中村俊三 ブログ

中村ギター教室内のレッスン内容や、イベント、また、音楽の雑学などを書いていきます。

シニア・ギター・コンクール

 5月3~4日  石岡市ギター文化館




IMGP0050.jpg




今日石岡市のギター文化会館でシニア・ギターコンクールのシニア・エイジ部門(60~69歳)とミドル・エイジ部門が行われました。 結果は次の通りです。



 シニア・エイジ部門

第1位   種谷信一(埼玉)    <自由曲>  盗賊の歌(リョベット)、 歌と踊り(ピポー)
第2位   山本英雄(茨城)              プレリュードとアレマンデ(ヴァイス)
第3位   川田隆夫(北海道)            「社交界の小品」より作品33-1
第4位   上原和男(千葉)              魔笛の主題による変奏曲
第5位   熊谷晴功(秋田)              ラグリマ(タレガ)、素朴な歌(佐藤弘和)
第6位   長塚  彰(茨城)              グラン・ソロ(ソル)




 ミドル・エイジ部門

第1位   近藤 勲(千葉)      アリアと変奏(フレスコバルディ)
第2位   松本 聡(東京都)    パヴァーナ(タレガ)、 戦士のハープ(ブローウェル)
第3位   上原 淳(千葉)      前奏曲第2、4番(ヴィラ=ロボス)
第4位   浮海祥治(愛知)     ロンド風ガヴォット(バッハ)、 セビーリャ(アルベニス)
第5位   渡辺 洋(東京)      粉屋の踊り(ファリャ)
第6位   守賀津雄(埼玉)     プレリュード、バルカローレ、ダンサ・ポンポーザ(タンスマン)






シニア・エイジ部門

 以上の結果でしたが、シニア・エイジ 1位の種谷さんは盗賊の歌やピポーの歌の部分など、たいへん美しく演奏していました。 舞曲の冒頭など、若干指が弦を捉えきれなかった点はあるものの、終始軽快なリズムを崩さなかったのがたいへんよかったと思います。

 山本さんのヴァイスは、聴く人の気持ちを十分に捉えるところがありました。 低音もしっかりと深い音を鳴らしていたのですが、若干ばらつきがあり、 ”バス・ライン” というより ”点” に聴こえてしまったところが惜しまれます。 でもたいへん素晴らしい演奏で、審査員の評価も種谷さんと2分されました。

 川田さんはソルの作品の中では、あまり演奏されない曲を演奏しましたが、なかなかよい曲だと思いました。 たいへんしっかりと弾けており、またこういった曲に取り組む姿勢なども評価されるべきだと思いますが、カンタービレの部分とアレグレットの部分がなんとなく同じように進んでしまい、長調に変わっても、あまり変わった感じがしなかったなど、聴衆や審査員としては、何かもう一つ期待するものがあったのではと思います。 




ミドル・エイジ部門

 ミドル・エイジ 1位の近藤さんは予選のソルのエチュードもすばらしく、また本選のアリアと変奏も美しい音で、全く破たんなく演奏していました。 ただ全体に遅めのテンポで、本来速めに演奏されるべき変奏もあまりテンポを上げることなく演奏していたのが、少し気になりました。 この方の力からすれば、もう少しテンポを上げても十分に弾けるように感じました。

 2位の松本さんはブローウェルの曲を正確に弾きこなしていましたが、パヴァーナのほうで、本来あるべき低音が聞こえなかったと言う箇所がいくつかあり、ちょっと気になりました(予選でもその傾向があったかな?)。 戦士のハープのほうも、美しい音で弾けているのですが、表情の変化というか、柔軟性のようなものがちょっと欲しかったかなと思います。 

 3位の上原(淳)さんは前奏曲第2番のほうで音が出し切れなかった部分が若干ありましたが、4番の方の低音は、何か、もの凄い音で、プロ、アマ問わず、このような低音を出す人はあまりいないのではと思いました。 またその響きのヴァリエーションもいろいろあり、独特の世界感で、とても楽しめました。





予選

 予選課題曲は、シニア・エイジではコストの練習曲ニ短調(教材として有名な練習曲)で、26名の方が挑みました。 比較的弾きやすい曲だったのか、あまり大きく破たんする人は少なく、審査員の間でも 「この曲で決めるのは、かえって難しい」 との声もありました。 確かに、メロディをきれいに歌わせている人は多かったと思います。

 ただ、この曲は4弦の解放と、2弦、3弦のハイポジションを同時に弾くことが多く、その際にチューニングの乱れががかなり気になりました。 また、単独で弾く低音はたいへん大きな音で弾くが、メロディと同時に弾く低音は聴こえないなどと言ったこともよくありました。 練習の際には、メロディだけでなく、そう言った点もよく気を配らないと、なかなか予選は通りにくいのかなと思います。



