中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

クイーン・ヒミコ・ストーリー   ~なあんちゃって 5



長い年月が流れた

ヒミコがヤマトの女王の座に就いてから長い年月が流れた。

この時代、尾張から三河、駿河にかけての東海地方は、

ヤマト政権の傘下に入る村や国と、そうでないものがが混在していた。



e0119799_20335291.jpg





東国で反乱

また、これまでヤマト政権に従っていた国や村においても、

争い事は絶えなかった、ここにきてそれが頻発するようになった。

東海地方の多くの地域が ”反ヤマト” を掲げて連合する動きも現れた。

尾張、三河、駿河などではヤマトの役人の館が襲われる事態なども起きた。




東国征伐を奏上

西日本を中心とした豪族たちからなる大臣たちは、

ヤマトの宮殿内において会議を開いた。

そして、近畿以西のヤマトの支配下にあるすべての地域から兵を招集し、

東国の反乱を一気に鎮圧すべきという結論に至った。

そしてそれを女王ヒミコに奏上することになった。

これまでの通例では、重要事項は女王に奏上し、神の御意志を聴くことになっていた。

しかし多く場合、ヒミコによって兵を挙げる吉日を占ってもらうにすぎず、

大臣たちが下した判断に、神も、また女王も異を唱えることはあり得なかった。

大臣の誰もが今回の場合も、通例通りに事と思っていた。



hmk.jpg





御簾の奥から

大臣の筆頭が女王の御簾の前で会議の結果を奏上し、下がろうとした。

その時、御簾の奥から、これまで聴いたことない、声が響いた。

その場に居合わせた大臣一同は何事が起きたのかと、一瞬呆然となった。



  「一同の者たち!  聴きなさい!」



ヒミコは女官に御簾を上げさせた。

大臣たちのほとんどは、この時初めて女王の顔を見た。そして声を聴いた。

確かに年老いていはいるが、はっきりとした口調だった。

そしてその老いた顔には、特別な気品が漂っていた。



  「お前たち大臣一同の下した判断は聴いた。

  お前たちはこの度の事態に対して、全国から兵を集め、

  東の諸国と大戦をすると言っている。  

  左様、違いないな。

  しかし、今、この時期、全国から兵を集めたらどうなる?

  この度の東国の反乱の規模を考えると、
 
  生半可の兵の招集では、東国の勢力を打ち破ることは出来まい。

  それこそすべての国から根こそぎ若者たちを集めるくらいの招集が必要。

  しかし、それを今、行ったらどうなる? 」



通例では、女王の話は側近を通して大臣たちに伝えられるので、大臣たちは女王の声を直接聞くことなどなかった。

このように大臣たちに女王自身が顔をさらし、声を張って話をするなどということはありえなかった。

大臣たちの戸惑いも無理はない。

女王は続けた。
 



兵の数や武器で勝るとは言え

  「戦場となった村々が荒廃し、

  あるいは村ごと消え去ったりするのはいうまでもあるまい。

  戦場とならない村でさえ、働き盛りの男を兵にとられ、

  また、その兵のために米を送らなければならない。

  そうでなくとも村々では、昨今の日照りなどで困窮を極めている。

  ここで大八洲全土を巻き込んだ戦など始めては、

  これまでヤマトに従っていた村や国でさえ、反旗を翻すことになろう。
 
  確かに兵力においては我が方が上だ。

  東国勢がどのように兵をかき集めたとしても、

  我が方の半分にも満たないであろう。

  また、戦熟れした、お前たち諸大臣らの采配も卓越したものであろう。

  しかし戦の勝ち負けは、兵力や采配だけで決まるものではない。

  我が方が東国に攻め入った時、東国勢は自らの存亡をかけての戦いとなる。

  おそらく兵も、民もなく、皆、死を恐れず我が方に戦いを挑んでくるであろう。

  我が方は数や武器で勝るとはいえ、

  多くの衆は、村々から強いて集められた者たちだ。

  戦意に差が出るのは明々白々。」 



s26_02.jpg





我がヤマトの命運も

  「この度の戦は簡単に終わるものではない。

  戦いが長引き、年をまたぐことにでもなったらどうする?

