴィヴァーチェ



IMG_0002_2015110817524836d.jpg






<Vol. 2  コード理論 ~基礎和声法>

2016年 1月17日(日) 10:00~13:00     1月23日(土) 18:00~21:00



 ギターであらゆるジャンルの曲を演奏するのに、コード理論は絶対に必要。 ともすれば難しくなりがちなコード理論を簡潔に講義と実践。 明日から使える実用コード理論。



IMG_0001_20151108175358c28.jpg



場所  中村ギター教室スタジオ

受講料  各1000円  教材費1200円《音楽乃友社「楽典」》
    (2回分+教材=3000円) ~どちらか一方、教材なしも可

定員  各日 8~10名   車以外で来られる方歓迎   *先着順に受け付け。定員になり次第受付締切。 







クラシック音楽を演奏するためには絶対必要な知識

 12月の方は、AllegroやAndanteなどの速度標語の話で、クラシック音楽を演奏するためには必ず理解しておかなければならないものですが、実際にレッスンをしていると、正しく理解できていない人が非常に多いのも現実です。 確かに小中学校なの音楽の授業である程度は習っているはずなのですが、ほとんどの人はすっかり忘れているようです。

 また、こうした速度標語は、単に演奏速度を物理的に指示しているだけではなく、曲の内容に深く関係しています。 速度標語を正しく認識することは、その曲を演奏したり、理解する上で、たいへん大きなヒントとなります。

 さらに同じ速度標語であっても、その時代、作曲家、音楽の形態、音符の種類など様々な条件で、異なった速さになります。 また若干演奏速度を変えるだけでも、その曲の表情などがだいぶ変わります。 いろいろな意味で、この速度標語を正しく、また深く理解することは、たいへん重要なことと思います。

 最後には試験問題も用意いたします。 もちろん講義を聴いていれば簡単にわかる問題です。




コードや和声法を学ぶきっかけになれば

1月はコード理論~基礎和声法ということですが、和声法なといものは音楽大学で複数年にわたって勉強するものなので、確かに3時間ほどの講義で理解できるものではないかも知れません。 ギターを習う人は、ギターを練習しながら、少しずつ学んでゆくべきでしょう。

 ここではそうした勉強のスタートとして、ごく初歩的なことを学びます。 また和声法というより、どちらかと言えばより実用的なコードの話として講義を進めてゆきます。もちろん決して難しいものではありません。 最後には簡単なメロディの伴奏付けも行いたいと思います。



申し込みは先着順

 申し込み受付は先着順となります。 部屋があまり大きくないのと、車があまり置けないので、一日あたり10名前後で、同じ内容の講義を上記のように土、日の2日間行いますので、都合のよい日を選んで下さい。  なお、車以外で来られる方については、定員に達した場合でも受け付けます。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する