中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。


中村俊三   イサーク・アルベニス作品集(CD) 
    


           2017年9月発売   2000円+税



IMGCD.jpg





収録曲紹介    スペイン組曲作品47より   アストゥリアス、 グラナダ、 カディス、 キューバ、 セビージャ




グラナダ  ~オリジナル4の1曲

 前回はアストゥリアスの紹介をしました。 今回は2曲目の「グラナダ」です。 この曲は1886年頃、当初からこのスペイン組曲の中の1曲として、また 「グラナダ~セレナータ」 という曲名もアルベニス自身によって付けられたものです。 つまりスペイン組曲の ”オリジナル4” の一つということになります。

 因みに ”オリジナル4” の他の3曲は 「カタルーニャ」、 「セビージャ」、 「キューバ」 です、「セビージャ」、 「キューバ」 はこのCDに収録しましたが、「カタルーニャ」 は収録していません。 当CDに収録している 「カタルーニャ奇想曲」 とは別の曲です。




スペイン的な曲を書くようになった頃の作品

 1886年頃といえば、アルベニスがスペイン的な音楽を書くようになった初期のものと考えられ、この曲も作曲技法的に見れば、特にスペイン音楽的な技法を用いていると言う訳ではなく、後期のロマン派の延長と言えるでしょう。 しかしメロディなど、その素材の一つ一つは、やはりスペインの香り高いもので、何と言ってもたいへん美しいものです。




何といってもメディが美しい

 中間部のメロディなど、アルベニスが書いたメロディの中でもひときわ美しいものではないかと思います。 アストゥリアスとはちょっと違った感じの曲ですが、ギターのレパートリーとして、たいへん人気のある曲となっているのはうなづけます。




タレガもリサイタルで弾いていた

 アルベニスとは若い頃から親交のあったタレガがギターへの編曲を残しており、またタレガのリサイタルのプログラムにもその曲名が見いだされ、比較的早い時期からギターでも演奏されていたようです。




グラナダはアランブラ宮殿もある有名な都市

 ところで、このグラナダはスペイン南部のアンダルシア地方のネバダ山脈の山あいにあり、なんといっても有名なアランブラ宮殿のある都市として知られています。

 クラシック・ギターなどやっていると、何となくスペインの地名や都市名を覚えてしまうのですが、このCDに収められている12曲中、8曲はスペインに関する地名などが曲名となっています。 



グラナダ2_22434281
曲名になっているグラナダの街 残念ながら、私はまだ行ったことがない




 私の場合、グラナダ、カディス、セビージャといった都市の ”名前” には日常的に接しているのですが、残念ながら、まだ行ったことがありません (マドリードとトレドにはほんのちょっと行ったことがあるが)。




ギターではホ長調で演奏されることが多い


 ギターへのアレンジは私自身のものなのですが、結果的には他のギタリストなどが弾いているアレンジと、あまり大きな差はないでしょう。 原曲はヘ長調で、タレガがこれをホ長調にアレンジして以来、ほとんどのギタリストがこのホ長調で演奏していて、私のアレンジもそれを踏襲しています。   ・・・・女流ギタリストのニコラ・ホールがイ長調で演奏していたが。




最初に戻るところで 「あれ?」 と思うところがあるかも知れないが

 他のギタリストの編曲と聴いた感じ、ちょっと違って聴こえる部分といえば、中間部で、最初に戻る直前とところでしょうか。 ここに原曲ではヘミオラ、つまり部分的に8分の3拍子ではなく、4分の3拍子となっているところがあるのですが (と私は思いますが)、タレガやバルエコはこのヘミオラを無視したアレンジをしています (と私には思えます)。

 ここを私のアレンジでは原曲どおりヘミオラになるようになっているので、一般的なギター・アレンジに馴染んでいる人にとっては、「あれ? ここちょっと変じゃない」 と聴こえるかも知れません。 その場合はピアノの原曲を聴いてみて下さい、一応私が弾いているように聴こえると思います。

 





③カディス 




1890年頃の作品

 このカディスは1890年頃 「セレナータ・エスパニョーラ 作品181」 として作曲された曲ですが、前述のr通りアルベニスの死後このスペイン組曲第4曲「カディス」 に ”中身だけ” 当てはめられました。 




こちらはクレームが付かない?

