中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

中村俊三ギター名曲コンサート 12月4日(日) 14:00~

  ひたちなか市文化会館小ホール



<曲目解説>



永遠のポップス・スタンダード&オリジナル


黒いオルフェ(ルイス・ボンファ)


 この曲は1959年発表の同名の映画の主題曲で、ボサ・ノバの名曲として知られています。 1940年頃からサンバの新しい形として”ボサ” という言葉がブラジルで使われるようになったそうですが、世界的にボサ・ノバが知られるようになったのは1950年代で、この曲も、「想いあふれて」 や 「イパネマの娘」 などとともに、ボサ・ノバと言う音楽ジャンルの形成と浸透に大きな役割を果しました。


m_060_01.jpg



 ボサ・ノバはギターがよく似あう音楽ジャンルで、このボンファを始め、ジョアン・ジルベルト、 カルロス・ジョビン、 バーデン・パウエルなどボサ・ノバ・ギターの名手がおり、今現在でも多くのファンがいます。 

 ボサ・ノバをやりたいという人は少なくないのですが、変化のあるコードを軽快なリズムに乗せて弾き、なお且つメロディも歌わせるというは、なかなか難しいところです。 今回の演奏は私のアレンジによるものですが、前半はじっくりと歌う感じ、後半はリズムに乗せて演奏します。






オネスティ(ビリージョエル)

 ビリー・ジョエルは1970年代から1990年代にかけて世界的なヒット曲を出したアメリカの歌手です。 この曲は1978年の発表だそうですが、どちらかといえばアメリカ国内よりも、日本国内で人気があったようです。  歌詞の内容にも関係があるかも知れませんが、その憂いを帯びたメロディは、私たち日本人の共感を得やすかったのではと思います。 


0-110319-02.jpg


 また、このメロディの動きはアルペジオ的なところが多く、たいへんよくギターに乗ります、ギター独奏に向いた曲と言えるでしょう。 アレンジの方は、何人かのギタリストのアレンジを参考にしながら行いました。





July Breeze(中村俊三)

 この曲は ”永遠” でも ”スタンダード” でもありませんが、無理やりプログラムに入れてしまいました。 まあ、”ポップス” というところだけ合っているかも知れません。 確かにポップス調、最近の言葉で言えば ”アコースティック・ギタ-風” と言えます。

 ”7月のそよ風” と言った意味になりますが、この曲が出来上がったのが今年の7月の末頃で、曲名をどうしようかと、外に出てみた時、その日は真夏の快晴にも関わらず、あまり暑くなく、たいへん爽やかな日でした (爽やかという言葉は、この季節には使ってはいけないようですが)。


CIMG0632.jpg



 どうやら東からの海風が入っているようです。 水戸市では夏でも東よりの風が吹く日はあまり暑くなく、西よりの風が吹く日は猛暑になります。 Breezeという言葉には東風と言う意味もあるようなので、この曲のイメージによく合うと思い、この名前にしました。

 曲の前半はゆっくりとした部分ですが、ギターの響きの美しさと、真夏に吹く風の涼しさを感じていただけたらと思います。 中間部はテンポ・アップして若干 ”暑い夏” となっています。 私が曲を作るようになったのは、今年になってからですが、このJuly Breezeは第5作目となります。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する