中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。


<生まれた頃は>


昭和30年代は夢の時代

 私がもの心ついたのは、たぶん3才頃、1954年(昭和29年)だと思います、「もうすぐ昭和30年になる、すごく新しい時代が来る」そんな風に家族の誰かが言っていたのを聴いた記憶があります。とはいってもあの戦争が終わってからまだやっと10年、大人たちのその戦争の記憶は鮮明で、その心の傷、人によっては体の傷もまだまだ癒えてはいなかったようです。大人が2人以上集れば、すぐに戦争中の話になりました。子供の頃はいろいろと恐いものがありましたが、一番恐かったのは戦争かも知れません、真面目に「また戦争になったらどうしよう」なんて心配していたように思います。
 「昭和30年」というのはそんな時代とは決別した、新しい、夢のある、幸せな時代の幕開けなのでは、という期待は当時の人みんなにあったのではないかと思います。そして「新しい」という言葉はすべてに勝る、最もすばらしい言葉のように思えた時代でした。



ラジオのサザエさん

 この時代にはテレビ放送は始まっていたようですが(テレビ放送が始まったのは昭和28年?)、一般家庭には普及しておらず、まだ話題にもなっていなかった頃です。それに代わる娯楽としては映画とラジオがあったわけですが、街の繁華街を歩くと、映画館から音声だけが、それもかなりの音量で聴こえてきます。今では考えられないことですが、それを聴くと、その建物の中には楽しいことがいっぱい詰まっていそうに思えました。
 私と同世代以上の方はよくご存知と思いますが、テレビ・ドラマならぬ「ラジオ・ドラマ」と言うのがあって、今ならテレビ・アニメでやっているようなもの、「サザエさん」とか「怪人二十面相」などはラジオで放送されていました。ラジオ・ドラマというのは実際に画像があるわけではありませんから、言葉を聴きながら一人一人がそれぞれの場面を頭の中でイメージするわけで、きっと昔は一人一人違ったサザエさん像があったのかも知れません。



銀座通り

 夕飯の支度は、今のように冷蔵庫などありませんから、その日、その日で買い物に行かなければなりません。文字通り「買い物かごをぶらさげたサザエさん」の世界です。また車がある家などなく、基本は歩きで、せいぜい自転車です。となれば買い物は当然近くでしなければなりませんから、私の住んでいたところにも、小さな商店街のようなものがありました。十数件ほど商店が並んだその通りは、なんと「銀座通り」と称されていて、夕方になると買い物客で結構賑わっていました。また自転車の荷台に商品を載せて売り歩く、魚屋さん、豆腐屋さん、納豆屋さんなどもよく家まで来ていました。



<大通りの風景>

通りを走るのは

 私の家の近くを片側一車線の県道が走り、今見れば決して広くはない道路ですが、子供の頃はかなり広く感じました。私がもの心付いた頃は、バスや4輪トラック、乗用車などは非常に少なく、その道路を通行するのは、最も多いのが「人」で、次に自転車、人や自転車に曳かれたリヤカー、オート三輪などでした。もちろん砂利道で、雨が降ればあちこちに大きな水溜りが出来、人や自転車はそれらを巧みによけながら通行しなければなりません。また、たまに車が走ってくるとかなり悲惨な状態になりました。馬車もまだ結構通っていて、その砂利道のあちこちに馬糞が落ちていました。
 よく学校や家で「道路で遊んではいけない」と言われていましたから、当時は遊ぼうと思えば遊べる程度の車の往来だったのでしょう。もっとも年を経るごとに車の数は増え、小学5年生頃には危うく轢かれそうにになったこともあり、そんな道路もだんだんと危険な場所になってゆきました。



オート三輪

 当時、商店や多少裕福な農家などで使っていたのが「オート三輪」で、この「オート三輪」も、後にはダイハツ・ミュゼットなど見た目も、乗り心地もよさそうなものが発売されましたが、当時のものは本当にオートバイの後ろに荷台が付いているようなものでした。前面に簡単な風防が付いている程度で、屋根も床もありません。ハンドルも文字通りバイクのハンドルで、助手席に座ると振り落とされそうで、かなり恐い感じがしました。



リヤカー付きの自転車

 普通の農家など、オート三輪のない家では自転車の後ろにリヤカーを付けて物などを運んでいたようです。隣の農家のお父さんにその家の子供たちと一緒に、そのリヤカー付きの自転車で隣町のお祭りに連れて行ってもらったことがあります。道路も今のように舗装されていませんから、普通に自転車で隣町まで行くのも結構たいへんだったと思いますが、その自転車にリヤカーを付け、そこに4、5人子供をのせて漕ぐのですから、相当なものだったと思います。でも当時の大人たちはそんなことを当たり前にしていました。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する