 こちらの方はアストゥリアスと違い、あまり中身と曲名が食い違わないせいか、あるいは元々の曲名ではあまり知られていなかったせいか、特にクレームはつかないようです。




現在ではイ長調版が主流


 この曲もタレガがギターにアレンジしていて、当時から演奏されていたようです。 タレガのアレンジはニ長調(原曲は変に長調)ですが、このニ長調版は音域が高く、なかなか演奏しにくいので、現在はイ長調で演奏する場合が多くなっています。
 
このイ長調版が一般的になったのはバルエコの影響が大きいと思いますが、20世紀の前半にもイ長調版が出版されていたようです。 私が若い頃、年配のギター愛好家の方に、たくさんのSP盤などとともに、その譜面を見せてもらった記憶があります。 頼りない記憶によれば、アスピアスの編曲だったと思います。

 でも、そのアスピアス版で演奏するギタリストはあまりいなかったようで、当時このカディスを弾く人は、ほとんどタレガのニ長調版を使っていました。 




Cádiz,_harbour
コロンブスもこの港から新大陸に向かって出航したというカディス港




バルエコ版は弾きやすいが

 今日バルエコによるイ長調版が広く用いられるようになったのは、その演奏のすばらしさと、また弾きやすさが理由と思われますが、バルエコ編には若干編曲ミスも散見されるので、この版を使う人は注意が必要でしょう。 因みに私のアレンジもイ長調で、バルエコ編の影響はありますが、基本的には私自身によるものです。





軽快なテンポで弾くのは難しい

 もっとも、どのアレンジを用いても、あまり簡単な曲とは言えず、伴奏の音型をきっちり、弾んだリズムで弾きながら、メロディを美しく柔軟に奏でるは、かなりの技術が必要でしょう。

 またアレグレットという軽快なテンポで弾くのも、なかなか難しく、私の演奏でも、あと少し速いテンポで弾きたかったところはありますが、私の力だとこのくらいが限度でしょう。   ・・・・だいたい4分音符=84くらいで弾いています。
 
CD発売しました



中村俊三 : イサーク・アルベニス作品集  

     アストゥーリアス、グラナダ、セビージャ 他

      
   


IMGCD.jpg
 
 2017年9月発売   2000円 + 税






スペイン組曲作品47 より アストゥリアス、 グラナダ、 カディス、  キューバ、 セビージャ





この組曲はアルベニス自身が完成したものではない


 今度発売した「アルベニス作品集」に収録した曲目の紹介をします。 といっても、これらの曲は私自身何度も演奏していて、このブログでも何度か紹介していますが、 やはりここは ”宣伝” なので書いておきましょう。

 このスペイン組曲作品は47は上記の曲以外に カタルーニャ、アラゴン、カスティーリャの3曲が含まれ、計8曲の組曲です。 アルベニスが書いた組曲の中でも最も良く知られたものと言えます。




曲名だけはアルベニスが決めたようだが

 しかしこの組曲はアルベニス自身で完成したものでなく、アルベニスの死後、出版社によってまとめられたものです。 これらの8曲中、グラナダ、カタルーニャ、セビージャ、キューバの4曲は188年代の半ば頃に、この組曲を構成する曲として作曲されましたが、残りの4曲については、出版社によって他の組曲に属する作品などが、曲名を変えられ、この組曲に編入されたものです。

 因みにこの組曲の8曲の曲名は、すべてアルベニス自身によって決められたもののようです。 つまり、この組曲はアルベニスによって個々の曲名だけは決められていたが、 ”中身” のほうは4曲しか完成していなかったというこのようです。   




アストゥリアスは ”よそ者” 


 このCDの最初の曲の 「アストゥリアス」 については、当ブログを読んでいる方々には改めて紹介の必要はないと思いますが、この組曲の中では ”オリジナル4” のほうではなく、 ”よそ者” のほうです (こういったこともよくご存じかも知れませんが)。