IMG_0002_2017050423180389a.jpg
確かに弾きやすい曲ではあるのですが。


 ミドル・エイジはソルの練習曲ハ長調Op.35-13で、こちらはだいぶ苦戦していた人が多かったようです。 「ほとんどの出場者は、かなり難しい曲を自由曲に選んでくるのだから、この程度の曲は完璧に弾けて当たり前」 という声もありますが、この曲のようにアルペジオを弾きながら、メロディの音を、特に薬指で正確に捉えるのは、決して簡単なことではないでしょう。 

 また、最後の方のやや押さえ方が難しくなった部分を問題なく弾いていた人は非常に少なかったようです。 上手くポジション移動が出来なかったり、またセーハが出来ないなどいったことは、裏側の親指に問題があることが多いようです。



IMG_0001_201705042318354a3.jpg
見た目は簡単そうだが、薬指などで正確に現を捉えるのはなかなか難しい。 終りの方がちゃんと弾けた人も非常に少なかった



リスペクト部門、フーチャー部門

 また3日には70歳以上のリスペクト部門と25歳以下のフーチャー部門がありました。 リスペクト部門は7名、フーチャー部門は1名のエンソリーです。 リスペクト部門では岡部直明(東京都)、関明矩(千葉県)、有我等(茨城県) の三人の方が優秀賞にえらばれました。  来年はこの両部門もよりいっそうエントリー者が増えればと思います。
新井伴典&宮下祥子 デュオコンサート

  4月1日(土) 東京都ティアラこうとうホール



 <演奏曲目>

M.ジュリアーニ : 協奏風変奏曲 作品130

E.モリコーネ : ニューシネマパラダイス、 初恋、 愛のテーマ

A.ジョリベ : 2つのギターのためのセレナード

佐藤弘和 : 風が運んだ4つの歌

A.ピアソラ : タンゴ組曲

F.ソル : 幻想曲作品54bis


 *アンコール曲  マイヤーズ : カヴァティーナ





二人は同世代


 昨日、上記のとおり新井伴典さんと宮下祥子さんのデュオ・コンサートに行ってきました。 二人はほぼ同世代ですが、デュオを行うのは今回が初めてだそうです。




IMG_0001_2017040217484230c.jpg





本格的デュオ・コンサート


 通常デュオ・コンサートといっても、お二人のように主にソロ活動をしているギタリストどうしの場合は、デユオの曲目は半分くらいで、残り半分はそれぞれ独奏を行うのが普通ですが、 今回のコンサートでは完全に二重奏のみのプログラムになっています。 つまり本格的なデュオ・コンサートといえます。

 プロログラム構成としてはジュリアーニとソルという古典派時代の両巨匠の作品を最初と終わりに置き、その間に20世紀以降の作品を置くといったものです。 




IMG_2017040217491588f.jpg





ご冥福をお祈りします

 ギターのための作品を数多く残し、アマチュア、プロを問わず様々なギタリストにその作品を演奏されている佐藤弘和さんは、残念ながら昨年50歳という若さで亡くなり、その佐藤さんの曲目が演奏されました。 ご冥福をお祈りいたします。

 ジョリベの作品は伝説のデュオ、プレスティ&ラゴヤのために書かれた無調の曲ですが、最近このような無調の作品はあまり演奏されなくなりましたね。



デュオの名曲として定着

 タンゴの巨匠と言われるアストル・ピアソラの作品は1990年代から2000年代にかけてたいへんよく演奏され、”ブーム”的な感じでした。 最近はそうしたものもやや落ち着いてきましたが、このアサド兄弟のために書かれた 「タンゴ組曲」 はギター・デュオのための作品のなかでは超一級品として、今現在も将来も演奏されて行くでしょう。 お二人の演奏からはそんなことが感じられました。




とてもスペイン舞曲

 私も時折演奏することもあるソルの幻想曲の「エスパニョール」は、沸き立つリズムで、まさにファンダンゴと言った感じでした。 全体に、速いテンポの曲はより速めに演奏され、たいへんきびきびした演奏でした。 




ラ・マンチャの歌を思い出す

 そう言えば新井さんの演奏は久々に聴きました。 私が最初に新井さんの演奏を聴いたのは確か新井さんが中学生くらいの頃っだたと思います。

 学生ギター・コンクールでモレーノ・トロバの「ラ・マンチャの歌」 を聴きましたが、明るく溌剌とした演奏で、その時の印象はよく覚えています。 もちろん、その当時と今では全く違う演奏なのでしょうが、新井さんの音を聴いていて、その時の演奏を思い出しました。





