中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

<第17回水戸ギター・アンサンブル演奏会  ~録音を聴いて2>



<7重奏>

亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)



テンポ・コントロールがすばらしい


 7重奏は女性メンバー中心のアンサンブルですが、この 「亡き王女ノパヴァーヌ」 はたいへん美しく演奏されています。 テンポ設定も正確に出来、中間部でややテンポを上げるところ、そして最後にまたもとのテンポに戻すところなど、たいへんよく出来ていました。 メンバーの優れたテンポ感によるものだと思います。 



タイミングのズレもなく、音色も美しい

 このようにゆっくりした曲はかえって、個々の音だしのタイミングがずれやすいのですが、そうしたものはほとんどありません。 またそれぞれの音色も美しく、音量バランス、ピアノとフォルテの変化などもたいへんよく出来ています。 トレモロ奏法や、ハープ風のところなどもたいへんきれいに出来ています。 今回の演奏曲目中、最も良い演奏の一つと言えるでしょう。   ・・・・・自画自賛し過ぎ?




リベルタンゴ(ピアソラ)



ちょっとシンプルすぎたかな?

 比較的シンプルなアレンジの分、特に目立ったミスもなく、また軽快なテンポで演奏出来ています。 有名な曲なので興味をもって聴いてもらえたのではと思いますが、ただ、録音を聴いた感じでは、他の2曲のピアソラの曲と比べ、面白さは一歩譲るように思います。     ・・・・・・・・ちょっと贅沢な感想かな? 



付け爪がはがれて・・・・・

 ちょっと気になるところと言えば、私が16分音符の音階を弾いているところで、16分音符の音階そのものはちゃんと拍に乗せて弾けているのですが、最後の音、つまり次の小節の最初の音が爪が引っかかり、遅れて出てしまいました。 ”おっとっと” という感じです。 本番前に薬指の付け爪が取れてしまい、他の曲は何とか弾けたのですが、ここのところは完全に引っかかってしまいました。    ・・・・・・・また言い訳している




ブエノスアイレスの夏(ピアソラ)


パーカッションや効果音も決まり、ともかく面白い

 この曲はたいへんよく出来ています。 パーカッションやその他効果音的な奏法がかなりうまく出来ていて、たいへん変化に富んだ演奏となっています。 やや速めのテンポで弾いているところもいいですね。 もちろんミスらしいミスもありません。

 パーカッション奏法も、ドスンと言った感じの低い音から、軽い音、堅い音、平らな音など、いろいろな音が出ています。 またチョーキングもエレキ・ギターぽく聴こえています。 



それぞれがハチャメチャに弾いているようだが、一応譜面通り

 私が弾いているレントの中間部も中川さん、丹さんの好サポートを得て、たいへんよく出来ています。 最後の部分はさらにテンポが上がってスリリングになっています。 エンディングはオリジナルの演奏を基に、各奏者がアドリブ的な演奏をするように(かなりハチャメチャに)なっているのですが、これもよく決まっていてなかなか面白くなっていると思います。



チョーキング(モドキ)も決まった!

 最後の最後は全員のチョーキングで終わるのですが、実際にはチョーキングではなくグリサンドでやっています。 でもchごっと一工夫してチョーキングのように聞かせているのですが、これも上手くいって、まるで全員でチョーキングをしているように聴こえています。 

 この 「ブエノスアイレスの夏」 は 「亡き王女のためのパヴァーヌ」 とならんで、この日の最高の演奏だと思いますが、面白さを考慮すれば、間違いなくNO.1でしょう。   ・・・・・・自画自賛がNO.1ということじゃないの?
 




ブエノスアイレスの春(ピアソラ)



かなり難しい曲だが、それなりに出来ていた


 この曲は同じピアソラの曲でも上の2曲と比べるとはるかに難しいく、弾くのも、合わせるのも難しい曲です。 それでも完璧とはいかないながら、それなりに演奏出来、変拍子のところも特に問題なくクリヤー出来ました。

 中間部のゆっくりしたところは丹さんのソロですが、たいへん美しく、情感も込められています。 難しさの関係で、多少テンポは遅めに取らざるを得ませんでしたが、まあ、結構面白く弾けてるのではといった感じです。 




ここはどこ? 私は誰?