 もともとは 「スペインの歌作品232」 の前奏曲として作曲されたもので、”オリジナル4” の約10年後、つまり1895年頃の作品です。 このアストゥリアスがこの組曲の他の作品よりもいっそうスペイン音楽らしいのは、この作曲年代の違いもあるのではないかと思います。




かなりフラメンコ的な曲だがスペイン北部の地名が付けられた

 この「前奏曲」が出版社によってこのスペイン組曲の5曲目として曲名だけ 「アストゥリアス~レーエンダ(伝説)」 と決められていたところに ”当てはめられた” わけです。

 そこで、この曲がこの 「アストゥリアス~レーエンダ(伝説)」 という曲名に ”はまっている” かどうかが問題となる訳ですが、 この 「前奏曲」 は、誰が聴いてもそれとわかるフラメンコ風の曲です。 フラメンコといえばスペイン南部のアンダルシア地方ということになります。




沖縄風の曲に ”函館音頭” ?


 しかしこの ”アストウリアス地方” というのはスペン北部で、フラメンコとは全く縁のないところのようです。 そこで、 「この曲をアストゥリアスとするのはけしからん!」 と憤る人もいるわけです。 そううですね、私たち感覚から言えば、沖縄風の音楽に 「函館音頭」 なんて曲名を付けるようなものかもしれません。

 まあ、何はともあれ、今となってはクレームを付けてもしょうがないですね、この曲も 「前奏曲」 という曲名より、「アストゥーリアス」の方が人気も出やすかったのは確かでしょう。 スペインの地図など拡げさえしなければ、アストゥリアスは結構ピッタリの曲名ですね。   ・・・・・少なくとも日本人には。




音量とスピードが上がるように


 なんか、曲名についてだけで話が長くなってしまいましたが、中身の方は多分皆さんよくご存じと思います。 私のアレンジは一般的に演奏されているものと結構違いますが、なるべく原曲に近く、またよりスピードと音量が上がるように工夫しています。 演奏時間も 6:10 と、一般的なギターの演奏よりも若干速くなっていて、意外と(?)じっくり聴くというより、勢いで聴いてもらう感じになっています。 




これまで最も多く演奏してきた曲

 私の場合、ギターに世界にう入り込むことになったのも、またアルベニスという作曲家に強い興味を持つようになったのも、このアストゥリアスが大いに関係し、またこの曲をこれまで40年以上に亘って演奏してきて、コンサートでも間違いなく最も多く演奏してきた曲です。 自分でいうのは何ですが、まさに私の ”十八番” と言ったところで、困った時(?)には、必ずこの曲を弾いてきました。




荘快感とスリル

 そう言ったことで、やはりこの曲を、私の最初のCDの、最初の曲とし、まず皆さんにこの曲から聴いてもらうのが、最も妥当なことかなと思いました。  荘快感と、それにちょっと、スリルも感じていただければ・・・・・・
イサーク・アルベニス作品集  
 
  ギター:中村俊三      税抜2000円   発売2017年 9月






IMG_20170901011810fa5.jpg




  
<収録曲目>
  
  スペイン組曲作品47より
① アストゥリアス
② グラナダ
③ カディス
④ キューバ
⑤ セビーリャ

  組曲「スペイン」作品165より
⑥ タンゴ
⑦ マラゲーニャ
⑧ カタルーニャ奇想曲

⑨ パヴァーナ・カプリチョ
⑩ サンブラ・グラナディーナ

 スペインの歌作品232より
⑪ オリエンタル
⑫ コルドバ 


録音 2017年 4~7月    使用楽器:ヘルマン・ハウザーⅢ 1983






CIMG1132.jpg






<中村俊三 : イサーク・アルベニス作品集> 発売しました

 アルベニス作品集のCD発売しました。 ポータブルな録音機器によるもので、本格的な録音機材を使ったものではありませんが、音質などはそんなに悪くない気がします。 パッケージのデザインは、ちょっと”地味” ですが、かえって真剣にアルベニスの音楽に取り組んだ感じは出ているように思います。

 教材用のCDなどはこれまで何枚か作りましたが、本格的なプログラムで、CD製作会社に発注して作ったCDとしては、これが ”第1段” となります。




私のCD第1段はアルベニスしかない!

