中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

宮下祥子マスター・クラス


    2018年3月11日(日)
    中村ギター教室スタジオ




私の生徒さん5人が受講

 昨日、当教室スタジオで、宮下祥子さんのマスタークラス(公開レッスン)を行いました。 私の生徒さん5人にレッスンをしていただき、また10名弱の生徒さんに聴講させていただきました。



CIMG1239.jpg




 宮下さんのアドヴァイスの内容はたいへん基本的なことから、音楽の表現法にいたるまで様々でしたが、それらのことを一通り受講者にお話するというより、一人、一人に合わせ、内容を絞ってお話していました。

 基礎的なこととしては、まず、右手の使い方、音の出し方で、特に和音をバランスよく出す方法など、また左手に関することでは、実際に弦を押さえることのない親指、およびポジション移動についてなどを話されていました。




CIMG1237.jpg




 和音に関する話も多く、各声部の聴き分けや、和声進行の変化を感じることの重要さなどを説明されていました。 また二重奏のレッスンでは、宮下さんのアドヴァイスにより、曲想がよりいっそう強く、ほりが深いものになったと思います。

 私の教室の生徒さんは、私以外の先生のレッスンを受けたことがあまりなく、それぞれ、宮下さんのレッスンはとても新鮮で、刺激になったのではと思います。 また聴講した方たちも、今後の上達に大いに参考になったのではと思います。

 受講曲は、 サラバンドとブレー(ド・ヴィゼー)、 ラ・メランコリア(ジリアーニ)、 二重奏曲ホ短調作品34-6(カルリ)、 練習曲ホ短調作品38-8(コスト)、 ロンド風ガヴォット(バッハ)



スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する