浅草といえば

 コンサートは19:00~だったので、その前に浅草とスカイ・ツリーに行ってきました。 浅草といえば、私の生まれは栃木県の現在は栃木市となっているところなので、東京に行く時には東武日光線で浅草駅まで行き、そこから地下鉄にのりました。

 東京に親戚があったので、よく(おそらく年に2、3度)この東武鉄道で東京に行っていました。 浅草と言ってもそこで乗り換えるだけだったので、浅草の街へは今回初めて行きました(行ったことがあるかも知れないが、記憶はない)。 



CIMG0964.jpg
お馴染みの雷門の提灯




”雷” のちょうちん

 かなり寒い日でしたが、やはり人であふれています。 最近行ったところでは最も混んでいるところかなと思います。 あまり寒いので、とりあえず ”雷” の提灯のある門をくぐってお参りして駅に戻りました。 



CIMG0969.jpg

仲見世通りはかなり混んでいる





当然ながら近くで見ると大きい

 その昔よく乗った東武日光線に乗ってスカイツリーまで行きましたが、スカイツリーが昔よく乗った東武線沿いにあったのは、今回気が付きました。 スカイツリーは高速バスの窓越しに見たり、またテレビで見たりはしていましたが、間近で見ると、当然ながらその大きさに感じ入ります。 



CIMG0977.jpg

近くで見るとさすがに大きい




CIMG0980.jpg

東武浅草駅方面を望む、その上の方には浅草寺も見える。  子供の頃、よくこの東武線で栃木から東京に行ったが、電車が川を渡って大きなビル(松屋デパート) に入っていったのをよく覚えている。 当時は他に大きなビルなどはなく、かなり大きなデパートに思えたが、今ではあまり目立たない。 当時屋上が遊園地のようになっていて、そこで遊んだのがとても楽しい思い出となっているが、今ではそれもなくなっているようだ。 (デパートそのものも残っているのかな?)




CIMG0982.jpg

屋形船が出ているが、さくらはまだよく咲いていない




竜神狭のほうが怖い?

 450メートルという回廊展望から見る風景はあまりにも高すぎて、まるでミニチュア模型を見ているか、あるいはテレビモニターを見ているような感じです。 東京タワーの展望台から真下を見ると、ちょっと怖い感じがしましたが、ここではそんな感じもしません。 怖さで言ったら、竜神狭のつり橋のほうがちょっと怖いかな?




CIMG0987.jpg

あまり高過ぎてリアリティがない。 まるで模型のよう
ギター文化館フリー・コンサート

 2月26日(日曜日) 石岡市ギター文化館



 今日ギター文化館のフリーコンサートがあり、19人の独奏(三味線独奏を含む)と3組の重奏がありました。 このフリー・コンサートは演奏終了後、出場者、及び会場の人により投票で最も優れた人が選ばれます(前々回の優勝者の鈴木幸男さんを除く)。


CIMG0959.jpg



 今回は「冬景色」と「春が来た」 を演奏した、つくば市の圷英子さんが最も優れた演奏に選ばれました。 残念ながら私はやや遅れて会場入りしたので圷さんの演奏は聴けませんでしたが、聴いた人の話によれば、たいへんすばらしい演奏だったとのことです。 因みに圷さんは、私の茨城大学のクラシック・ギター部時代の同級です。



CIMG0962.jpg



 また第2位には同点で 「魔笛の主題による変奏曲」を弾いた杉澤百樹さん、「グランソロ」を弾いた長塚彰さんが選ばれました。 フリコンサート終了後に私のゲスト演奏があり、私作曲の「カンタービレ」と「ショリーニョ」、ガロートの「悲しみのショーロ第1番」、バリオスの「クエカ」他を演奏しました。
2017年 アコラ新年会   1月22日(日) 12:00~

  ひたちなか市文化会館内 「スウィング」 
  




いろいろあって、今回は参加者少なめ

 ひたちなか市文化会館内の 「スウィング」 においてアコラの新年会が行われました。 いつもはかなり多数の参加者がいるのですが、今回は直前に日にちが変わったりなどして、参加者は10数名と言った感じでした。 その分落ち着いて演奏したり、話をしたり出来たのではと思います。

 結果的に演奏した人の半数近くは私の生徒さんだったのですが、それぞれ少しずつ上達している感じが窺われました。 カメラを忘れたので、当ブログとしては画像なしですが、アコラのブログのほうを見ていただければと思います。




アコラのブログが見つからない?