 CD発売第1段としては、やはりこれまでいろいろなギターのレパートリーの中で、最も力を入れて取り組んだアルベニスの作品集となりました。 クラシック・ギターの有名な曲を集めた 「クラシック・ギター名曲集」 的なものにしようかと思ったのですが、それはまた後にして、やはり第1段としては、このアルベニスの作品集にしました。




トリミング





有名な曲も、そうでない曲も


 曲目は上記のような12曲で、ギターへの編曲も私自身のものです。 アストゥリアスやグラナダなど、ギターでもよく弾かれ、ギター愛好家にとってはたいへん馴染みの深いものと、パヴァーナ・カプリチョやオリエンタル(スペインの歌)、キューバ(スペイン組曲)など、それほどはギターで演奏されていないものもあります。 




アルベニス




実際は15曲録音したが

 ほとんどのものがこれまで私が演奏会などで弾いてきた曲ですが、キューバとサンブラ・グラナディーナは、今回の録音のために編曲したものです。 実は上記の曲目以外にも、「入り江のざわめき」、 「朱色の塔」、 「マジョルカ」 の3曲も録音したのですが、1枚のCDに収めるには長くなり過ぎて、来年製作する予定の別のCDに収めることにしました。




録音はリサイタルより気楽?

 録音のほうは今年の3月頃から始めたのですが、なかなか満足のゆくものにならず、曲によっては4回くらい録音⇒編集の作業を繰り返しました。

 何日も前からプレッシャーのかかり、前日などたいてい寝付かれなくなったりするリサイタルに比べれば、弾き直しや、編集も出来る録音は、確かに精神的には楽ですが、しかし1回限りのライブと違って、何度も繰り返して聴くことを前提としたCDでは、やはり妥協は許されないので、そうしたプレッシャーは逆にかかります。 




リサイタルはプレッシャーはかかるが、意外とアバウト、でも録音はそうは行かない

  また弾き直しや編集が出来る分だけ、どうしても些細なミスやノイズ、ごくわずかなタイミングの狂い、曲想の一貫性などが気になってしまいます。 逆にリサイタルの場合は、あまり細かいことに気を使ったり、また理想を追い求めたりすると、かえって弾けなくなります。 

 「とりあえず弾ければいいかな」 と思って臨むリサイタルと、自分の出来る最大限のことをしなければならない録音とは、また違ったプレッシャーといえるでしょう。 




一応、自分でも聴けるCDになった

 最終的に、自分で聴ける演奏、自分で聴いて楽しめる演奏と言うことを目標として録音を行ってきました。 時間や日数は思ったよりかかりましたが、なんとか最後には自分で聴いても 「結構聴けるな」 と思えるCDになったと思います。




残念ながら一般のCDショップでは買えない

 個々の曲については、また次回書きたいと思いますが、 発売といっても、残念ながら一般のCDショップなどには置いてなくて、とりあえず、中村ギター教室、ギター文化館、その他 ということになります。 またコンサート等のイヴェント会場などでも販売いたします。

 クラシック・ギターに興味ある人でしたら、それなりに楽しんでいただけるCDだと思いますので、ぜひ聴いてみて下さい。
  
楽譜制作ソフト 7 Scoremakere




楽譜認識



たいへん便利な機能だが

 これらのソフトは印刷されている楽譜をスキャンすることにより、データを取り込むことが出来ます。 確かにこれが出来れば、既存の楽譜を、いちいち手打ちする必要がなくなるので、たいへん便利です。




なかなか完全にはスキャン出来ない

 しかし、実際にやってみるとやはり完全に読み取るjことは出来ず、たいていの場合不完全なものになります。 しかし仮に不完全なものであっても、ある程度読み取ってくれれば、あとは手で修正するだけなので、一から打ちこむよりはだいぶ手間は省けます。
 
 Finale でやってみたところ、小節線がなくなっているなどかなり不完全なものになってしまっただけでなく、それを修正することがなかなか出来ず、結局使い物にはなりませんでした。