  ・・・・・ところが、あともう少しで曲が終わるというところで、なんと私ががとんでもない ”大チョンボ” してしまい、あろうことか、2拍もずれてしまいました。 かなり動揺して、どのようにして曲が終わったのかよく覚えていない・・・・・・  ここはどこ? 私は誰?     言い訳不能!






IMG_1409.jpg




<全体合奏>

ロンド(ソル)



気を取り直して

 早く気持ちを切り替えないといけない。 次はソルのロンドです。 この曲はクラシック・ギターの曲としては、まあまあ知られているといったところでしょうか。 オリジナルの独奏曲もなかなか良い曲で、セゴヴィアはじめ、いろいろなギタリストに演奏されています。



ソルのオーケストラ曲をイメージして ~モツァルトをパクった?

 そのギター独奏曲を私がギター合奏に編曲したものですが、音域は5度上げています。 音域を拡げ、対旋律やバス・ライン、細かい伴奏形などを追加しています。 ソルのオーケストラ曲をイメージしたのですが、ちょっとモーツァルトぽいところもあります (意識的に ”パクッタ” ところもある)。



曲想もクリヤーに、軽快に、オーケストラぽく

 今年の7月に水戸芸術館でも演奏していますが、そうしたこともあって、この日の全体合奏の中ではたいへんよい演奏となっています。 テンポ・コントロールも比較的出来ていて、軽快なテンポで弾けています。 音量の変化なども上手く出来ていて、確かにソルのオーケストラ曲ぽい感じは出ています。



何度かためらったが

 この曲、実は数年前から編曲にとりかかり、何度かやってみようと思っていたのですが、その都度 「やっぱりあまり面白くないかも」 取りやめてしまったものです。 今回他に候補が思いつかなかったので、思い切ってやってみたのですが (その間、何度も編曲し直している) とりあえず、やってよかったなと思います。





ペルシャの市場にて(ケテルビー)


だいぶよくなってきた

 昨年から練習している曲で、確かにだいぶテンポも上がり、”こなれた” 感じがあります。 昨年練習開始早々では音量や、音域のバランスが悪く、何回も楽譜を書き直しましたが、そうした点ではだいぶまとまってきました。 

 この曲を演奏会場で演奏するのは3回目ですが、テンポ、特に速い部分のテンポはだいぶ上がり、速いところと遅いところの変化もだいぶついてきました。 また各メンバーがだんだん自信を持って音を出せるようになったのか、音量もかなり上がりました。

 この曲はもともとオーケストラ曲といっても特に複雑なものではなく、各パートがhぼ同じ音になっていたりします。 また全体が2拍子という、たいへん合わせやすい拍子で出来ています。 聴く側からしてもたいへんわかりやすい曲だと思います。 そうしたところがこの曲がギター合奏の定番曲になっている理由でしょう。




定番曲だけにハードルも高い


 となると、聴く側のハードルも自然と高くなることになります。 そうなるとどうしても、もう少し正確に、ピシッと弾かないと、聴いている人に納得してもらえないでしょうね。



単純ミスも目立ってしまう

 特に他の曲に比べてミスが多いと言う程ではありませんが、でも前述のとおり、ほとんどのパートが同じような音を弾いてる曲なので、フレット間違いのような単純ミス、あるいは各メンバーの音出しのタイミングのズレなども、結構目立ってしまいます。

 また、何といってもテンポ・コントロールが難しい、曲が進むにつれてだんだん速くなってしまうというのは、どの団体も同じかも知れません。 例えばだんだん遅くなる傾向の人が3分の1、正確なテンポで弾く人が3分の1、だんだん速くなる人が3分の1といった団体があったとすれば、この場合結果的には必ず速くなります。



重ねて

 つまり、どうしても先に行ってしまう人に合わせるしかなくなる訳です。 そういった意味では完璧なテンポ・コントロールをした「亡き王女のためのパヴァーヌ」のメンバーに改めて拍手を送りたいところです。    ・・・・・重ねて自画自賛? いや私のこと言っているのではなく、他のメンバー、特に女性メンバーについてです。





<アンコール曲>

オブラディ・オブラダ(マッカートニー)



ベースラインはクリヤーになった

 リハーサルでは低音が不明瞭だったのですが、本番では解消されましたね、音量バランスもよくなり、軽快さも出てきたようです。 でも聴いてまず気になるところといえば、最初の8分音符のメロディがかなり前のめりになっていることです。