  今、倭国を二分しての戦いなど、誰にも利するものではない。

  事態が悪い方向に進めば、半島諸国も黙っていまい。

  その背後の魏とて、虎視眈々我が大八州を狙っている。

  わが方が東へ兵力を集めている際、九州でも攻め入られたら、
  
  いかに九州の強者たちとは言え、抗しきれるものではない。

  ようやく国らしくなった我がヤマトも命運が尽きかねない。
 
  私はこのヤマトを滅ぼすために王になったのではない・・・・・・

  


私に死を


  一同の者!それでも戦がしたいなら、まずこの私を、死たらしめよ!
 
  私は彼の世に行き、そして事の次第を神にお告げ申す。

  その時、神がどういう判断をなされるか、神の御心次第である。

  お前たちが正しいのであれば、神はお前たちを許すであろう。

  しかし、 もし、 そうでなかったら・・・・・

  その先は言うまい。     

  さあ!  お前たちが、自分たちの考えが正しいと思うならば、

  この、女王ヒミコが間違っていると思うのであれば、

  この場ですぐ私を殺しなさい!

  その剣で私を刺しなさい! 




私は神である

  それが出来ぬのであらば、

  神に使える、この倭国の女王ヒミコを、

  この場で私を刺すことが出来ぬのであらば、

  今後のことは、すべて私の命に従いなさい!

  一同の者、すべて私に任せよ!

  私には、この倭国の、あまねく、すべての王、民を守ることを、

  神から委ねられている女王ヒミコである!

  私は神である! 」





その神々しい言葉に

一同の者たちは、その神の姿のあまりの恐れ多さに、

ただ、ただ、ひれ伏すのみであった。

まことに神々しくもあるその神の言葉に、

異を唱える者などいるはずもなかった。 





親政

ヒミコの親政が始まった。

ヒミコの側近として弟などのイト国の官僚たち、

また大陸の事情に詳しい渡来人などが集まった。

東国出身の者もいた。

ヒミコはそうした者たちを、反乱を起こした村や国に使者として送った。

ヒミコは使者たちに、東国の人々を説得するのではなく、

その腹の中にあるものを、真摯な気持ちで聴くように命じた。

しかしその一方で、近江や伊勢、美濃などの箇所に精鋭軍を配置し、

これ以上戦禍が拡がるのを防ぐことも怠らなかった。

 



魏に使者を出し、倭王の称号を得る

ヒミコはこれまで大陸の遼東半島、楽浪郡を押さえていた公孫氏に使者を出していたが、

その公孫氏が魏に滅ぼされた。

そうした情報を素早く得ていたヒミコは、すかさず魏に使いを出し、

魏から倭王の称号を得、自らが、倭国の唯一の王であることを列島全土に知らしめた。

また半島からの鉄製品などの流通をしっかり押さえ、東の諸国へ無言の圧力を加えた。

さらに、政権に従う王、豪族たちには、当時極めて貴重だった魏鏡を授け、

その者がヤマトの王、また魏の王朝が認めた王であることの証とした。




Bronze_Mirror_in_Ancient_Japan.jpg





残された時間はなかった

ヒミコの硬軟両面からの働きかけにより、徐々ではあるが、

政権に従う国、地域も増えていった。

次第に積極的に政権に加わろうとする国々もあらわれ、

東国の大半は政権下に加わるようになった。

結果的に、ヒミコは戦争で大勝利して得られるもの以上のものを、

全く血を流さずに得た。

混迷していた列島も、ここにきて東国の含めた、

本当の意味での大倭国が成立しようとしていた。

しかしヒミコには残された時間はなかった。


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する