 Scoremaker は比較的修正しやすい

 Scoremaker では同様に不完全なものでしたが、修正は出来たので、一応使えると思います。 しかし指番号が♭として認識されてしまったり、丸以外の音符は音符として認識されなかったり、誤認識はかなりあるので、使う時にはかなり注意が必要です。

 おそらく、単旋律などの比較的簡単な楽譜だと十分にその機能を発揮するのかも知れません。 この機能がどれだけ実用的なのかはいろいろ使ってみないとわからないところもあります。




再生


 再生に関しては、最近のソフトはかなりよく出来ていると思います。 もしかしたらそのことにこだわるので、譜面の書き方やレイアウトが自由に出来ないようになっているのかも知れません。 しかし、どのソフトも肝心のギターの音に関しては、私のイメージとはずいぶん違うようです。




強弱記号やリタルダンドなども再生に反映される

 このScoremaker では、再生の際、ピアノやフォルテなどの強弱記号、およびクレシェンド、ディミヌエンド、リタルダンドなどがそのまま効果として音に表れます。 これもたいへん便利ではありますが、若干こだわれば、こうした曲想に関することは非常に感覚的なものなので、想像力を働かせるほうが重要かなとも思います。





久々にMusic Time を使ってみて


 この1か月ほどいろいろなソフトを使っていたのでが、そろそろ今年合奏でやる楽譜を作らないといけないので、久々にMusic Time を使いました。 XPの入ったパソコンが使える間はなんとか使えます(テキストボックスが開けないが)。 



使い慣れているだけに作業は速い

 今回は以前に編曲した「くるみ割り人形組曲」の数曲を、今回のメンバーに合わせて改編したわけですが、使い慣れているだけに作業は速いですね。 ほぼ2日で3曲編曲し直しました。 もっともさらによく見直してパート譜を作ったり、運指を入れたりしないといけないので、かえってこれからの方が時間がかかるかも知れません。



不出来なソフトだが

 このソフト、何といっても不完全なものなので、いつエラーをおこしてもおかしくないので、頻繁に保存する必要があります。 また装飾音などは最近のソフトに比べると少し面倒です。 またコピーや修正の際には、かなり混乱も生じます。



IMG_201702051913003f9.jpg
合奏の譜面(スコア)は、なるべくページ数を多くしないために小節をたくさん詰め込まないといけない。なおかつ音符をあまり小さくしないためには、いろいろ工夫が必要。 今のところ、こんな譜面はMusic Time でないと難しい。  曲は「花のワルツ」



1枚の用紙にごちゃごちゃ詰め込むには

 しかし、何といってもこのソフトが使いやすいのはレイアウトが比較的自由に行えるということでしょう。 合奏の楽譜の場合、パート数も多く、なるべくページ数が多くならないように、A4の紙面を余すことなくすべて有効に使わないといけません。 

 1ページの中になるべく多くの小節を治め、なお且つ音符自体が小さくなり過ぎないようにするのは結構難しいところです。 こんな譜面を作るのは、Music Time でないと難しいところかも知れません




今年の水戸ギター・アンサンブル

 ・・・・話はちょっと変わりますが、前述のとおり、今年の水戸ギター・アンサンブルはチャイコフスキーの 「くるみ割り人形組曲」 から何曲かやります。 今現在、「花のワルツ」、「行進曲」、「トレパック」 の3曲の編曲が終わりました。 ほかに1~2曲やるかも知れません。 

 以前の編曲ではほぼ原曲どおりに編曲したのですが、今回は人数も多いので、なるべく簡単に、それでもなるべく原曲の感じが出るようにと工夫しました。 3月頃からぼちぼち練習始めようかと思っています。    
宮下祥子さん




水戸に引っ越してきた

 宮下祥子さんが昨年(一昨年だったかな?)ご結婚なされたことは、以前当ブログでも紹介しましたが、ご主人が水戸芸術館に勤めることになり、数日前水戸に引っ越して来ました。 昨日は私のところにお引越しの挨拶にいらっしゃいました。 