簡単なはずのところがかえって合わない

 でも不思議なものですね、この冒頭の部分は同じ音(この編曲ではソ#)が8分音符が1小節に8個ということで、タイミングの取り方としてはかなり簡単なはずです。 その後のほうではメロディが裏打ちが中心となり、人によってはなかなかタイミングをとるのが難しくなります。  その簡単なはずの表打ち部分のテンポが速くなり、その反対に裏打ち部分の方がかえってテンポ的には安定しています。

 どうも傾向として表打ちはだんだん速くなり、裏打ちは遅くなる傾向があるようです。 表打ちの場合でも常に裏を意識出来ればテンポも安定するようです。 練習中には、時折そのjことを言っているのですが、なかなか分かってはもらえません。



厳しい耳の人にも楽しんでもらえれば

 この演奏がよかったか、そうでなかったかは、聴く人によるとは思いますが、出来れば(あくまで出来れば)、もう少し厳しい耳の人のでも楽しんでもらえるようになればと思います    ・・・・・・・最後にやっと反省らしくなった?


 もしよければ、録音のCD、出演メンバー以外の方にも差し上げます。 出来れば手渡し可能な方。
第17回水戸ギター・アンサンブル演奏会  ~録音を聴いて 




身を切る覚悟で

 水戸ギター・アンサンブル演奏会が終わって1週間ほどになります。 前回の記事では、大ざっぱに感想を述べましたが、今回は演奏会の録音を聴ながら、個々の演奏について振り返ってみようと思います。

 振り返るにあたっては、出来るだけ客観的に、他人の演奏のように1曲1曲振り返りたいと思います。 身を切る覚悟で、厳しく、メンバーや私自身を甘やかせず・・・・・・   

 しかし、当アンサンブルのメンバーは基本的にアマチュアで、高齢になってからギターを始めた方も少なくない、また私自身の能力にも当然限界がある、やはりそれは加味した上でのこととはなるでしょう。     ・・・・・・早速言い訳?

 



CIMG0720_2016101113223356b.jpg




<全体合奏>

グリーン・スリーブス(イギリス民謡)


 全体的にはよくまとまっていたのではと感じました。 演奏会の冒頭で演奏することを想定して編曲したので、あまり無理なことはせず、演奏しやすく譜面は作ってあるのですが、目立つミスや、アンサンブルの乱れも少なく、音量バランスも良かったと思います。

 アレンジのほうでも音域を広くとってあり、奥行きのある感じに聴こえます。 途中でテンポが速くなる部分を作っておきましたが、これも効果的だったかなと思います。 演奏の乱れもなく、ほぼ想定通りに出来ています。 付点音符がほんの気持ちずれ気味のところまありますが、この人数からすれば、やむを得ない範囲と思います。

 結果的には、コンサートのオードブルとして十分に役割りを果し、後続の曲へ期待を繋げられたのではと思います。




レット・イット・ビー(マッカートニー)

 練習の時にはいつも私が少し遅めに合図してしまう傾向があり、この日は気持速めにスタートしてみました。 確かにスタート時には適切なテンポだったと思いますが、メロディが始まってからどんどん加速してしまい、ちょっと落ち着かなくなってしまいました。 

 冒頭のメロディは簡略化して、ほぼ8分音符となっているのですが、弾きやすい分だけ、前のめりになってしまったようです。 
パートによってはオリジナル通りの譜割(16音符やシンコペーション多用の)となっていて、そちらの方は逆に難しいのでテンポ自体は安定していました。

 この曲はバス・ラインの動きにも魅力がありますが、そのバス・パートはクリヤーにたいへんよく弾けています。 例のエレキ・ギターのソロ・アドリブ部分も結構弾くのが難しいところですが、なかなか良く弾けていました。
 



<小合奏>

ラルゴ(ヴィヴァルディ)


 この曲も特に大きなミスもなく、それなりに弾けてはいるのですが、曲の内容から言って、もうちょっと落ち着いて、ゆったりと弾ければよかったかなと思います。 そうすることにより、後続の2曲も引き立ったと思います。

 もっとも、そうしたこと(落ち着いて、ゆったり弾く)が一番難しいとも言えるでしょうね、演奏会場で多くの観客 (ものすごく多い訳ではないが) の前となると、例え簡単な曲でも平常心とは行かないでしょう。 