 アコラのホームページの方は、現在は閉じられていて、ブログのみなのですが、そのブログも検索サイトではなかなか見つからないようですね。 一応このブログにアドレスをリンクしておいたのですが、どうでしょうか、これで開けるでしょうか(アドレスが間違っていなければ)? 確かめてみます。


 あ、そうそう、アコラのブログでは私のアンコール曲 「曲名なし」 となっていますが、ルパン3世のテーマです、南澤編の。




大丈夫! このリンクでアコラ・ブログが開ける


大丈夫でした。 アコラのブログ、このブログのリンクで開けます。 ぜひそちらも見て下さい。
<中村俊三ギター名曲コンサート 12月4日 ひたちなか市文化会館>



アンケートの集計


 12月4日に行ったコンサートのアンケート結果を報告します。



<好印象を持った曲> (多い順に)



第1位    枯葉             16
第2位    ラ・クパルシータ      12
第2位    アストゥリアス       12
第4位    くるみ割り人形       11
第4位    クリスマスの歌       11
第6位    July Breeze         9
第6位    ワルツ第3番         9
第8位    黒いオルフェ         8
第9位    ビビディ・バビディ・ブー  7
第9位    森に夢見る          7
第11位   星に願いを          6
第12位   アランブラの想い出     5
第13位   ありのままで         4
第14位   パイパーのガリヤルド   3
第15位   作者不詳の作品      2
第15位   エスックスのガリヤルド  2
第15位   オネスティ          2

                    回答総数26




 このような結果となりました。 第1位の「枯葉」は、26人の回答者のうち、16人の方に選んでいただきました、やはり季節柄でしょうか。  ポピュラー系の曲はアレンジが重要となりますので、その辺も、そこそこ良かったのかなと思います。

 前回2トップだった 「アストゥリアス」、 「ラ・クンパルシータ」 は枯葉に一歩譲った感じはありますが、人気は相変わらずですね、”鉄板” と言ってよいでしょう。 

 練習にはだいぶ手こずり、本番直前には、「本当にこれ大丈夫かな?」 と心配していた 「くるみ割り人形も」 も比較的好評をいただきました。 「花のワルツ」 もたいへんだったのですが、「行進曲」 の2声の部分など本当にやめようかと思いましたが、本番ではそこそこ弾けましたね。

 バリオスの曲は比較的評価をいただいたと思いますが、3曲の中で最も地味な 「クリスマスの歌」 の順位が高かったのは意外です。 私の自作の曲も相応以上の評価を頂きまして、たいへん嬉しいと思います(多分にお心遣いもあると思いますが)。 

 ディズニーの曲の中では 「ビビディ・バビデ・ブー」 の編曲が面白いと言っていただきました。 冒頭のルネサンス音楽の順位は低いですが、予想の範囲内と言え、その役割りは十分に果たしたと思います。 目立つ曲ではありませんが、私自身ではたいへん美しい曲だと思っています。

 「アランブラの想い出」 や 「森に夢見る」 など、トレモロ系の曲の順位が低いですが、これは演奏の問題でしょう。 一頃よりはトレモロのノイズが減りましたが、やはりまだまだ工事半ば。





 <次回のコンサートで聴いてみたい曲>  ということでは、いろいろなものがありましたが、複数の回答があったものとしては、ピアソラの曲、 バッハの「シャコンヌ」 などでした。




 <ご意見、ご感想>  ということでは、たいへん暖かい励ましのお言葉を多数いただきました。 本当にありがとうございます。 皆様のそうしたお言葉により、これからも頑張ってギターを弾いてゆく気力が湧いてきます。

 その一方で、 「早口でよく話が聴き取れない」、 「声が低くてマイクを通すと、何言っているかわからない」、  「曲目解説があるのだから、曲の説明はいらない」 といったお言葉もいただきました。

 私の声が通らないのは若い頃、いや子供の時からなのですが、子供の頃性格が暗く、あまり人までしゃべらなかったのが現在に影響しているようです。 最近では仕事の関係上、かなり頑張ってはっきり、大きな声でしゃべるようにしているのですが(なかなかそうは思っていただけないようですが)、 おそらく身体的な関係もあるので、改善は難しいところです。

 個人レッスンの時間、つまり至近距離では私の話が聴き取れないという人はいないのですが、活舌がはっきりしないので、マイクを通すと聴き取りにくくなるようです。 そう言えば、母の晩年、姉の言葉は聴き取れても、私の言葉は低くてわからないと言われていました。

 また、いつも 「話が長い」 とお叱りの言葉をよくいただくので、それでついつい、早くしゃべるようになってしまったみたいです。 あるいは、若い頃はどちらかと言えば、話は遅い方だったので、歳の関係で気短になっているのかも知れません。

 曲の説明とか、講釈はいらないといったお言葉もいただくことがありますが、 説明をしているというよりも、なんとかその曲について興味を持っていただけないかということで、時には長くしゃべってしまいうようです。 いずれにしても、話が上手ければ、だれも 「長い」 とは言いませんね。