CIMG0957.jpg
ご主人の仕事の関係で水戸に引っ越してきた宮下祥子さん。 私のレッスン・スタジオで。



 宮下さんのようなギタリストに水戸に来ていただくのは、たいへん心強いことです。 札幌にはお母さんがいらっしゃって、またお仕事で海外を含め、各地を回ることも多く、「半分くらい水戸にいられればいいのですが」 といったことでした。 今後こちらでの演奏や、レッスンの機会も多くなりそうですね。







Scoremaker を使ってみて ~2



運指、スラー、タイ、グリサンド記号など




音符の垂直線上にしか指番号が打てない

 運指については、MUsic Time 意外のソフトはすべて音符と連動する形になっているので、なかなか思ったところに打ち込みにくいところがあります。 特にこの Scoremaker では音符の垂直線上にしか打てず、まずそこに打ってから、後で位置を修正しないといけません。 

 単音の場合はそれほど問題ではないのでですが、和音に打ちこむのが若干問題で(特に和音に運指が必要!) 最高音と最低音は打ちこむ場所がありますが、内声部の音の場合には、その音符に”かぶせて”打つしかありません。 そのあとでマウスで移動させるわけですが、運指が音符と重なっていると、マウスで捕まえるのが難しいです。




指番号がかなり小さい

 さらに、Scoremaker の指番号はかなり小さく、たいへん読みにくなっています。 他のソフトではそれほど小さくないので、このソフトだけですが、これでは多少目が良い人でも読みにくいのではと思います。 

 なんとか運指の大きさを変えることが出来ないかと、いろいろ試したのですが、そうしたことは出来なそうです。 これまでも生徒さんなどから(最近は高齢者が多い) 「音符が小さくて読めない」 とか 「運指が読めない」 といった苦情が多いので、 この運指では教材としては難しいでしょう。




タイ、スラー記号

 スラーやタイの記号に関しては Scoremaker では大きな問題はありませんが、記号の形が変えられたらもっとよいと思います。また和音にタイを付ける場合(これもよくある)、1音ずつ付けなければならないのはちょっと面倒です。



グリサンド記号としては制限があるが

 グリサンド記号については、”グリサンド記号” として打つといろいろ制限があり、なかなか思ったようには打てないのですが、その代わりに 図形的に直線が簡単に打てるので特に問題ありません。 これもこのソフトを選んだ理由です。 Sibelius、Finale ではグリサンド記号がなかなか思ったようには打てませんでした。






テキスト




テキストの書き込みは自由に出来るが


 このScoremakerではテキスト(文章など)はかなり自由に書きこめます。 フォントや大きさの選択も問題ありません、コピーも出来ます。 ただし問題なのは、テキストは音符や小節に固定されるわけでなく、どうやらページに固定されているようで、レイアウトを変更した時、これらのテキストは全然違う小節に移動してしまいます。




レイアウトを変えると、とんでもないところに行ってしまう

 つまり、運指や、強弱記号は音符と一緒に移動するのですが、自由なテキストとして書きこんだ弦の番号や、セーハ、ハーモニックス記号などはページに固定されるので、レイアウトを変えた時、最初に打ちこんだ音符や小節からかなり遠いところに行ってしまいます。

 運指の数字が小さくて使えないとなると、この自由テキストを使って番号を打ち込むしかないのですが、途中でレイアウトを変えたりすると、相当たいへんなことになってしまいます。 レイアウトが完全に決まってから運指などをを書きこめばよいのですが、なかなかそうは行かず、レイアウトを変更しなければならないことはしばしば起きます。



IMG_20170130224241fe4.jpg
このような弦の番号やハーモニックスに記号などは、レイアウトを変えるごとにとんでもないところに移動してしまう。 ピアノやフォルテなどの強弱記号、dim.などの記号は小節に固定されているので、移動することはない。 それならなぜ自由テキストは同じようにしなかったのか?




小節に固定するのが良いと思うが

 これらの記号はレイアウトが完全に決まってから打てばよいのですが、しかし楽譜はその都合に合わせてレイアウトを変える必要は必ず出てきます。 そうした場合にはたいへん不便です(修正出来なくもないが)。 Finale などはテキストも音符に固定する形になっていますが、小節に固定するのが最も使いやすいのではと思います。