 ともかく、こうした曲では自分の音も、他のパートの音もしっかり聴く、特に練習時にしっかりと聴く習慣を付けましょう。 「一に聴いて、二に聴く、三、四がなくて、五に聴く」 と言うところでしょう。 




目覚めよと呼ぶ声あり(バッハ)

 なかなか難しい曲で、練習中はパートごとにずれてしまうこともしばしばだったのですが、そうしたことからすればこの日はたいへんよく出来たかなと思います。 多少のミスも散見されますが、聴いた感じも、まあまあよかったのではないかと思います。 前述のとおり、弾くだけでなくさらに自分以外のパートの音もちゃんと聴き取れるようになれば、さらによくなるのではと思います。

 ・・・・・・出だしの音(ラ)が異様に大きくなってしまいましたが、私が合図をしながら弾くので、ついつい大きくなってしまいました、 反省。




涙のトッカータ(ローラン)

 前の2曲が静かな感じなので、勢いよく行きたいと思い、テンポもやや速めにとりました。 メンバーの事を考えるとギレギレといったところでしたが、よく頑張ったと思います。 多少のミスはやむを得ないところですが、間延びせず、スリリングには弾けたかなと思います。 パートごとのズレのようなものはありませんでした。





<二重奏>
メフエット(ボッケリーニ)


 特にミスもなく、また特にテンポを遅くしたりもせず、そこそこ弾けているのですが(1st は私)、 何でしょうか? イマイチいい演奏にはなっていません。 なにが悪いんだろうか、アレンジの問題? 演奏のキレの問題?   ・・・・どうもこうした曲を、軽快に、すっきりと、聴く人が楽しめる演奏にするには、かなりの技術が必要なのでしょう。




アルビノーニのアダージョ(ジャゾット)

 こちらはたいへん楽しめる演奏ですね、お客さんの反応もよかったようです。 技術的にも私たちの演奏レヴェルに合っていたのでしょう(1stは中川さん)。 バロックのような、ロマン派のような、そんなこの曲の ”中途半端さ” がギターにはたいへんよく合っているようです。

 ただし、二人とも全く同じタイミングで弾く音がかなり多く、よほど二人のリズム感というか、タイミング感覚といったものが合っていないと、ばらつきは目立ってしまいます。 同じタイミングの音を弾くのは一見簡単そうですが、同じタイミングの分、少しでもずれると誰にでも分かってしまいます。 

 そう言った点では、この日の演奏で、聴いた感じ特にずれているところはなかったようです。 中川さんの高音のメロディも美しく弾けていましたが、私の途中で入るアドリブぽいところも、若干濃い表情で、かなり気持ちが入った演奏になっていました(自画自賛?)。




パスピエ(バッハ)


 練習を始めるまでは特に難しい曲とは思わなかったのですが、実際に練習に入るとなかなかすっきりと行きません。 よくトラブルを発生させていました。 そう言った点では若干の音ヌケはあるものの、この日の演奏はよく弾けていた方でしょう。

 確かにこうした無窮動的な曲は、実際に演奏するとなかなかたいへんですね。 休みどころもないし、一度トラブルとその収拾はなかなか難しい。 本当はもっと速いテンポで弾かなければならなかったのですが、本番ではついつい無難にと、練習時よりややおそめのテンポになって(して)しまいました。 
第17回水戸ギター・アンサンブル演奏会終了しました





ありがとうございました





CIMG0717.jpg




 本日第17回水戸ギター・アンサンブル演奏会を行いました。 ひたちなか市文化会館に、約百数十名の方々に来ていただきました。ご来場下さいました方々、本当にありがとうございました。



CIMG0743.jpg




 曲目などはこれまで書いた通りで、演奏内容の方は、一部の曲では練習時とはちょっと違ってしまったものもありましたが、全体的に見れば、まあまあ予定通りに出来たかなと思います。 もちろん不十分なところは多々あるとは思いますが、曲や、演奏の面白さなどは、ある程度お伝え出来たのではと思います。



CIMG0718.jpg



 演奏時間も休憩を含め、2時間弱と、ちょうど良いところに収まったかなと思います。 プログラム的にも、ポユラーな曲とクラシカルな曲とのバランスもそれなりに取れていたようにも思います、少なくとも演奏している方としては、楽しめました。


CIMG0719.jpg



 少したら、録音を聴いていろいろ反省したいと思いますが (反省材料多発?)、 とりあえず、今日のところは、自分自身にも 「お疲れさまでした」 としておきましょう。  本当にありがとうございました。


CIMG0738.jpg
<パク・キュヒ ギター・リサイタル> 

    9月25日(日) 水戸芸術館



   =プログラム=

スカルラッティ : 4つのソナタ

タレガ : アランブラの想い出、 アラビア風綺想曲、 椿姫幻想曲

アルベニス : アストゥリアス、 カタルーニャ綺想曲、 コルドバ、 セビージャ

ブローウェル : 旅人のソナタ

バリオス : 森に夢見る

ヒナステラ : ソナタ


 *アンコール曲 ディアンス : タンゴ・アン・スカイ




o0361046711166860575_20160925225647dc2.png




満席のATMホール

 キュヒさんのリサイタルを聴くのは一昨年に続き、2度目となります。 約600席ほどのキャパの水戸芸術館ATMホールですが、ほぼ満席で、キュヒさんが、今現在世界的な評価と人気を得ていることを示しています。




やはりスカルラッティは素晴らしい


 若干曲目は違いますが、スラルラッティのソナタで始まるのは、一昨年の日立シビック・ホールでのリサイタルの時と同じですが、やはりキュヒさんのスカルラッティは素晴らしい。 美しく、キレのある音は、この曲にたいへん合っているようです。 決して ”オードブル” と言った感じではなく、これだけでも十分に満足できるものです。 

 最後のヒナステラのソナタも前回聴きましたが、これもたいへん楽しめる演奏、あるいは曲目でした。 キュヒさんも得意としている曲なのでしょう。



これが現在の世界標準?

 トレモロ奏法の名曲とされている 「アランブラの想い出」 と 「森に夢見る」 の2曲を演奏しましたが、そのトレモロの音の美しさについては、言うまでもなく、会場の誰もがそう思ったでしょう。 ただ、最近の若いギタリストの多くは(前に書いたヴィドヴィッチなど)、このように美しいトレモロを演奏しています。 音の美しさに加えて、歌わせ方や音の増減など、そう言った点もたいへん共感しやすいものです。

 前回の書いたような気がしますが、キュヒさんの演奏は、その外見から感じるよりは、ずっと積極的なものと言うことも出来るでしょう。
<第48回水戸市芸術祭水戸市民音楽会 7月17日(日)水戸芸術館>



 昨日水戸市芸術館で第48回水戸市芸術祭市民音楽会が行われ、私の教室で行っている水戸ギター・アンサンブルも参加し、私自身も実行委員として裏方をやりました。 
 

IMG_201607181310336d5.jpg




滅多に聴けない、いろいろな楽器が登場

 内容は各種楽器の独奏から合奏31団体によるもので、計5時間にわたるコンサートです。 基本的にはアマチュアの方が中心のコンサートですが、本当にいろいろな楽器の演奏があり、”ヘルマン・ハープ” などあまり見かけたことのない楽器なども登場しました。 演奏レヴェルも非常に高いものもあり、とても飽きないコンサートではないかと思います。



310px-Arttowermito_20160627154501512.jpg





出演者の方々には・・・・・・・

 来場者は昨年より若干増えたそうですが、コンサートの時間も長いせいか、最後の方では客席にはほとんど人がいなくなってしまう状態でした。 少なくとも出演者の方々は最後まで聴いてほしいとは思うのですが・・・・・・・



IMG_0001_20160718132619b64.jpg
昨年の水戸市民音楽会での水戸ギターアンサンブルの演奏



たくさんの団体が出演したが

 今回も出演団体からの有志による実行委員、水戸市、および水戸芸術館の方々など、たいへん多くの人によりこの音楽会が運営され、たいへん多くの参加団体と参加者がありながら、特に大きなトラブルもなく、またほとんど予定どおりに進行できました。 進んでご協力いただいた各団体の皆様と、水戸市民音楽会の関係者の方々に御礼申し上げます。



本当に細かく配慮していただいた

 特に実に隅々まで細かく配慮し、ステージのセッティングしていただいた芸術館のスタッフ、およびそのアシスタントの方々には頭が下がります。 本当にありがとうございました。